AI(人工知能)とは

AIとは"Artificial Intelligence"の略であり、日本語では「人工知能」を意味します。 機械学習等によって瞬時にデータを解析し洞察を提示するAIに対して、ビジネスにおける注目度が高まっています。AIというコンセプトは50年以上前から存在していましたが、さまざまなデータのデジタル化が進み、巨大なデータベースを多くの企業が利用できるようになった現在、ビジネスでの幅広い活用の可能性が示されています。

人間の脳はニューロンによって言語や歩き方などさまざまなことを学習します。コンピューターはニューロンのように動作する「ノード」というシナプスを介して、レイヤーを重ね学習してゆきます。これをディープラーニングと呼び、このアルゴリズムによってデータに感情を持たせることで人工の知能として機能します。

AIがもたらすビジネス(営業)への効果

  •  

    業務量の削減

  •  

    見込み客の確度予測

  •  

    販売サイクルの短縮化

  •  

    顧客とのより良好な関係の構築

CRMにおけるAIはビジネスをどう変えるか

人間の役割AIの役割
関係構築 見込み客の発掘
セールスアプローチ フィルタリング
交渉 優先順位付け
予測 育成

企業はCRMに、顧客情報や商談情報などのさまざまなデータを蓄積します。これまで、データから判断を行うのは人の役割でした。CRMにおけるAIは、人間の思考方法を利用し、適切な判断を導きます。

例えば、興味があるのか分からない人に営業電話をかけることは、一般的にやりたい仕事ではないでしょう。AIは人間のかわりに、相手の興味関心度を測り、不要なアプローチを自動で排除します。
AIは、CRMに登録されたデータからパターンを読み取り、今後の商談化数や売上などの予測を立てます。
つまりAIは、人間の活動を支えるアシスタント的な存在と言えます

営業活動にAIを利用した際の「人間の役割」と「AIの役割」を整理すると左図になります。

Zoho CRMのAI(人工知能)機能

 

営業活動の生産性向上

営業担当者が普段行なっている作業パターンを学習し、効率化を提案します。ワンクリックで提案を実装。さまざまなルーチンワークを自動化し、業務の無理・無駄を削減します。

CRM SFA機能:ワークフローの設定画面
 

顧客行動の予測

過去の商談やコミュニケーション履歴、Webサイトの訪問履歴などの「情報」は営業活動において武器になります。データを瞬時に分析し、役立つ情報を営業担当者へ提示します。

CRM SFA機能:ワークフローの設定画面CRM SFA機能:ワークフローの設定画面
×

営業アシスタントAIがもたらす
メリットと活用例

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる