顧客セグメント(RFM分析)機能とは?

ひと言で「顧客」と言っても、その姿はさまざま。
ニーズや性質が異なる彼らに対して、一様の施策を行っても、最高の効果は望めないのは明らかです。
とりわけ、アップセルやクロスセルを目的とした施策を行う際には、
一人ひとりの顧客の属性や購入パターンを組み合わせなくしなければ、目的を達成するのは困難です。
Zoho CRM の顧客セグメント(RFM分析)機能は、顧客の属性とRFM分析※に基づき自動で顧客を分類。分かりやすくラベル化します。

※最新の購入日、頻度、購入金額という3つの指標によって顧客を分類する方法

顧客セグメント(RFM分析)機能を利用するメリット

  •  

    顧客を属性や購入パターンなどから自動で分類できる

  •  

    顧客一人ひとりに最適化された、効果的な施策が行える

  •  

    顧客の詳細画面で、ひと目でラベルを確認できる

  • RFM分析に基づくセグメント設定

    最新の購入日、購入頻度、購入金額の3つの指標に基づいてセグメントを設定し、各指標に対して5段階でスコアリングの条件が追加可能。どのデータに対して設定を適用するかの条件指定も簡単です。

    Zoho CRM 顧客セグメント(RFM分析)機能-RFM分析に基づくセグメント設定
  • ラベル表示でセグメントを瞬時に把握

    設定した指標に基づいて、顧客を8つのラベルに分類。各顧客に設定されたラベルは、詳細画面で分かりやすく表示されます。

    Zoho CRM 顧客セグメント(RFM分析)機能-ラベル表示でセグメントを瞬時に把握Zoho CRM 顧客セグメント(RFM分析)機能-ラベル表示でセグメントを瞬時に把握
  • よりピンポイントに、キャンペーンを最適化

    セグメントによって定義された各顧客のラベルは、詳細画面で確認できるだけでなく、ビューでの表示やフィルターでの細かい条件抽出にも使用可能。それぞれのラベルと条件を指定して、キャンペーンに最適な顧客を抽出することで、ターゲットを絞ったプロモーションが手軽に行えます。

    Zoho CRM 顧客セグメント(RFM分析)機能-よりピンポイントに、キャンペーンを最適化
×

すべての営業担当者
を速攻でベテラン営業にする必勝法!

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる