Zoho CRMのメール機能とは

営業担当者は日々たくさんの顧客とメールのやりとりを行います。このメール対応には日々の業務時間の多くを取られますが、一方で
これが重要な業務であることは明白です。

Zoho CRMには顧客とのメールのやりとりを一元的に管理するメール機能が搭載されています。これにより、CRM上でメールを送受信することができるほか、開封などの顧客の反応を確認することも可能です。効果的かつ効率的なメール管理をアシストし、営業パフォーマンスの向上を実現します。

Zoho CRMのメール機能を利用するメリット

  •  

    Zoho CRM上でメールの送受信が可能

  •  

    AI(人工知能)を用いた過去のメールやりとり状況の学習機能により、最適な連絡時間帯の割り出しが可能

  •  

    複数の顧客に対し、個別メールを一括送信可能

  •  

    メールの送信結果を分析し、今後のメールコミュニケーションに活用可能

  •  

    各種メールシステムとシームレスに連携可能

  • 顧客とのメールコミュニケーションを一元管理

    Zoho CRMのメール機能を有効にすることで、顧客とのメール履歴は顧客情報に関連付けて管理され、過去のメールやりとりを他の営業担当者とも共有することが可能です。

    CRM マルチチャネル機能:顧客の詳細画面の関連情報でメールを表示する画面
  • メール送信のステータスを追跡

    「送信済み」「開封済み」などメールの送信ステータスをCRMに記録します。これにより、メールが開封された際に担当者に通知されるよう設定したり、一定時間内に返信がなかった見込み客のリストを作成し架電アプローチを実施するなど営業活動に活かすことが可能です。

    CRM マルチチャネル機能:セールスシグナルの設定画面
  • メールのスケジュール送信

    営業活動ではアプローチを実施するタイミングが重要になります。Zoho CRMでは作成したメールをすぐに送信することはもちろん、特定の時間に送信されるようスケジュール登録をすることも可能です。機械学習によって過去のさまざまな顧客の活動状況を分析して連絡に最適な時間を割り出し、そのタイミングに合わせてメールを送信するよう設定することも可能です。

    CRM マルチチャネル機能:メール送信の予約設定画面
  • 送信頻度の高いメール内容のテンプレートを作成

    ご挨拶メールや商品のご案内など、よく送信するメール内容のテンプレートを作成することで効率的にメールを作成しましょう。相手の会社名や個人名など顧客に合わせてテンプレートを編集する必要がある箇所には、CRMに登録された情報が自動的に呼び出されるよう差し込み設定をすることが可能です。また、送信されたメールの開封、クリック状況などを分析し、反応の良くないテンプレートを割り出し改善することも可能です。

    CRM マルチチャネル機能:テンプレートの選択画面
  • メールの効果分析レポート

    Zoho CRMでは、メールの効果分析レポートを簡単に作成できます。このレポートでは、メールの開封率やクリック率はもちろん、担当者別のメール活動などの分析も可能です。

    CRM マルチチャネル機能:メールの分析画面
  • 各種メールシステムとの同期機能も搭載

    GmailやOutlook、Yahoo!メールなどご利用中の各種メールシステムと連携し、メール情報を同期することが可能です。

    Zoho Mail ロゴ画像 Gmail ロゴ画像 Outlook ロゴ画像 Yahoo!メール ロゴ画像
  • 各種メール配信ツールとの連携も可能

    Zoho CampaignsやMailchimpなど、さまざまなメール配信ツールとZoho CRMを連携することができます。これにより、より複雑なステップメールやデザインメールの配信とその反応状況をCRMに記録し、興味関心の対象や度合いを分析することが可能になります。

    Zoho Campaigns ロゴ画像 mailchimp ロゴ画像
×

営業の業務負荷を下げる
マルチチャネルコミュニケーションとは

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる