SFA(営業支援)ツール、Zoho CRMの機能

SFA(営業支援)ツールであるZoho CRMは、CRMに蓄積されたデータを活用する豊富な機能によって、営業活動を支援します。
営業担当者は従来、顧客情報をアナログで管理し、情報を記憶によって補いながら、経験を頼りに不屈の精神で営業活動を行ってきました。
CRMを活用すれば、顧客情報をデジタル化し、あらゆる活動を自動化して、組織としてよりスムーズで適切な活動が行えるようになります。
SFAとは何か? 
失敗しないSFA(営業支援)ツールの選び方 

SFA(営業支援)ツールを利用するメリット

  •  

    ルーティンワークを自動化

    SFAツールであるZoho CRMで、ワークフローを設定し、毎日の繰り返し業務が自動処理されるようにしておけば、売り上げアップにつながる営業アプローチなどの注力できるようになります。

  •  

    優先順位を明確にしてパフォーマンスを向上

    顧客の過去の反応や商談状況に基づいて、確度の高い顧客を判別し、優先的にアプローチを実施しましょう。これにより、営業担当者は確度の低い顧客への対応に時間を費すことなく、効率的な営業活動が行えるようになります。

  •  

    待ち時間ゼロの顧客対応

    カタログや見積書、請求書、契約書などの資料の送付を依頼された場合には、スムーズに対応する必要があります。SFAツールであるZoho CRMのポータル機能を活用すれば、必要に応じて顧客自身が情報をダウンロードすることも可能です。

  •  

    タスクやスケジュールをスマートに管理

    営業活動では、それぞれの顧客への必須ルーティンタスクに対応する必要があるだけではなく、個別の依頼にも対応する必要があるため、タスクやスケジュールの管理が煩雑になりがちです。SFAツールであるZoho CRMは、こうしたタスク、スケジュールを一元的に管理し、期限までに対応できるようアシストします。

Zoho CRMのSFA(営業支援)機能

 

日々のルーティンワークを自動化する
ワークフロー機能

名刺交換後のご挨拶メールやフォローアップタスクの登録などのルーティンワークは、ワークフローを設定して自動化しておけば、すべての担当者がスピーディーかつ漏れのない顧客対応を行えるようになります。

SFAツール機能:ワークフローの設定画面
 

営業パイプラインの各プロセスを制御する
ブループリント機能

ダッシュボード機能では、複数のレポートを一つの画面に設置し、さまざまな指標を確認できます。KPIを設定し目標の達成度をリアルタイムに確認できるのもダッシュボードの特徴の一つです。新規・リピーターそれぞれの売上金額や見込み客の獲得件数、商談件数などを日別、月次、年次などに応じて表示することも可能です。

SFAツール機能:ブループリント設定画面
 

担当者のアサイン機能とタスクの登録機能

CRMに顧客情報を登録すると、条件に基づいて担当者がすぐに自動アサインされるよう設定できます。それぞれの顧客に対して実施すべきアクションも、担当者のタスクとして自動的に登録されます。

SFAツール機能:割り当てルールの作成画面
 

タスクやスケジュールの一元管理機能

CRMに登録した顧客への対応タスクや打ち合わせスケジュールなどは、顧客ごとに一元管理できます。タスクに実施期限を設定し、期限が近づくとアラートが表示されるよう設定しておけば、対応漏れも防止できます。

SFAツール機能:予定のカレンダー表示画面
 

承認プロセスの自動管理機能

見積の割引額や契約書などについて上司や代表者の承認が必要な場合は、Zoho CRMの承認プロセスを利用しましょう。承認が必要な条件をCRMに事前登録しておけば、条件に該当する場合は自動的に承認がリクエストされ、承認を受けると自動的にデータに反映されます。

SFAツール機能:承認プロセスの表示画面
 

注力すべき顧客を判別する
スコアリング機能

顧客の興味関心レベルに応じてスコアを付与することで、確度の高い顧客を判別することができます。確度の高い顧客に優先的に対応することで顧客満足度が高まり、売上も向上します。

SFAツール機能:見込み客、キャンペーンのスコアリング設定画面
 

顧客への情報提供をスムーズにする
ポータル機能

Zoho CRMのポータルを利用すれば、担当者に依頼しなくても、顧客がポータルから自身の取引履歴や必要資料を確認したり、ダウンロードしたりできます。パスワードを設定して、顧客が自身のポータル以外の画面にアクセスできないように制限することも可能です。

SFAツール機能:ポータルへのログイン画面
 

複数タブをまたいでプロセスを管理する
コマンドセンター機能

CRM はデータをグループ化してタブに分類して格納されますが、このコマンドセンターを利用することで、複数のタブに格納されたデータに対して一元的に業務プロセスを設計することができます。これにより、見込み客、既存顧客に対する一貫した業務プロセスを設計し、よりシームレスな営業プロセスを確立できるようになります。

SFAツール機能:コマンドセンター機能
 

キャンペーンを最適化する
顧客セグメント(RFM分析)機能

RFM分析(最新の購入日、頻度、購入金額)の3つの指標に基づいて顧客を分類し、顧客のニーズや購入傾向に合わせた効果的な営業アプローチの実施に役立ちます。

SFAツール機能:顧客セグメントの詳細画面SFAツール機能:顧客セグメントの詳細画面
ビジネス課題別の活用例

営業の業務改革!業務を効率化させるCRMとは

業務効率化は、単に「電子化」「コストカット」などを進めることではありません。ここでは、業務効率化の正しい内容と、適切な施策について紹介します。

詳細はこちら
×

すべての営業担当者
を速攻でベテラン営業にする必勝法!

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる