Zoho CRMのデータセキュリティ管理機能とは

企業の情報資産の安全性を確保するためには、CRMに保存されているデータが脅かされないようセキュリティを強化する必要があります。しかし、セキュリティを追及しすぎてしまうと、膨大なコストと労力を要することになり、現実的ではありません。そこで、こうした企業の情報資産の安全性を考慮したクラウドサービスが注目されています。Zoho CRMはクラウドサービスに求められるセキュリティ対策に加え、CRM独自のデータセキュリティ対策を管理する機能を備えています。

Zoho CRMの
データセキュリティ管理機能を利用するメリット

  •  

    重要なデータを暗号化し、CRMに保管されたデータを確実に保護できる

  •  

    アカウントへのアクセスに対するセキュリティを強化し、不正アクセスを防止できる

  •  

    安心安全なデータ保管を実現できる

  • データの暗号化(EAR)

    Zoho CRMでは、電話番号やパスポート番号など、特に機密性の高い顧客情報は暗号化する項目としてマークを付けることができます。マークされたデータは符号化して保存され、一部の許可されたユーザーのみが閲覧できます

    CRM セキュリティ機能:データの暗号化の設定画面
  • バックアップデータの作成

    Zoho CRMでは、保存しているデータのバックアップを作成できます。バックアップデータは必要な時にその場でダウンロードすることもできますが、定期的に作成するようスケジュールを設定することも可能です。

  • データセンター

    Zoho CRM では、アメリカを始め、世界各国にデータセンターを設置しており、高水準の物理的セキュリティ、人的セキュリティ、およびネットワークセキュリティでデータや情報を保護しています。また、データベースはすべて複数のサーバーを介して定期的にバックアップされているため、障害や災害発生時にも速やかにデータを復旧できます。

  • IPアドレス制限

    Zoho CRMのアカウントにアクセスできるIPアドレスを設定し、指定IPアドレス以外からのアクセスを防止します。

  • 二段階認証

    アカウントへのアクセスには、メールアドレスとパスワードが必要で、ログイン時にも登録済みの端末を利用し、二段階におよぶアカウント認証を行います。

ビジネス課題別の活用例

営業部門が注意すべき個人情報保護法とGDPRとは?

営業部門は業務の性質上、大量の個人情報を取り扱いますが、すべての情報を手作業で管理するのは、セキュリティの観点からリスクの高い行為と言えるかもしれません。ここでは、営業部門で考慮すべきセキュリティリスクと個人情報保護法やGDPR(一般データ保護規則)の内容に沿った対策案を紹介します。

詳細はこちら
×

Zoho CRMの
セキュリティ対策について

Zoho CRMの<br>セキュリティ対策について
フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる