Zoho CRM のレポート機能とは

Zoho CRMのレポート機能では、見込み客、既存顧客、商談などCRMに登録されたデータを抽出してかんたんにレポートの作成・集計ができます。すぐにご活用いただけるよう、ビジネスでよく利用される40以上のレポートをご利用のアカウントにあらかじめ搭載。
作成したレポートをグラフ化したり、チーム内で共有するなど柔軟にご利用いただけます。

CRM レポート機能:ステージ別の進捗状況のグラフを表示する画面
CRM レポート機能:ステータス別の見込み客のグラフを表示する画面
  • そのまま使える標準レポートを搭載

    ビジネスシーンでよく利用されるレポートを、標準搭載しています。そのまま使用することはもとより、標準レポートをベースに、 自由にカスタマイズすることもできます。

    CRM レポート機能:標準レポート(商談)
  • 3つの基本レポートタイプ

    CRMのレポート機能では、主要タブと関連付けたいタブを選択し、レポートを作成します。
    作成するレポートの種類は「表形式レポート」「サマリーレポート」「マトリクスレポート」の3つから選択できます。

    表形式レポートデータの一覧表示(例: 今月の商談リスト)
    Xサマリーレポートデータのグループ化や縦軸の合計数を表示(例: 月次担当者別商談リスト)
    マトリクスレポート縦横軸を利用してデータを項目別に表示 (例: 月次流入元別商談数)
    CRM レポート機能:レポートの種類を選択する画面
  • かんたん作成・カスタマイズ

    レポートに表示する項目や表示順などを柔軟にカスタマイズできます。
    すでに作成したレポートの表示を切り替えたり、フィルターを追加することもかんたんに行えます。

    CRM レポート機能:レポートの作成画面
  • 豊富なテンプレート

    各種レポートにはレポートデザインのテンプレートがあらかじめ用意されています。
    ご利用になりたいレポートのデザインを選択し、自由にカスタマイズいただけます。

    CRM レポート機能:グラフの種類を選択する画面
  • 詳細分析(ドリルダウン)

    作成したレポートでより詳しく確認したい項目をクリックすることで、ドリルダウンレポートを表示します。ドリルダウンレポートとは、親レポートから呼び出されたレポートであり、レポートの詳細データを確認できるレポートです。
    これにより、簡単にレポートについて詳しく分析することが可能になります

    CRM レポート機能:ドリルダウンレポートの表示画面
  • フォルダ管理・検索

    作成したレポートはフォルダに保存します。フォルダは一般公開または特定のユーザーを選択することで、他のメンバーと共有できます。 レポートには検索機能が搭載されており、レポート全体やフォルダごとにレポート名を検索できるため、手間をかけずに確認したいレポートを見つけられます。

    CRM レポート機能:レポートのフォルダ管理画面
  • 定期レポートの自動送信

    「毎日13時」、「毎週月曜9時」など決められた日時に、レポートを定期的にメール送信するよう設定できます。
    このメール送信先には、経営層をはじめとしたCRM を利用していない他部署のメンバーも指定できます。

    CRM レポート機能:定期レポートの自動送信
  • エクスポート

    CRMのユーザーではない人に共有したい場合には、EXCEL、CSV、PDF形式でレポートをエクスポートし共有しましょう。

    CRM レポート機能:レポートのエクスポート画面

レポート・ダッシュボードの活用方法

  • 売上状況や純利益などの販売レポートやコール、タスクなどの活動レポートなど、Zoho CRMではさまざまなレポートを作成できます。
  • ここでは、Zoho CRMのレポート・ダッシュボード機能を活用するノウハウや具体的なレポート・ダッシュボードについてご紹介します。
 
ビジネス課題別の活用例

経営を可視化する「営業報告書」の作り方

営業報告書の種類や課題を整理しながら、経営の判断材料になり得る質の高い営業報告書の作り方を紹介します。

詳細はこちら
×

営業部門の生産性向上は
「レポート作成コスト削減」に注力すべき

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる