お客さまにお約束します

当社は、お客さまからお支払いいただいたお金を販売宣伝ではなく、製品開発と顧客サポートに投資することで、賢く利用することをお約束します。 お客さまに販売するための広告宣伝費用を、当のお客さまからいただく料金に上乗せするのは意味がないことだと、当社はいつも感じています。販促コストを低く抑えることで、私たちはサービスを手頃な価格で提供し続けることができます。

強引な売り込みをする必要もありません。当社のビジネスモデルは非常にうまく機能しており、大手の競合他社よりもかなり優位な成長を続けています。

重要なことにのみ注力する

今までも、これからも非上場

当社は、外部からの投資を受けておりません。これにより、私たちはお客さまの利益を第一とする長期的な視点をもつことができます。非上場企業ですが、規模が小さいという訳でもありません。全世界で7,000名以上の従業員がおり、開発研究や顧客サポートに投資をするための十分な資金もあります。

人財への投資は、当社の研究開発における生命線です。当社は、高卒生を雇用し包括的なプログラムにより訓練をしています。プログラム名は「Zoho University(ゾーホー・ユニバーシティ)」。 当社エンジニアの約15%が、このプログラムを卒業しています。ゾーホー・ユニバーシティは、当社だけでなく、地域社会(開発センターのあるインド)にもメリットをもたらしています。

重要なことにフォーカスする南インド・テンカシのZohoオフィス近隣の風景です。

情報セキュリティに対する考え

個人情報取り扱いに関する気運が高まる以前の20年以上前から、Zohoは個人情報の保護を最重要とする思想・姿勢を掲げています。たとえ無料プランであっても、サービス内に広告を表示するようなことはありません。 お客さまのクリックを追跡して、過剰なマーケティング広告から広告収入を得ることはありません。当社では伝統的な方法、つまりお客さまにご満足いただけるサービスを提供した対価をいただく形で収益を上げています。

Zohoでは個人情報の保護や、情報セキュリティを非常に重んじています。それは当社内だけに止まらず、Zohoサービスのセキュリティや機能を向上することでお客さまや世界にその裾野を広げています。だからこそ、Zohoの情報セキュリティに対する考えは、各政府機関による個人情報保護に関する規制に先んじていると自信を持っています。

個人情報を追跡する目からの解放

あらゆるニーズを満たす製品

長年にわたり、私たちは熱心に数十もの製品を生み出してきました。今ではZoho OneというZohoサービスを詰め込んだ統合スイートでビジネスのすべてをクラウド上で行うことが可能になりました。周期的に他社製品を買収して自社製品の穴を埋めるような同業他社とは異なり、当社は情熱と継続性をもってソフトウェアを創造します。

この業界におけるほとんどの買収は失敗に終わっており、お客さまがその代償を支払っているという実感から、当社のこの戦略は生まれました。私たちは、幅広さと奥深さをもつ製品をお客さまに提供することを誓います。

A product to meet every need.

Zohoは一日にしてならず。

 - 私たちの旅路 - 

 
 

2018

  • Pagesense

    ヒートマップ、ファンネル解析、予測を含むウェブサイト最適化ツールである「Zoho PageSense(ページセンス)」をリリースしました。PageSenseによって、マーケティング担当者はWebサイトを洗練し、サイト訪問者の行動全体を見るために必要なデータを収集することが可能になります。

  • Flow

    クラウドアプリケーション間でワークフローを作成できる統合プラットフォーム「Zoho Flow(フロー)」をリリースしました。これにより、プログラミングの知識がなくても、ドラッグ&ドロップで手軽にサービス連携を設定できます。

2017

  • Desk

    2017年11月、業界初のコンテキスト認識ヘルプデスクソフトウェアである「Zoho Desk(デスク)」をリリースしました。 Zoho Deskにより、担当者は顧客の問題をよりよく把握し、問い合わせを効率的に整理して迅速に対応できるようになります。

  • Checkout

    新しい会計サービスが登場。「Zoho Checkout(チェックアウト)」は、独自の決済ページを作成してオンライン決済(一時的・繰り返し)ができます。シンプルかつ有能です。

  • Sign

    2017年7月、電子署名サービス「Zoho Sign(サイン)」をリリースしました。これにより、どこからでも契約書への電子署名が可能になり、合法的に契約書を送付できます。Zoho Signによって受注から契約締結、請求までオンラインでスムーズに署名プロセスを実行できます。

  • Cliq

    「Zoho Cliq(クリック)」は手軽なコミュニケーションサービスとビデオ、オーディオ、グループ会議を融合させたチャットソフトウェアです。人々がオンラインで行うすべてのコミュニケーションシステムを提供します。

  • Sprints

    10月には、アジャイルプロジェクト管理サービスである「Zoho Sprinits(スプリンツ)」を開始しました。Sprintsは、SCRUMフレームワークを使用して、バックログ、アジャイルレポート、および共同作業ツールを組み合わせて、ソフトウェア開発者やチームが効率的な開発をサポートします。

2016

  • Notebook

    4月に、「Zoho Notebook(ノートブック)」をリリースしました。シンプルに楽しくをテーマとした、モバイル用の手軽なメモアプリです。

  • SalesInbox

    営業担当者向けのメールクライアント、「Zoho SalesInbox(セールスインボックス)」をリリース。 Zoho CRMでの営業プロセスに応じて、メールの優先度付けを行い、管理できます。

2015

  • ソーシャルメディアは、マーケティングに不可欠なパーツであり、ビジネスと隔離して行なうべきではないと考えています。そのような思いから、2015年2月に、「Zoho Social(ソーシャル)」をリリースしました。 成長する企業が、ソーシャルメディアにおいて存在感を示すことができ、同時に、リアルタイムのモニタリングという実用的な見識も取得できます。

  • Expense

    新しいクラウド経費管理サービス「Zoho Expense(エクスペンス)」をリリースしました。領収書の記帳を自動化し、支出レポートを手間なく作成できます。

  • ShowTime

    「Zoho ShowTime(ショータイム)」は革新的なWeb&モバイルサービスです。「話し手」と「聞き手」をつなぎ、双方向でやりとりできるプレゼンテーションを実現します。

  • Forms

    「Zoho Forms(フォームス)」は、Webやモバイルに対応したフォームの作成と共有、送信を実現するWebフォーム作成サービスです。データ収集を簡略化し、チームでのコラボレーションを向上します。

  • Inventory

    クラウドビジネスの拡大を受け、財務管理サービスのひとつとして「Zoho Inventory(インベントリー)」をリリースしました。成長する企業のマルチチャネル販売を実現し、在庫管理と受注調達のプロセスを効率化します。

  • Motivator

    「Zoho Motivator(モチベーター)」をリリースしました。営業担当者がワクワクするようなセールスコンテストを通じて、収益とチームワークの向上を支援します。2015年12月、「Zoho セールスIQ」を日本語化し、日本語サポートの提供を開始しました。

2014

  • Subscriptions

    登録ユーザー数が1300万を突破しました。Zohoサービスは最も大規模な会員サービスのひとつになりました。その経験を活かし、継続課金を実現するサービス「Zoho Subscriptions(サブスクリプション)」をリリースしました。

  • SalesIQ

    クラウド型Webトラッキングサービス「Zoho SalesIQ(セールス・アイ・キュー)」をリリースしました。ウェブサイト訪問者の行動を追跡し、顧客接点を強化します。顧客情報をリアルタイムに営業活動に活かすことで、すばやく成約につなげることができます。2014年10月、「Zoho Campaigns」を日本語化し、日本語サポートの提供を開始しました。

2013

  • Connect

    ビジネス向けのコラボレーション分野で起こった急成長と変化を受けて、ソーシャルネットワーキングサービス「Zoho Connect(コネクト)」をリリースしました。

  • Survey

    成長著しい調査市場に応え、クラウド型アンケート作成サービス「Zoho Survey(サーベイ)」をリリースしました。

  • Vault

    パスワードを安全に管理する必要性から、クラウド型パスワード管理サービス「Zoho Vault(ボールト)」をリリースしました。

  • ContactManager

    より効果的な連絡先管理&コラボレーションを実現するサービスの必要性を感じ、クラウド型連絡先管理サービス「Zoho ContactManager(コンタクト・マネージャー)」をリリースしました。

2012

  • Campaigns

    ソーシャルマーケティング、メールマーケティングのソフトウェア製品の開発は、当社にとって当然の流れでした。メールマーケティング機能を備えた、クラウド型メール配信サービス「Zoho Campaigns(キャンペーン)」をリリースしました。

  • Sites

    ウェブサイトの台頭とともに、手軽にウェブサイト構築ができる「Zoho Sites(サイツ)」をリリースしました。モバイル向けサイトにも対応しています。

2011

  • Books

    クラウド会計ソフトウェアの世界に進出し、「Zoho Books(ブックス)」をリリースしました。経営者が財務状況をすばやく把握できることで、よりよい意思決定を下せるよう支援します。

  • Bug Tracker

    非常に多くのご要望を受けて、「Zoho プロジェクト」の課題管理機能を、独立したサービス「Zoho Bug Tracker(バグトラッカー)」としてリリースしました。

2010

  • Support

    2010年11月、「Zoho CRM」での案件の受注後に必要となる、顧客サポートサービス「Zoho Support(サポート)」(現:Zoho Desk)をリリースしました。いまでは世界中のビジネスにおいて、多様な顧客サービスを提供するプラットフォームとして利用されています。

2009

  • Assist

    2009年9月、「Zoho Assist(アシスト)」をリリースしました。シンプルでわかりやすい遠隔での画面共有を提供するために開発されたサービスです。

  • Reports

    強力なレポート&分析機能を備えたクラウド型BIサービス「Zoho Reports(レポート)」をリリースしました。あらゆるビジネスにおいてデータの解析・活用を促進します。

  • Recruit

    2009年11月、クラウド型採用活動支援サービス「Zoho Recruit(リクルート)」をリリースしました。自社採用への応募者や履歴書、人材紹介ビジネスでの顧客や候補者などの連絡先情報を一元管理できるサービスです。採用担当者や人材派遣会社、企業の人事部門における採用プロセスを効率化します。

2008

  • Invoice

    ビジネスアプリの1つであるクラウド型請求管理サービス「Zoho Invoice(インボイス)」をリリースしました。これは、オンラインビジネスにおける請求書発行を容易にするために開発されました。

  • People

    2008年3月、人事プロセスを自動化し、一元管理するプラットフォーム「Zoho People(ピープル)」をリリースしました。

  • Mail

    2008年10月、Eメールサービスの分野にサービス範囲を拡げ、Webメールサービス「Zoho Mail(メール)」をリリースしました。広告表示がなく使い勝手の良いサービスです。

2007

  • 日本展開

    7月日本市場への本格投入

  • Meeting

    2007年3月クラウド型ミーティング&コラボレーションサービス「Zoho Meetng(ミーティング)」をリリースしました。

  • Docs

    2007年、Zohoサービスはドキュメント管理の分野に参戦しました。ペーパーレスなビジネス運用を支援し、効果的なコラボレーションに役立つデジタルワークスペースを提供する目的で、クラウド型ドキュメント管理サービス「Zoho Docs(ドックス)」をリリースしました。

  • Zoholics@横浜

    2007年10月、ユーザー向けイベント「Zoholics!(ゾーホリクス)」を世界ではじめて横浜で開催しました。2007年12月、それまでにリリースされた11のZohoサービスを日本語化しました。

2006

  • Sheet

    2006年2月、ビジネス向けのサービス展開を加速させるため、クラウド型表計算「Zoho Sheet(シート)」をリリースしました。

  • Creator

    2006年3月、もっとも強力なWebアプリケーション構築サービス「Zoho Creator(クリエーター)」をリリースしました。今日、このカスタムアプリケーションビルダーを利用して、10万近いアプリケーションが構築されています。

  • Show

    2006年6月、クラウド型プレゼンテーション作成サービス「Zoho Show(ショー)」をリリースしました。

  • Projects

    クラウド型プロジェクト管理サービス「Zoho Projects(プロジェクト)」をリリースしました。現在、個人事業主から1,000名規模の企業のマネージャーまで、さまざまなユーザーにご利用いただいています。

2005

  • Writer

    2005年10月に、最初のクラウド型の製品である、文書作成「Zoho Writer(ライター)」をリリース。これにより、「Zohoサービス」の展開は幕をあけました。

  • CRM

    2005年11月、もう1つの大きなリリースがありました。現在、Zohoサービスの中で最も人気がある、クラウド型顧客管理「Zoho CRM(シーアールエム)」のリリースです。

2001

  • AdventNet Inc. は、2001年6月に日本法人を開設。グローバルな展開を開始しました。日本市場の著しい成長により、さらなる展開がもたらされました。

1996

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2001

1996

ZOHO

The development headquarters in Chennai, India where our game-changing apps are built.