Zoho CRMのリードナーチャンリング機能とは

リードナーチャリングでは、これから購買アクションにつながる見込みのあるお客さまの興味関心レベルを育成し、売上アップに貢献することが求められます。 一般的なナーチャリングツールでは、収集したリードに対して段階的なアプローチを実施しながら、各アプローチの効果をメールの開封率やリンクのクリック数などによって評価し、改善していきます。 一方、Zoho CRMのリードナーチャリング機能では、段階的なアプローチの効果だけではなく、売上への貢献と合わせて、ナーチャリング活動の効果を分析 できるため、売上につながりやすいリードの獲得元や商品などを把握し、優先的に注力すべきターゲットに対して効率的に改善を進められるようになります。

Zoho CRMのリード
ナーチャンリング機能のメリット

  •  

    売上につながりやすいリードを把握し、効率的なアプローチを実現

  •  

    他のナーチャリングツールともシームレスに連携

  •  

    リードナーチャリング結果をCRMに登録し、顧客の情報を一元的に把握

リードナーチャリングとは?詳しくはこちら

  • ワークフロー機能による
    自動ナーチャリング活動

    CRMに登録したリード情報に基づいて、ナーチャリングメールを自動配信するワークフローを設定できます。また、配信したメールへの反応やWebページへのアクセス状況を記録し、ナーチャリング活動に反映させることで、より効果的なアプローチが実現します。

    リードナーチャリング機能:ワークフローの設定画面
  • 顧客の属性やスコアに応じた
    配信リストの作成機能

    CRMに登録した情報を元に、ナーチャリングメールなどのアプローチを実施するリストを作成できます。例えば、東京、神奈川、千葉で商品Aに興味のある顧客のリストを作成し、商品Aに関するセミナーの案内を配信することも可能です。

    リードナーチャリング機能:ビューの設定画面
  • キャンペーン案内を効率的に
    行える一括メール配信機能

    CRMで作成した配信リストに基づいて、案内メールなどを一括配信することができます。送信先の会社名や名前はもちろん、担当者のメール署名なども自動でメール内容に入力して配信できます。

    リードナーチャリング機能:メールテンプレートの選択画面
  • 各種ナーチャリングツールとの連携

    Zoho CRMは、ナーチャリング用の各種ツールともシームレスに連携します。例えば、メール配信ツールの「Zoho Campaigns(ゾーホー・キャンペーン)」と連み合わせれば、より精度の高いナーチャリングアプローチが可能になります。

    各種リードナーチャリングツールとの連携
  • ステップメールの自動送信

    ステップメールとは、メールを予め複数用意し、1通目から順番に送る仕組みです。Zoho CRMでは、最大5通のメールを用意し、特定のターゲットに自動で配信することが可能です。
    また、配信されたメールの開封/クリック率をリアルタイムに確認できます。

    ステップメールの自動送信
  • 配信停止(オプトアウト)の登録・管理

    キャンペーンの案内など、いわゆるマーケティングメールでは、受取手から配信を拒否された場合、今後配信が行われないように制御する必要があります。
    Zoho CRMは、配信するメールやWebサイトに配信停止の受け付けフォームを利用し、配信停止の申し込みを受けると自動で記録し、自動メールが送信されないよう設定できます。また、配信停止の解除も同様に自動で処理されます。

    配信停止(オプトアウト)の登録・管理
  • 確実に、受信トレイへ届ける

    送信したメールが、スパムとして認識され、受信トレイに届かないケースは多々あります。利用するツールやメールドメインなど、さまざまな要因が関係してこうした事象が発生しますが、「メール認証」を行うことで、Zoho CRMから送信されたメールの受信トレイへの到達率を向上させることができます。

    確実に、受信トレイへ届ける
無料ガイドブック

リードナーチャリング (見込み顧客育成)をCRMで簡単に

企業経営にとって「新規売上の継続的な獲得」が重要であることは明白です。 新規売上を一定的に獲得するためには、「今すぐ顧客(すぐに売上につながる顧客)」 を獲得し続けなければなりません。

詳細はこちら
×

自動化だけでは時代遅れ!
マーケティングオートメーションの将来像とは

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる