チーム全体の統合受信トレイ

常にチーム内で何が起きているのか把握しましょう。チームのメールアドレスを共有受信トレイにつなげることで、受信トレイに追加されたチームメンバーはすべての会話を把握できます。

 チーム全体の統合受信トレイ

迅速にコラボレーション

TeamInboxは、スマートなコラボレーションに必要なものをすべて1カ所で提供します。複雑な会話についてチーム内で並行して話し合いができるため、詳細な返答ができます。

整理された受信トレイを実現

スレッドを担当者に割り当て、対応が完了した内容は即時にアーカイブされます。そして、優先度の低いスレッドはスヌーズ扱いとして対応を保留することで、共有受信トレイを常に整理された状態で保てます。

より速やかな対応で業務を効率化

 

重複業務の回避

すべてのスレッドに担当者が割り当てられ、誰が何をしているかを各チームメンバーが明確に確認できるため、チーム内で同じタスクに複数人が対応してしまうことを回避できます。

 

会話を一元化

複数のアプリケーションを切り替える必要はありません。TeamInbox を使用して会話することで、アプリケーションを1か所で効率的に管理できます。

 

受信トレイを整理整頓

受信トレイが整理されていないと、すぐに生産性が低下します。スレッドを特定のタグやキーワードに基づいて担当者に割り当てることも可能です。

 

繰り返し発生するタスクの自動化ルールを設定

メッセージの分類方法を決定し、正確な業務配分のための自動化ルールを設定できます。

Zoho TeamInbox は時間も場所も無制限

iOS版、Android版アプリでチームと常に連携できます。

Zoho TeamInboxは時間も場所も無制限

よくある質問

  • 共有受信トレイとは?

    共有受信トレイはチーム用受信トレイとも呼ばれ、チームがfinance@zylker.comのようなグループメールをコラボレーション用スペースで一元管理するために使用できます。管理者がZoho TeamInbox に共有受信トレイを作成して、ユーザーによるアクセスを許可することで、チームの生産性を高めることができます。

  • どのような場合に共有受信トレイを使用するべきですか?

    共有受信トレイを使用することで、受信されたメッセージに対して誰が割り当てられたのかを明確にすることで、チーム全体の透明性、可視性、信頼性を向上し、組織化されたワークスペースを実現します。

  • Zoho TeamInbox は、サービスでホストされたグループメールと接続できますか?

    はい。Zoho TeamInbox で作成したすべての受信トレイに、それぞれ固有のメールエイリアスが作成されます。ホストされているサービスにかかわらず、このメールエイリアスをグループメールのメンバーとして追加するだけで、Zoho TeamInbox のメールを受信できるようになります。詳しい利用方法はこちらを参照してください。

  • Zoho TeamInbox はGDPRに準拠していますか?

    はい、Zoho TeamInbox はGDPRに準拠しています。Zoho は、個人データの処理方法について、明確なルールと戦略を策定しています。当社は、製品が機能するために必要な範囲を超えてユーザーの個人情報を収集または処理することはありません。詳しくは、当社GDPRポリシーをご覧ください。

  • Zoho TeamInbox は、Zoho One に含まれていますか?

    はい。Zoho TeamInbox はZoho One のプランに含まれています。Zoho One の詳細については、sales@zoho.jpにお問い合わせください。

複雑になりがちなコラボレーションを

Zoho TeamInbox でシンプルに

無料お試し登録