Zoho CRMのポータル機能とは

Zoho CRMでは、顧客、仕入先、パートナー企業に対しオンラインポータルを提供することができます。ここでは、商品・サービスの購入履歴の確認や追加の購入依頼はもちろん、住所等に変更があった際の登録情報変更も行うことが可能です。また、CRMに登録されている商品情報を取り扱い商品一覧として顧客と共有することもできます。このポータル機能を利用することで、顧客の満足度向上を実現しながら営業担当者の業務削減も達成できます。

Zoho CRMの
ポータル機能のメリット

  •  

    営業担当者に依頼しなくても、顧客やパートナー自身での情報確認・処理が可能に

  •  

    顧客情報の管理工数を削減しながら、データの精度を向上できる

  •  

    CRMに登録された商品データからオンラインカタログを作成できる

  •  

    招待制のプラットフォームのため、アクセスをコントロールできる

  • 安心のパスワード制御

    Zoho CRMに登録されたあらゆる情報をポータルで共有することが可能です。ポータルへのアクセスにはメールアドレスとパスワード情報の入力が求められるだけでなく、情報を共有する相手に応じて、閲覧のみ許可、編集・コメント追加を許可といった操作権限のコントロールが可能です。

    CRM SFA機能:ポータルのログイン画面
  • 最新の商品情報をリアルタイムに提供

    商品情報のデータベースに対し一般アクセスを許可することもできます。写真を商品情報に添えて表示できるキャンバスビューを利用すれば、顧客と商品外観を共有しながら型番や価格などを提示することのできる明瞭な商品リストとなります。また常に最新の情報に保つことが可能になります。

    CRM SFA機能:商品情報の表示画面
  • 仕入先への注文を即依頼

    CRMに仕入先への注文を入力し、注文状況をポータルで共有しましょう。仕入先はポータル画面からいつでも受注状況や希望納期を確認でき、商品の手配状況の登録も行うことができます。また、納品状況の確認だけでなく、納品後の処理もポータル上からスムーズに行えます。

    CRM SFA機能:請求書の詳細画面
  • パートナー企業への顧客対応依頼をスムーズに

    顧客からパートナー紹介の希望があった際などには、CRMに登録された顧客情報をポータル上でそのままパートナー企業と共有できます。パートナー企業は、共有された各顧客との打合せ状況や売上実績などをポータルから記録し、状況を報告することができます。

    CRM SFA機能:パートナー顧客の管理画面
×

すべての営業担当者
を速攻でベテラン営業にする必勝法!

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる