Zoho CRMの
ワークフロー機能とは

ワークフローとは、業務の一連の流れを指します。例えば、顧客からの問い合わせがあった際には、担当者を割り当て、対応を実施し、完了を上司に報告するなど、決められた一連の流れがあります。また、問い合わせの内容をはじめとした条件に応じて対応の内容やその工程数が複雑に変化することもあります。Zoho CRMのワークフロー機能は、こうした業務の一連の流れに対するルールの定義、自動的な処理を可能にします。これにより、条件に応じて複雑に変化する業務ルールを的確に遵守し、効率的な処理を行うことが可能になります。

Zoho CRM の
ワークフロー機能を
利用するメリット

  •  

    販売プロセスの業務を自動的に処理することで業務を効率化

  •  

    CRMでの活動履歴を基にワークフローの設定案を提示できる

  •  

    AI機能を利用し、ワークフローが適切に動作しているかどうかを分析できる

  • 簡単ワークフロー設定

    Zoho CRMのワークフロー設定では、いつ、どのような条件の時に、どのような処理を行うのかを定義します。シンプルなワークフローの設定はもちろん、条件に応じた処理の変更を必要とする場合でも、一つのワークフロー設定で分かりやすく定義することができます。

    CRM SFA機能:ワークフローの設定画面
  • さまざまな処理アクションの
    設定に対応

    ワークフロー機能を使って、「メールの送信」「通知の送信」「タスクの登録」「項目の更新」などの簡単な処理はもちろん、「他サービスへのデータ送信」「関数」「SNS送信」などのアクションを定義することが可能です。

    ワークフロー機能:展示会で獲得したリードへのアクションを設定
  • AI機能によるワークフローの
    分析と提案

    ワークフローによって実行された処理の結果を自動的に集計し、現在定義されている設定によってどのような効果があったのかを提示します。また、同一のメールを同じ顧客に対して送信するなどワークフロー設定の問題を検知しアラート通知したり、日々の活動内容からワークフローの設定案を提示することも可能です。

    ワークフロー機能:AI機能「Zia」からの通知
  • ワークフローの処理状況を確認

    ワークフローを実行する条件を満たしているデータの件数や実際に実行した処理の件数をレポートで確認できます。
    これを利用することで、例えばや、メール送信の処理を実行した回数、エラーの件数や、送信されたメールの開封・クリック数なども把握することが可能です。

    ワークフローの処理状況を確認
  • 他社サービスとの連携に対応

    受注を獲得すると会計ソフトに売り上げデータを送信したり、請求書発行アプリに請求先と請求内容を送信するなど、他社サービスと連携させることも可能です。

    ワークフロー機能:Web通知の作成画面
  • 自動処理を実行するデータを自由に選べるマクロ機能

    マクロ機能は、条件を満たすデータのみに実行されるワークフローとは異なり、担当者が処理を実行するデータを自由に選択できるのが特徴 です。実行したい処理のみを予め設定し、ボタンをクリックしてそれを適用します。

    自動処理を実行するデータを自由に選べるマクロ機能
×

すべての営業担当者
を速攻でベテラン営業にする必勝法!

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる