• 顧客管理機能

    見込み客、既存顧客の情報をCRMに集約し、商談履歴、やりとり、関連書類などのあらゆる情報を関連付け一元的に管理します。

    Zoho CRMの顧客管理機能とは
     

    見込み客管理

    獲得した見込み客の情報と共に、興味のある商品や獲得元の情報も自動的に登録します。これによって、担当者の割り当てやスコアリングなど、効率的に営業活動を開始できます。

    見込み客管理の概要はこちら
     

    既存顧客管理

    各営業担当者が管理している顧客の情報をCRMに集約し、一元管理します。過去の販売履歴や興味のある商品・サービス、エリアなどに応じてクロスセル・アップセルのアプローチもすぐに開始できます。

    既存顧客管理の概要はこちら
     

    商談管理

    商談の商品や金額の情報を管理することはもちろん、商談の進捗状況や確度などを顧客情報と関連付けならが一元的に管理します。

    商談管理の概要はこちら
     

    便利機能

    顧客の獲得から商談の受注までの間、訪問、フォローアップ、レポート作成、ニーズ分析など、さまざまなタスクが日々の業務で生じます。 CRM の便利な機能を活用することで、それらのルーティン業務を効率的に処理できます。

    便利機能の概要はこちら
  • SFA / セールスオートメーション

    自社の営業プロセスをCRMに構築し、そこで発生するタスクの処理も自動化。また、担当者の割り当て機能、タスクの管理機能などにより、顧客との対応漏れ・遅れを防止します。

    Zoho CRMのSFA/セールスオートメーション機能とは
     

    ワークフロー

    見込み客獲得後のタスクの追加、商談の各ステージでの活動の設定、御礼メールの送信といったルーティンワークを自動で実行し、業務の効率化とタスクの対応漏れを防止します。

    ワークフローの概要はこちら
     

    コマンドセンター

    複数のタブに格納されたデータに対して一元的に業務プロセスを設計します。これにより、見込み客、既存顧客に対する一貫した業務プロセスを設計し、よりシームレスな営業プロセスを確立できます。

    コマンドセンター機能の概要はこちら
     

    ブループリント

    自社の営業プロセスをCRMに構築し、各営業担当者がこのプロセスに従って活動するようコントロールします。

    ブループリントの概要はこちら
     

    担当者の割り当て

    顧客の情報に基づき、適切な担当者を割り当てることが可能です。また、対応タスクも自動で登録することで、すぐに対応を開始できます。

    担当者の割り当ての概要はこちら
     

    スコアリング

    案内メールの開封、Webサイトの滞在時間など、顧客の活動にスコアを付与することで興味関心度合いを可視化し、注力すべきホットな顧客を判別します。

    スコアリング機能の概要はこちら
     

    承認プロセス

    時間がかかりがちな、割引や契約内容の変更に対する承認も、あらかじめ承認が必要となる条件を定義することで、必要な承認のプロセスを自動で呼び出し適応します。

    承認プロセス機能の概要はこちら
     

    スケジュール・タスク管理

    打ち合わせのスケジュールや顧客からの要望を一元的に管理し、期限と優先度に応じて効率的に対応できるようにします。

    スケジュール・タスク管理の概要
    はこちら
     

    顧客セグメント(RFM分析)

    顧客の属性とRFM分析(最新の購入日、頻度、購入金額の3つの指標により顧客を分類する手法)に基づいて顧客のセグメント(分類)を自動で行い、分かりやすくラベル化します。

    顧客セグメント(RFM分析)機能の概要はこちら
     

    ポータル

    購入履歴の確認や追加購入依頼はもちろん、住所などの登録情報の変更も顧客自身で行うことができるため、顧客が担当者に依頼する手間が省けると同時に、担当者の業務も削減できます。

    ポータル機能の概要はこちら
    CRM 機能一覧:SFA機能活用により営業活動を行うイメージ画像
  • マルチチャネルコミュミケーション機能

    電話、メール、SNSなどのあらゆるチャネルで行われる顧客とのコミュニケーションを一元的に管理。データに基づき営業アプローチに最適なタイミングを提案するなど、商談化のチャンスを見逃しません。

    Zoho CRMのマルチチャネルコミュニケーション機能とは
     

    メール

    メールシステムと連携し、CRMでメールを一元管理。顧客情報とメールを関連付け自動でわかりやすく整理します。チームメンバーと共有できるため、社内でのコラボレーションもスムーズに行えます。

    メールの概要はこちら
     

    電話

    各種PBX電話プロバイダーと連携し、発着信業務をよりスムーズに行えるようにします。通話履歴の自動記録はもちろん、通話中のメモや予定の登録も行えます。

    電話の概要はこちら
     

    SNS

    FacebookやTwitterなど各種SNSと連携し、顧客のSNSアカウントをCRMに登録。見逃しがちなSNSでの顧客からの問い合わせを自動でCRMに通知します。

    SNSの概要はこちら
     

    セールスシグナル

    電話やメール、チャット、SNSなど各種コミュニケーションツールで行われるやりとりを一元的に管理する営業担当者向け通知システムです。

    セールスシグナルの概要はこちら
  • CRM 機能一覧:分析機能で目標管理を行う人物イラスト

    分析機能

    Zoho CRMに蓄積されたデータをリアルタイムに集計し、レポート・ダッシュボードを自動で作成。販売予測やKPIの達成状況などをすぐに把握でき、活動の改善に役立てられます。

    Zoho CRMの分析機能とは
     

    レポート

    CRMに登録されたデータを抽出して自動でレポートを作成します。ビジネスでよく利用される40以上のレポート形式をあらかじめ搭載しており、すぐに活用いただけます。

    レポートの概要はこちら
     

    ダッシュボード

    レポートやグラフをサマリー化して、パネル形式でわかりやすく表示します。複数のレポートを一つの画面から確認できるため、売上や活動状況のモニタリングに適しています。

    ダッシュボードの概要
    はこちら
     

    レポート・ダッシュボー ドの活用方法

    レポートやダッシュボードを活用して、チームの活動を適切に分析・評価し、今後の戦略に生かしましょう。

    レポート・ダッシュボードの活
    用方法はこちら
  • カスタマイズ機能

    UIのデザイン変更や、タブ・項目のカスタマイズが自由自在。Zoho CRM はさまざまな企業のビジネスモデルに合わせて柔軟にカスタマイズできます。

    Zoho CRMのカスタマイズ機能とは
     

    組織設定

    自社の会計年度や組織編成など自社の運営体制をCRMに設定。組織全体に素早く適応することで、スムーズな運用が可能です。

    組織設定の概要はこちら
     

    個人設定

    CRMを利用する一人一人にとって使いやすいようにCRMをカスタマイズすることで、確認したい情報にすぐにアクセスできるようになり、円滑な活動が可能です。

    個人設定の概要はこちら
     

    レイアウト

    使いやすいCRMを構築するために、自社の利用シナリオに応じてレイアウト表示をかんたんに変更できます。

    レイアウトの概要はこちら
     

    キャンバス

    業界や利用用途に合わせて、CRMのデザインを自由に変更。プログラミングやデザイン知識は一切不要で、誰でもかんたんにオリジナルのUIを作成できます。

    キャンバスの概要はこちら
     

    ウィザード

    データの入力画面を複数ページに分割し、入力が必要な項目を段階的に画面表示することで、担当者の入力負荷を軽減し、入力漏れやミスを防止します。

    ウィザード機能の概要はこちら
  • マーケティングオートメーション機能 

    メールアプローチへの反応やWebサイトのアクセス履歴など顧客の行動データをCRMに集約。こうしたデータを基に適切なナーチャリングアプローチを実施します。また、活動の結果を自動で集計し、状況を可視化します。

    Zoho CRMのマーケティングオートメーション機能とは
     

    リード情報の収集・分類

    マーケティング活動によって獲得したリード情報を、獲得元、興味のある商品、エリアなどに応じて分類し、適切かつすぐにナーチャリングアプローチを開始することが可能です。

    リード情報の収集・分類の概
    要は こちら
     

    リードナーチャリング

    見込み客の購買意欲を向上させるだけでなく、売上につながりやすいターゲットを把握し、効率的なアプローチを実施します。

    リードナーチャリングの概要はこちら
     

    施策管理・分析

    各施策にかかった費用と売上に貢献状況を可視化し、素早く施策の改善を行い、売上獲得に向けて効果的なアプローチができるようにします。

    施策管理・分析の概要はこちら
  • チームコラボレーション機能 

    売上を向上させるためには、各個人の営業活動を改善すると同時に、チーム内の各メンバーとの協力も必要となります。情報の共有をスムーズにかつ適切に行い、円滑なコミュニケーションを実現し、チーム全体の営業活動の改善をします。

    Zoho CRMのチームコラボレーション機能とは
     

    ユーザー/ライセンス 管理

    社内メンバーが増えても、CRMで管理された顧客情報や商談情報の共有をスムーズでき、ライセンスの管理もかんたんに行えます。

    ユーザー/ライセンス管理の
    概要はこちら
     

    役職・権限設定

    自社の組織図をCRMに登録することで、役職ごとの権限やデータの共有範囲をかんたんにコントロールできます。

    役職・権限設定の概要は
    こちら
     

    ゲーミフィケーション

    ゲーム要素をビジネスの場面に利用し、営業担当者のモチベーションアップとパフォーマンスの向上を実現します。

    ゲーミフィケーションの概要
    はこちら
     

    コミュニケーション

    CRMはさまざまなデータを一元管理しリアルタイムにチームで共有できます。そのため、社内での共有に費やすコミュニケーションコストを削減できます。

    コミュニケーションの概要は
    こちら
  • AI(人工知能) 

    AI型営業アシスタント「Zia(ジア)」を標準搭載。機械学習によって各営業担当者が入力するデータや担当者の日々の活動状況を基にさまざまな業務をアシストします。

    Zoho CRMのAI(人工知能機能)とは
     

    顧客の行動予測・生産性向上

    Ziaは、顧客情報や活動ログからパターンを学習から日々の業務では気づきづらい"非効率"を発掘し、自動化やプロセスの改善を提案します。 つまり、雑務・ルーティン業務に追われる日々から、スマートにパフォーマンスの高い営業スタイルへとイノベーションを起こします。

    顧客の行動予測・生産性向上機能に

    関する概要はこちら
     

    予測分析・レコメンド

    過去の商談やメール・電話でのコミュニケーション履歴、Webサイトの訪問履歴などの「情報」は営業活動において武器になります。 Zoho CRM のAI(人工知能)「Zia(ジア)」は、データを瞬時に分析し、こうした役立つ情報を営業担当者へ提示します。

    予測分析・レコメンド機能

    に関する詳細はこちら
  • セキュリティ

    CRMに登録されるデータの保護やアクセスコントロールなど、あらゆる国のさまざまなセキュリティ要件に対応。実際に世界25万社以上がZoho CRMを利用しています。

    Zoho CRMのセキュリティ機能とは
     

    データセキュリティ管理

    Zoho CRMは、クラウドサービスとして求められるセキュリティ対策はもちろん、CRM独自のデータセキュリティ対策を管理する機能によって企業の情報資産を安全に保管します。

    データセキュリティ管理
     

    GDPRコンプライアンスへの準拠

    Zoho CRMは、個人情報保護規則に関する強固な法令を遵守するセキュリティ対策機能を搭載しています。

    GDPRコンプライアンスへの準拠に
    ついてはこちら
  • 名刺スキャンアプリ「Card Scanner」

    モバイル・タブレット端末のカメラで名刺を撮影するだけで、記載された文字を自動でテキスト化します。氏名・メールアドレス・電話番号などを自動で識別し、CRMに登録します。

    Card Scannerの概要はこちら
    CRM 機能一覧:モバイルアプリ画面

    Zoho CRM Analytics アプリ

    Zoho CRM Analytics アプリは、いつでもどこからでもCRMのダッシュボードにアクセスできるモバイルアプリです。必要な時にいつでも主要な営業指標を把握できます。

    Zoho CRM Analytics アプリの
    概要はこちら