Zoho CRMの担当者割り当て機能とは

顧客から問い合わせを受けた際には適切な担当者をアサインする必要がありますが、一件ずつマニュアルで判断しているようでは、対応開始までのタイムラグが発生してしまいます。 Zoho CRMの担当者自動割り当て機能を利用すれば、顧客の情報に基づいた適切かつスピーディーな担当者のアサインが自動で行えるようになります。また、割り当てられた担当者がすぐに対応を開始するよう、対応タスクを自動で作成することも可能です。

Zoho CRMの
担当者割り当て機能を利用するメリット

  •  

    条件に応じた適切な担当者が自動で割り当てられるため、顧客対応をスピーディーに開始できる

  •  

    顧客を割り当てられた担当者に対する対応タスク登録機能を使えば、対応漏れを防止できる

  • 割り当てルールの簡単登録

    顧客獲得経路や地域、商品などの条件に応じて、割り当てる担当者を設定することができます。地域と商品など複数の条件を組み合わせた割り当てルールも簡単に作成することができます。

    CRM SFA機能:割り当てルールの作成画面
  • 割り当てる担当者の選定

    条件に応じて割り当てる担当者を個別に設定することはもちろん、グループを作成し、担当者を順番に割り当てることも可能です。

    CRM SFA機能:割り当てルールの担当者の選択画面
  • タスクの自動登録

    担当者を割り当てると同時に、商談の日程調整や架電対応など、今後すべき対応タスクを自動で登録し、対応漏れを防止します。

    CRM SFA機能:タスクの自動登録の設定画面
×

すべての営業担当者
を速攻でベテラン営業にする必勝法!

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる