営業職に必要なタスク管理ツール・スケジュール管理ツールとは

営業職は日々、商談、見積書発行、報告書作成など多数のタスクがあります。
そのため、効率的にタスクやスケジュールの管理が必要で、ツールをうまく活用することがポイントです。
タスク管理ツールには、「タスク作成・割り当て機能」、「ステータス管理機能」などがあり、
タスクの登録・割り当て、進捗確認、スケジューリングができます。
スケジュール管理ツールには、「カレンダー機能」や、「スケジュール共有機能」などがあり、
スケジュールの登録や編集、共有ができます。営業活動に必要な情報の添付やコメント投稿機能も便利です。
さらに、上記の機能を盛り込んだCRM(顧客関係管理)ツールを使うと、顧客情報の管理や営業活動の
スケジューリング、見込み客リストの作成まで一気通貫で行うことができ、業務の効率化を図れます。

CRMでタスク管理・スケジュール管理をするメリット

CRMでタスク管理・スケジュール管理を行うことで、仕事の効率化やワークフローの効率化、
顧客情報の一元管理ができるなど、さまざまなメリットがあります。

タスクの可視化と優先順位付け

CRMでタスクを管理すると、どのタスクがあるのかが一目でわかります。また、タスクには優先順位をつけることができるため、重要なタスクを優先的に処理することができます。これにより、仕事の効率がアップし、タスクの漏れやミスが減ります。

スケジュールを把握しやすくなる

CRMのスケジュール管理機能を利用することで、予定を一元管理できます。また、複数のスケジュールを一度に確認できるため、ミーティングや予定調整などがスムーズになります。

顧客情報との統合

CRMには、顧客情報が一元管理されています。タスクやスケジュールを顧客情報と統合することで、どの顧客にどのタスクがあるのか、どの日に顧客との打ち合わせがあるのかなど、顧客とのやり取りに必要な情報が一括して確認できます。

ワークフローの効率化

タスク管理・スケジュール管理をCRMで行うことで、ワークフローが効率化されます。例えば、タスクを完了すると自動的に次のタスクが割り当てられるように設定することで、作業の手順を自動化することができます。これにより、作業時間の短縮や業務の効率化が図れます。

タスク管理・スケジュール管理の機能一覧

タスクの一元管理

日々発生するさまざまなタスクをリスト化し一括管理。
タスクごとに期限や優先度を設定できるため、対応すべき業務がひと目で把握できます。
また、タスクごとに関連付けられる顧客情報から、タスクの詳細の確認も可能です。

スケジュールの管理と共有

自身の予定をCRMに登録すると、自動的にスケジュールへ反映。
個人のスケジュールをチーム全体で共有することで、営業訪問や社内会議の日程調整もスムーズに。
また、対応漏れを防ぐ、リマインダー通知機能もあります。

各種外部ツールとの連携機能

Googleカレンダーなどの外部カレンダーツールと連携させることで、CRMに登録したタスクや
予定を自動で反映。外部サービスに登録したタスクや予定を、CRMへ反映させることもできます。

連携対応サービス例

「以前は電話をかけないと追えなかった業者間での情報が、Zoho CRM を導入後は手に取るように分かるようになりました。」

係長 佐藤 健祐 氏

田島ルーフィング株式会社
営業企画部 販売支援課

あなたがやるべきことはZoho CRM が教えてくれます

まずは15日間無料トライアル。使いやすさをぜひお試しください。

無料トライアル

Zoho CRM のサポートについて

Zoho では、さまざまな日本語サポートをご用意しています。

製品ヘルプ

Zoho CRM のヘルプやよくある質問、機能動画を紹介しています。

ヘルプ情報を見る

サポート窓口

有料プランをご利用中の方は、
メールサポートを無料でご利用いただけます。

サポートに問い合わせる

ユーザーコミュニティ

ユーザーさま同士の交流やノウハウの共有を行う、コミュニティをご利用いただけます。

コミュニティに参加する