個人設定のカスタマイズとは

CRMは日々の営業活動を支援する基盤システムです。一人ひとりのユーザーが使いやすいように設定をカスタマイズすることで、情報のすばやい検索などが可能になり、よりスムーズな営業活動が実現します。Zoho CRMでは、CRMへのアクセス時のホーム画面など、さまざまな表示を個別に設定できるほか、名前、電話番号、住所、言語、日付フォーマット、タイムゾーンなどの個人の情報も変更できます。

  • ホーム画面のカスタマイズ

    商談の進捗状況や営業の売上などの日々の業務活動も、CRMホーム画面に表示されるレポートやグラフですぐに確認できます。進行中のタスクの一覧、商談の進捗状況、その日の予定などを表示できるほか、本人のみが閲覧可能なユーザーのホーム画面や、営業チームなどの指定ユーザーグループ限定の共有画面も作成できます。

    CRM カスタマイズ機能:ホーム画面
  • 表示情報のカスタマイズ

    CRMは多くの営業担当者が利用する業務プラットフォームです。CRMでは組織共通の設定をカスタマイズすることもできますが、営業担当者一人ひとりのニーズに合わせた環境は、ユーザー本人が設定する必要があります。
    Zoho CRMでは、タブの表示・非表示や、並び順を変更し、各自が使いやすい環境にカスタマイズできます。

    CRM カスタマイズ機能:タブの一覧画面
  • 個人情報の登録

    個人設定では、ユーザーの役職、メールアドレス、電話番号、住所などの情報を登録できます。登録済みのユーザー情報を各種書類に関連付けて自動入力されるよう設定しておけば、入力の手間を省くことができます。各ユーザーの個人情報は全ユーザーの一覧にも表示されるため、急遽連絡をとる必要がある場合も情報を簡単に確認できます。

    CRM カスタマイズ機能:個人設定の画面
  • タイムゾーンの設定

    タイムゾーンを設定して、Zoho CRMの標準時間を変更することができます。例えば、海外で事業展開している企業は、現地の営業担当者をZoho CRMに登録する際、タイムゾーンを現地時間に設定しておけば、担当地域の時刻に自動変換されるため、スムーズな業務連携が可能になります。

    CRM カスタマイズ機能:タイムゾーンの設定画面
  • 言語の設定

    日本語を含む26の言語から、ユーザーごとに言語を設定できます。

    CRM カスタマイズ機能:言語の設定画面
  • メール署名の登録

    個人設定では、送信メールに追加する署名を設定することもできます。設定した署名は、Zoho CRMから送信するメールの本文に自動的に追加されます。

    CRM カスタマイズ機能:メール署名の登録画面
×

CRM選定の勘所と
カスタマイズの重要性

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる