2022

7月

改良

統合タスクビューの追加

統合タスクビューは、Zoho Mail にアクセスできるユーザーのみに限定されていましたが、この制限をなくし、すべてのZoho One ユーザーが統合タスクビューにアクセスできるようになりました。

詳細はこちら

3月

新機能

統合タスクビューの追加

CRM、Projects、Connect、People、Mailなどの複数のアプリのタスクを1カ所から確認・追跡できるようになりました。

詳細はこちら
改良

カスタム認証の改良

  • SSO(シングルサインオン)を、JWT(JSON Web Token)標準で設定できます。
  • 複数のIdP(アイデンティティ・プロバイダ)を設定できます。
  • セキュリティポリシーと同様、IdPは、すべてのユーザーに適用するかグループに割り当てるか選ぶことができます。
  • 必要に応じて、グループをカスタム認証から除外できます。
詳細はこちら

2021

1月

Zoho Oneの全く新しい統合ユーザーインターフェイスをリリース

Zoho OneユーザーがZoho One新バージョンをお試しいただけるようになりました。

詳細はこちら

Zoho Oneがカスタマイズ可能なユーザーダッシュボードをサポート

各種Zoho Oneアプリの50以上のウィジェットを使って、独自のダッシュボードを構築できるようになりました。

Zohoのカレンダーをすべて統合

統合された1つのカレンダーで、Zoho Oneアプリからミーティング、予定、通話をすべて追跡できるようになりました。

詳細はこちら

専用アプリと端末管理機能の導入

Zoho Oneの新しい端末管理機能を使って、従業員の端末を管理し、アプリを配信できるようになりました。

詳細はこちら

組織辞典の導入

継続的に自動更新されるインテリジェントな組織辞典を作成できるようになりました。

詳細はこちら

Commerce

詳細はこちら

TeamInbox

詳細はこちら

Lens

詳細はこちら

Learn

詳細はこちら

DataPrep

詳細はこちら

10月

新機能

マーケットプレイスと非Directoryアプリのロゴを改善

Creatorカスタムアプリ、Directoryアプリ、非Directoryアプリに独自のロゴをアップロードできるようになりました。

詳細はこちら

2020

10月

新機能

全アプリに「非表示」機能を追加

使用しないアプリを非表示にして、ランチャーと管理パネルを整頓できるようになりました。

8月

新機能

CRMアルティメットプランをアドオンとして利用可能に

新機能

レポートの改善

マーケットプレイスアプリと非Directoryアプリでレポートを利用できるようになりました。

7月

新機能

Marketing Automationに一斉メール機能を追加

この機能はこれまで、Marketing Automationの一斉メールアドオンで提供されていましたが、Zoho Oneですぐに利用できるようになりました。

すべての機能を表示
新機能

セキュリティーポリシーの改善

  • 信頼できるブラウザーでは、MFAをスキップできます。
  • バックアップ用のリカバリーコード作成を制限できます。
  • Webセッションのライフタイムを1日から5日の短い期間に設定できます。
新機能

AD同期ツールの改善

  • LDAPから全ユーザーをインポートしてグループを作成できます。
  • 同期済みのOU 1つに付き、1グループを作成できます。
  • AD部署をZoho Oneの部署に同期できます。
  • AD属性をZoho Oneのカスタム項目にマップできます。

6月

新機能

給与 - インドプラン

詳細はこちら
新機能

条件付き割り当ての改善

  • 基準設定時にカスタム項目を選択できます。
  • 外部ユーザーには条件付き割り当ても適用されます。

アプリ割り当ての改善

  • Backstage割り当て時に役職のカスタマイズを選択できます。
  • Sprintsの割り当て時に役職と権限設定を選択できます。
  • Analyticsの割り当て時に追加の役職を選択できます。

5月

新機能

グループ管理の改善

コラボレーショングループを部署に変換できます。

4月

新機能

セキュリティーポリシーの改善

MFAライフタイムとパスワードの変更禁止期間を従業員に適用できます。

3月

新機能

Webセッション管理

セッションライフタイム、アイドルセッションタイムアウト、同時セッション制限を、セキュリティーポリシーを通してユーザーアカウントに適用できます。

新機能

Creator顧客ポータルがアドオンとして使用可能に

2月

新機能

部門における保留ユーザー用サポート対象フォロワーの役割 

1月

新機能

SAMLアプリの外部ユーザーに対応

新機能

組織管理者は、場所の詳細を変更、追加できます。 

新機能

すべての場所で、ユーザー提案項目の[新規ユーザーの作成]オプションに対応。 

新しいアプリ

Bigin

詳細はこちら
新しいアプリ

Bookings

詳細はこちら

2019

1月

Orchestly

ビジネスを最適化する、コードフリーのビジネスワークフロー自動化プラットフォームです。

詳細はこちら

Zoho One向けマーケットプレイス

Zoho Oneの体験を最大化するZoho Creatorアプリと外部サービスへの拡張をまとめたリストです。

詳細はこちら

ダッシュボードを改善

ユーザーの活動やアプリの使用状況に関する概要を取得できます。管理者は、十分に活用されていないリソースを特定できます。

Yubikey

Yubico独自のハードウェア認証ツールをMFAで使用可能

PhoneBridge

電話サービスを、提供されたアプリでZoho Oneプラットフォーム全体とリンクします。

9月

新しいアプリ

Zia Searchの強化

Zoho Oneランチャー内で、組織全体のデータを検索できます。 

詳細はこちら
新機能

Zoho One向けマーケットプレイス

Zoho Oneの体験を最大化するZoho Creatorアプリと外部サービスへの拡張をまとめたリストです。

詳細はこちら
新機能

ダッシュボードを改善

ユーザーの活動やアプリの使用状況に関する概要を取得できます。管理者は、十分に活用されていないリソースを特定できます。

新機能

Yubikey

Yubico独自のハードウェア認証ツールをMFAで使用可能

新しいサービス

PhoneBridge

電話サービスを、提供されたアプリでZoho Oneプラットフォーム全体とリンクします。

7月

新機能

Marketing Automation

オールインワンのマーケティング自動化ソフトウェア。複数のチャネルでマーケティング活動を管理できます。

詳細はこちら

2018

9月

新しいサービス

コンシェルジュ

見込み客からの質問に答え、ビジネスニーズに合うサービスを提供するZohoの専門家チームです。

7月

新しいアプリ

Zia Search

ビジネスを最適化する、コードフリーのビジネスワークフロー自動化プラットフォームです。

詳細はこちら
新機能

分析ダッシュボード

インテリジェントで実用的な分析を得ることで、より適切な意思決定が可能になります。

新しいサービス

Zia、インテリジェントアシスタント

ZohoのAI搭載アシスタントであるZiaは、Zoho Oneに拡張されました。Zoho OneのZiaを使用して、ユーザーは、チャットまたはボイスを介してコマンドを発行できます。 

新しいサービス

Zoho Backstage

会議、展示会、商品の発売などの大規模イベントを管理できる、総合イベント管理オンラインツールです。

新しいアプリ

Zoho Oneモバイルアプリ

手の上でZoho Oneにアクセス、コントロールできます。

2017

7月

Zoho Oneの発売

Zoho Oneは企業向けオペレーティングシステムとして発売され、35を超える連携Webアプリと、同数のモバイルアプリが搭載されています。これは革新的な、SaaS業界初のサービスでした。 

価格は従業員1人あたり1日につき1米ドルで、Zohoは継続的に新規アプリケーションを追加し、Zoho Oneがすでにお客さまに提供している優れた価値を高めることに取り組んでいます。 

Zoho Oneはエンタープライズグレードのソフトウェアの力を民主化し、世界中の中小企業がこれを利用できるようにしました。Zohoはこのことを誇りに思っています。

Zoho Oneには、企業が顧客を獲得してサービスを提供するために必要なアプリケーション(マーケティング、営業、サポートアプリ)、運用アプリケーション(財務、求人と人事関連アプリ)、従業員が協力するためのツール(オフィススイート、メール、個人の生産性)がすべて含まれています。さらにローコードプラットフォームであるZoho Creatorを搭載しているため、お客さまはこれを使用して独自のビジネスニーズに合わせたカスタムアプリを構築できます。

そのすべてが、シングルサインオン機能、一元管理、プロビジョニングパネルを実現しています。 

さまざまな部門をつなぐ比類なき連携により、企業やチームは複数のソフトウェア連携のコストやその保守費用、そして複数の請求サイクルを管理する費用を削減できます。Zoho Oneユーザーは、もう「ソフトウェアのスパゲティ化」を恐れる必要はありません。

発売時のアプリ
  • 営業

    CRM

    現代的な営業プロセスのためのマルチチャネルアプローチ。

    Motivator

    ゲーミフィケーションを通じて営業成績を向上させます。

    Analytics

    ビジネスに関する有用な洞察を得るためのBIプラットフォーム。

    ContactManager

    CRMの用意ができるまで連絡先や取引を管理するスモールビジネスアプリ。

    Sites

    数分で魅力的なWebサイトを立ち上げ、稼働できます。

  • マーケティング

    SalesIQ

    Webサイトの訪問者を引き付け、訪問者を顧客に変えます。

    Campaigns

    効果的なキャンペーンメールを作成、送信、追跡します。

    Social

    1か所からコンテンツを投稿したり、フォロワーとやり取りしたり、ソーシャルネットワーク上の会話を監視したりします。

    Survey

    アンケートのフィードバックから十分な情報に基づいた決定を下すことができます。

    Forms

    見込み客を生み出し顧客と対話するためのフォームを構築できます。

  • サポート

    Desk

    サポートリクエストに優先付けして顧客を満足させられる、マルチチャネルのヘルプデスク。

    Assist

    お客さまの抱える問題をリモートからトラブルシューティングし、迅速に解決できます。

  • 生産性とコラボレーション

    Mail

    安全にホストされた、広告なしのビジネス向けメール。

    Cliq

    チームのコミュニケーションを向上させるための、すばやくくだけたメッセージ送受信。

    Connect

    チームで議論したりリソースを共有したりするためのプライベートなソーシャルネットワーク。

    Writer

    コラボレーション作業向けの高機能なオンラインワードプロセッサー。

    Sheet

    もっと早くデスクトップアプリから移行しておけばよかったと思えるほど高機能な、コラボレーション機能を備えるクラウドスプレッドシート。

    Show

    複数のコラボレーション相手からのアイデアを取り込んで、見た目に素晴らしいスライドデッキを作成しましょう。

    Showtime

    どこにいてもオーディエンスにスライドデッキをプレゼンテーションし、やり取りできます。PowerPointでも利用できます。

    Docs

    ファイルや文書を保管し、チームメンバー、パートナー、ベンダー、または顧客と共有できます。

    Projects

    チーム間でプロジェクトを計画、管理、コラボレーションして、業務を推進します。

    Meeting

    ブラウザーを利用したWeb会議で、デモやプレゼンテーションをかんたんに実施できます。

    Vault

    チームのパスワードを安全に保管、管理できます。

    Notebook

    とてもシンプルなメモ作成アプリで、生活を整理しましょう。

    Sign

    ドキュメントにデジタル署名したり署名を要求したりできます。

  • 財務

    Books

    ビジネスの健全性を追跡する直感的なオンライン会計ソフトウェア。

    Invoice

    ブランドを反映したプロフェッショナルな請求書で支払を受けられます。

    Subscriptions

    定期請求や購読に基づいて顧客に請求できます。

    Expense

    レシートを経費レポートにして、迅速に承認を得られます。

    Inventory

    分散した販売チャネル(小売店やオンラインショップ、AmazonやeBayといったマーケットプレイスなど)のための一元管理された在庫管理システム。

    Checkout

    シンプルなワンタイムと繰り返し型オンライン支払いソリューション

  • 人事

    People

    経営管理上の承認、業績管理など従業員を一元管理します。

    Recruit

    新しい才能を見つけて、組織を成長させましょう。社内採用担当者と人材紹介会社の双方向けに設計されています。

  • ビジネスプロセス

    Creator

    Zohoの高速開発プラットフォームを利用して、自社独自のプロセスをカスタムアプリケーションにできます。

    Reports

    ビジネスに関する有用な洞察を得るためのBIプラットフォーム。