Zoho OneAuth 2段階認証をかんたんに、シンプルに

多要素認証で、アカウントのセキュリティをさらに向上しましょう

Zoho one auth
動画を再生(英語)
multi factor authentication

多要素認証の重要性

毎日のように大小さまざまなサイバー犯罪が起こっている昨今、ひとたび被害を受ければその影響は自社のみならず、関連企業やお客さまにまで波及してしまうことも。情報を扱う以上、どのような組織であってもセキュリティ対策を迫られています。その対策の1つとして、多要素認証を使用して不正アクセスを食い止め、クラウドサービス上に保存した組織の貴重なデータを保護することをお勧めします。皆さまのアカウントをよりセキュアにするために必要なのは、アカウントにログインする際に1つステップを追加するだけ。お使いのアカウントやデータを、不正アクセス・情報漏洩の悪夢から救うことができます。
 

選べる認証モード

Zoho OneAuth(ゾーホー・ワンオース)アプリには、お使いのアカウントに4つの認証モードによる強固なセキュリティ関門を追加することができます。生体認証のTouch ID(iPhone Xをお使いの場合はFace ID)、プッシュ通知、QRコード、および時間ベースのOTP(ワンタイムパスワード)をお選びいただけます。

two factor authentication
authenticator

シンプルなアクセス

OneAuthアプリにサインインするだけで、デバイス上のすべてのZohoサービスにアクセスできます。 OneAuthにログインしたら、他のZohoアプリをタップすると認証情報を入力する必要なくアクセスできます。

バックアップ用サブデバイス

OneAuthを複数のデバイスにインストールした場合、いずれかを多要素認証のプライマリーデバイスとして指定できます。サインインの許可はこのプライマリーデバイスで行わねばなりません。ですがプライマリーデバイスが手元にない場合でも、バックアップ用のサブデバイスを設定することで、PCや他のモバイルデバイスでアカウントにログインすることが可能です。

2fa
authenticator app

オフラインに対応

OneAuthを入れいているデバイスがオフラインの際に、別のデバイスまたはコンピューターでZohoアカウントにログインしなければならないときも大丈夫。自動的に検出しオフライントークンを生成するので、問題なくアカウントにアクセスできます。
 

安全な場所を設定して通知をストップ

ログインとログアウトが頻繁に行う方は、それに伴いアクセスのプッシュ通知が多くなってしまいます。オフィスなどの現在の場所を「安全な場所」としてマークを付けると、指定した場所にいるときは通知を停止することができます。
 

2 step verification
2 factor authentication

アクセス状況の管理

PCやスマートフォンなど、業務上使うデバイスが増えるに伴い、アクセスの管理の重要性もまた高まってきています。OneAuthアプリでは、有効なセッション(アカウントへのアクセス状況)の一覧とその詳細を確認することができます。疑わしいセッションが見つかった場合は、スワイプするだけで終了できます。

1スワイプでアクセスを制限

身に覚えのないログインのプッシュ通知を受け取ったとしても、不正アクセスにパニックになる必要はありません。 OneAuthアプリで[サインインを制限する]オプションをスワイプするだけで、アカウントへのそれ以上のログイン試行をすべて防ぐことができます。自分がアカウントを使用する際に、サインインを再度有効にし、パスワードを簡単に変更できます。

two step verification
one time password

Zoho Oneに2段階認証を設定

Zoho One の管理者であれば、ワンクリックで組織のすべてのメンバーに2段階認証を実装することができます。セキュリティポリシー機能で、特定のグループをアカウントの認証に第2ステップ追加することや、組織のすべてのメンバーのアカウントに単一の認証モードを実装することも可能です。

無料でお使いいただけます。アカウントをより安全に

コードをスキャンしてアプリをダウンロードBarcode

ご利用ガイドをお探しですか?

ヘルプはこちら