マルチチャネルコミュニケーション機能で
顧客満足度の向上と効率的な営業活動を支援

従来、顧客とのコミュニケーションは専ら対面で行われ、電話やメールは補足的なツールとして利用されてきました。ITの普及が進み、業務の効率化が求められるようになった昨今では、電話やメールでのコミュニケーションが主流となり、さらにWeb接客ツールやSNSなど、より気軽にやりとりができるツールも多く利用されるようになりました。コミュニケーションが気軽に行えるようになった一方で、複数のチャネルを使い分ける必要があり、営業担当者にとってコミュニケーションを管理することが新たな課題として注目されるようになっています。

Zoho CRMでは、あらゆるチャネルで行われる顧客とのコミュニケーションを統合的に管理します。これにより、確認漏れやミスなどを防止しながら業務を効率化するだけでなく、スピーディーかつ適切なコミュニケーションによって顧客満足度の向上をも実現します。

Zoho CRMのマルチチャネルコミュニケーション機能を利用するメリット

  •  

    顧客とのコミュニケーションを効率化

    メール、電話をはじめとした複数のチャネルを通じた顧客とのコミュニケーションを管理することは困難です。Zoho CRMでは、複数のチャネルを通じて行われるコミュニケーションを一元的に管理し、スムーズな顧客対応を可能にします。

  •  

    顧客のニーズをリアルタイムに把握

    メールの受信や電話の着信、自社に関わるSNSの投稿があった場合にリアルタイムで通知を受け取ることができるため常に顧客のニーズに合う迅速な対応を行うことができます。

  •  

    顧客対応の効果分析ができるレポート機能

    メールの開封やクリック率や架電状況など活動の分析レポートを簡単に作成できます。顧客アプローチの向上させ売り上げアップにつなげていきましょう。

Zoho CRMのマルチチャネルコミュニケーション機能

 

メール

メールの受送信をZoho CRMから直接行うことが可能です。顧客情報にメール情報を関連付け、チームメンバーと自動的にやりとりを共有することができます。

CRM マルチチャネル機能:メールの送信予約設定画面
 

電話

各種PBX電話プロバイダーと連携し、Zoho CRMから架電、受電を行うことが可能です。通話中にメモやスケジュールを登録したり、自動的に通話履歴を記録するなど電話での営業活動をスムーズにする機能が搭載されています。

CRM マルチチャネル機能:電話連携によるCRM上での電話発信画面
 

ソーシャルメディア

FacebookやTwitterなど各種ソーシャルメディアとZoho CRMを連携することが可能です。これにより、顧客のソーシャル上での投稿や自社の投稿に対する反応などを見逃さずスピーディーに対応できるようになります。

CRM マルチチャネル機能:ソーシャルメディア連携のダッシュボード画面
 

セールスシグナル

各種コミュニケーションチャネルを通じたやりとりを一元的に管理し、確認すべき連絡を自動で判別し通知するのがセールスシグナル機能です。顧客とのやりとりが乱雑になりがちな営業担当者の使いやすさを追求した機能です。

CRM マルチチャネル機能:セールスシグナルの通知画面
×

営業の業務負荷を下げる
マルチチャネルコミュニケーションとは

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる