承認プロセス機能とは?

見積書の金額確認やお客様への商品割引など、日々多くの場面で発生する上司への承認業務。
多くの手間と時間を要するこの業務も、Zoho CRM ならその多くを自動化できます。

承認プロセス機能を
利用するメリット

  •  

    条件に応じて承認プロセスを
    自動で適用できる

  •  

    承認の期限を設定し、
    承認待ちによる業務の停滞を防げる

  •  

    複数の承認者に対する
    承認ルールも簡単に設定できる

  •  

    申請中におけるデータの編集を防げる

  • 承認プロセス登録方法はこれだけ

    承認プロセスを登録するには、承認プロセスを発動させる「条件」、「承認者」、「承認時・不承認時の処理内容」を設定するだけ。たとえば、「見積額が一定の金額を超えた場合に限り、特定の承認プロセスを適用させる」といった複雑な承認のフローも簡単に設定できます。

    CRM SFA機能:承認プロセス登録方法はこれだけ
  • 承認者が複数いる場合もスムーズ

    申請内容によっては承認者が複数なるケースも多々発生します。そこで、Zoho CRM では二人以上の承認者に対しても簡単に承認プロセスを設定可能。承認のタイミングを「同時に行うか」、「順番で行うか」も自由に決められます。

    CRM SFA機能:承認者が複数いる場合もスムーズ
  • データロック機能

    たとえば見積書を申請する場合、申請した後に見積額を変更してしまっては混乱を招きます。このような問題を未然に防ぐため、Zoho CRM では承認の申請が行われると、承認・不承認の処理が完了するまでデータをロックします。

    CRM SFA機能:データロック機能
  • 承認期限と通知で、承認漏れをゼロに

    申請者によって申請が行われると、承認者には申請を受けた旨が通知。その後、承認者によって承認・不承認の処理が行われた際には、申請者に自動で通知されます。
    また、業務の停滞を防ぐため、承認期限の設定やリマインド通知の自動送信設定も可能です。

    CRM SFA機能:承認期限と通知で、承認漏れをゼロに
×

すべての営業担当者
を速攻でベテラン営業にする必勝法!

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる