Zoho CRMの電話機能とは

電話による顧客とのコミュニケーションは、営業担当者にとって欠かせない活動の一つです。一方で、多くの顧客とコミュニケーションをとる必要のある営業担当者にとって、他コミュニケーションチャネルと比較して時間的制約の大きい電話は、
業務負荷の高い活動といえるでしょう。

Zoho CRMは、各種PBX電話プロバイダーと連携することでCRM上での電話対応を可能にします。この連携によって、発着信業務をスムーズに行い、通話履歴の自動記録や通話中のメモ、予定の登録を簡略化するなど、コール活動の効率化を図ることができます。

RingCentral ロゴ画像brekeke ロゴ画像twilio ロゴ画像

その他各種PBX電話プロバイダーと連携

Zoho CRMの電話機能を活用するメリット

  •  

    Zoho ︎CRMの画面上からワンクリックで直接の架電が可能

  •  

    電話営業の活動状況分析により、営業活動の品質改善が可能

  •  

    顧客情報との関連付け機能により、情報検索の手間を省いた顧客対応が可能

  • ワンクリック発信

    CRMに登録された顧客情報からワンクリックで発信することが可能です。これにより、電話番号のダイアル作業をカットできるだけでなく、入力ミスなどによるタイムロスも軽減できます。また、通話中にも顧客情報を確認できるため、スムーズな電話応対が可能になります。

    CRM マルチチャネル機能:顧客の詳細画面から電話発信する画面
  • 架電のリマインダー通知

    Zoho CRMでは架電タスクを登録することができ、リマインダー通知によって対応漏れを防止します。
    また、不在着信があった際にも自動的に履歴を残し担当者に通知します。

    CRM マルチチャネル機能:架電のリマインダー通知画面
  • コール活動の自動レポート生成

    コール活動の履歴を自動的にCRMに蓄積し、分析レポートの自動作成が可能です。このレポートでは、架電件数、到達数、受電数などを計測できます。

    CRM マルチチャネル機能:メール/電話の分析レポート画面
  • 架電タスクを自動作成

    Zoho CRMの自動化機能の一つである「ワークフロー」機能を活用することで、任意の条件に基づいた通話タスクの自動作成が設定できます。例えば、顧客のステータスが「応答なし」に更新された際にフォローアップコールのタスクを作成するといった条件を設定し、通話の予定タスクを自動的に作成することができます。

    CRM マルチチャネル機能:通話のフォローアップに関するワークフロー設定画面
×

営業の業務負荷を下げる
マルチチャネルコミュニケーションとは

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる