Zoho CRMのセキュリティ管理機能

CRMには、顧客の氏名、電話番号、メールアドレスなどの個人情報から商談、請求履歴を始めとした売上情報など企業にとって重要な情報が
集約されています。当社は、CRMの導入にあたり、セキュリティ面でお客さまに安心してご利用いただける環境を提供しております。

Zoho CRMの
セキュリティ機能の特徴

イラスト:CRMのセキュリティ管理のイメージ図
  •  

    データの機密性を確保

    特定データの暗号化や監査ログなどの機能により、CRMに保管しているデータの安全性を確保します。

  •  

    強固なアカウント認証

    Zoho CRMにアクセスする際、メールアドレスとパスワードによるサインインが求められ、またさらに、二段階認証によってアカウントを確実に保護します。

  •  

    アクセス制御

    アカウントにアクセスする際に利用できるIPアドレスを限定し、指定IPアドレス以外からのアクセスをブロックします。

  •  

    強固な個人情報保護対策

    CRMに登録されている情報のうち、個人情報として特に保護する必要のあるデータ項目を特定して保護する設定が可能です。

Zoho CRMのセキュリティ管理機能

 

データセキュリティ対策

Zoho CRMに保管されるデータを確実に保護するため、データの暗号化や操作ログの保管などさまざまなデータセキュリティ対策機能を備えています。

 

GDPRコンプライアンス準拠

Zoho CRMでは、EU圏内の個人データの保護に関する厳しい規則であるGDPR(EU一般データ保護規則)に準拠するさまざまな個人情報保護の設定機能を利用できます。

×

Zoho CRMの
セキュリティ対策について

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる