マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーション(MA)とは、リード収集や育成をはじめとしたマーケティング活動を自動化する仕組みです。または、そのような自動化を実現するソフトウェア・ツールを指します。

マーケティングオートメーションが
必要な理由

ITの普及やマーケティングの一般化など様々な影響を受け、顧客はあらゆる情報に触れています。顧客の興味を惹く難易度が高まっている中、興味関心にあった情報を何度も繰り返し届けアプローチし続ける必要があります。そのためには、顧客一人ひとりにあった情報を提供する必要がありますが、それをマニュアル(手動)で送付することは現実的でありません。

CRMを使った
マーケティングオートメーションとは

顧客管理ツール「Zoho CRM」のデータベースは、マーケティング活動にも利用できます。昨今、多くのマーケティングツールで、マーケティング施策の管理やナーチャリング(育成)の各工程での成果推移の分析が可能ですが、Zoho CRMのマーケティングオートメーションでは、販売データや各営業担当者の活動結果に基づく分析と活動管理が行えます。

マーケティングオートメーション機能を利用するメリット

  •  

    販売成績への貢献度を可視化

    販売成績への貢献に対する施策の効果を分析。これにより、マーケティング施策投資の売り上げへの貢献度をROIとして可視化します。

  •  

    リードタイムの短縮

    問い合わせの内容に応じて、自動送信されるメールの内容をあらかじめ設定。顧客の待ち時間が大幅に短縮されます。

  •  

    興味関心レベルに応じたリード分類

    メールへの反応やWebサイトへのアクセス履歴など、顧客の反応を蓄積。顧客動向にスコアリングして、優先的にアプローチすべき顧客を抽出できるようにします。

  •  

    目標達成への活動状況と成果を把握

    各施策の成果を自動的にCRMに蓄積。各施策のKPI(重要業績評価指標)を設定し、その達成状況をグラフ化できます。

マーケティングオートメンション機能

 

リード情報の収集と分類機能

展示会やWebサイトなど、さまざまな経路から獲得したリード情報をスムーズに蓄積。商品や地域、獲得経路などの属性別に分類、メールへの反応やWebサイトへのアクセスなど行動別にスコアリングし、ナーチャリングアプローチに活かすこともできます。

CRM マーケティングオートメーション機能:詳細フィルターの設定画面
 

リードナーチャリング機能

リードナーチャリング(育成)機能は、獲得したリードへのアプローチに多いに役立ちます。収集したリードに適切なアプローチを自動的に実行し、スムーズに育成します。

CRM マーケティングオートメーション機能:ワークフローの設定画面
 

マーケティング施策の管理と分析機能

実施したマーケティング施策への投資コストや活動状況を管理。獲得したリード数や各施策の売上への貢献などの成果を自動的に集計します。

CRM マーケティングオートメーション機能:ダッシュボード画面
×

自動化だけでは時代遅れ!
マーケティングオートメーションの将来像とは

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる