最も包括的なプロジェクト管理方法

  • タスク管理
  • カスタマイズ
  • チームコラボレーション
  • 自動化
  • 時間管理
  • チャートとレポート
  • ユーザー管理
  • Zoho連携
  • 連携とアドオン
  • インポート
  • アプリと端末
  • タスク管理
  • カスタマイズ
  • チームコラボレーション
  • 自動化
  • 時間管理
  • チャートとレポート
  • ユーザー管理
  • Zoho連携
  • 連携とアドオン
  • インポート
  • アプリと端末

タスク管理

  •  

    作業分解図

    マイルストーン、タスクリスト、タスク、サブタスクなど、プロジェクトをより単純な作業項目に分解して、作業を効率的に整理できます。詳細はこちら

  •  

    課題管理

    プロジェクトの課題やバグをリストアップして、チームに割り当て、綿密に追跡することで迅速な修正を行えます。詳細はこちら

  •  

    ユニバーサルアド

    作業項目を大急ぎで追加したいときは、[ユニバーサルアド]タブを使用して、ユーザーやタスク、課題、イベント、ドキュメントをかんたんに追加できます。詳細はこちら

  •  

    各種タスクビュー

    クラシックビューには、重要なタスク情報を網羅した詳細なタスクリストが表示されます。一方、プレーンビューには、シンプルなタスクリストが、カンバンボードには、タスクがカード形式で、ステータスごとに列分けされて表示されます。詳細はこちら

  •  

    ガントチャート

    ガントチャートを使用すれば、プロジェクトを計画し、進捗状況を追跡し、依存関係を視覚化し、必要に応じてタスクを再スケジュールして、プロジェクトを予定どおりに完了できます。詳細はこちら

  •  

    依存関係

    完了すべき順序に従って、関連するタスク間の依存関係を設定できます。詳細はこちら

  •  

    繰り返し

    タスクによっては、毎日または毎週の繰り返しが必要です。繰り返しタスクを設定すれば、毎回再スケジュールする手間を省けます。詳細はこちら

  •  

    リマインダー

    タスクリマインダーを設定すれば、忙しいスケジュールに追われる中でも、重要な件を見逃すことはありません。詳細はこちら

  •  

    重要タスク

    遅れが生じるとプロジェクト全体にその影響が及ぶクリティカルパスを特定して、プロジェクトを予定どおり遂行できます。詳細はこちら

  •  

    プロジェクトベースライン

    定期的に作成することで、進捗状況と計画目標を比較でき、当初のスケジュールからの逸脱を防げます。詳細はこちら

  •  

    Sprints

    アジャイルプロジェクト管理ツールであるZoho Sprintsと連携させることで、ハイブリッドなプロジェクトもかんたんに処理できます。プロジェクトやタスクの同期、時間やユーザーの記録、スプリントボードの作成と表示、詳細なスプリントレポートの取得など、そのすべてがZoho Projectsで行えます。詳細はこちら

  •  

    ポートフォリオのダッシュボード

    ポータル内のプロジェクトやタスク、課題の全体像を把握できます。各プロジェクトの進捗状況を確認して、プロジェクトのステータスや責任の所在、顧客、予算の状況に関する詳細なレポートを取得できます。詳細はこちら

  •  

    ロールアップ

    プロジェクトのあらゆるタスクとサブタスクに基づく、予定作業時間と実績作業時間の総数、タスクの総完了率などの概要を確認できます。詳細はこちら

カスタマイズ

  •  

    レイアウト

    プロジェクトの要件に合わせて、プロジェクトやタスク、課題に関するカスタムレイアウトを作成できます。レイアウトを保存すれば、新しいプロジェクトや作業項目に再利用できます。詳細はこちら

  •  

    カスタム項目

    適切な情報を入手できるよう、レイアウトにカスタム項目を追加できます。行、選択リスト、複数ユーザー、複数選択、日付、番号、メールアドレス、電話番号、URLなどの項目を追加できます。詳細はこちら

  •  

    カスタムビュー

    作業項目に合わせてカスタムビューを作成し、作業をより適切に優先順位付けできます。期限切れのタスクや優先度の高いタスクをワンクリックで表示し、効率的に作業計画を行えます。詳細はこちら

  •  

    カスタムステータス

    チームや作業の性質、業種に基づき、プロジェクトやタスク、課題に関するカスタムステータスを追加して、特定の作業項目の進捗状況を全員で把握しましょう。詳細はこちら

  •  

    カスタム機能

    独自のコードを作成することで、プロセスを自動化して、作業を簡易化できます。通知を自動化したり、Webhookを呼び出したり、ビジネスルールをトリガーしてほかの機能を実行したりできます。詳細はこちら

  •  

    テンプレート

    プロジェクトやタスクリスト、タスクのテンプレートを作成することで時間を節約できます。同じ作業項目に沿った、同様のプロジェクトにテンプレートを使用すれば、作業の迅速化が図れます。詳細はこちら

  •  

    カスタムドメイン

    Zoho Projectsポータルに貴社のドメインをマッピングすれば、ドメイン名からポータルにアクセスできます。詳細はこちら

  •  

    タグ

    プロジェクトの数が何百にも上ると、名称や番号からタスクを検索するのが難しい場合があります。Projectsなら、作業項目やフォーラム投稿、ステータスにタグを追加すれば、検索もかんたんです。詳細はこちら

チームコラボレーション

  •  

    フィード

    コメントの投稿やチームメンバーへのタグ付け、添付ファイルの追加がかんたんに行える対話型のフィードから、あらゆるプロジェクトの最新情報を迅速に入手できます。詳細はこちら

  •  

    メンション

    ステータス更新やコメント、チャット、フォーラムを介してユーザーや役割、チームを@メンションして、タスクやディスカッションへのメンバーの注目を高めます。

  •  

    チャット

    個人やグループのチャットルームを活用し、コラボレーションの充実が図れます。気軽に雑談したり、迅速なフィードバックを取得したり、ディスカッションを開始したりできます。詳細はこちら

  •  

    フォーラム

    対話型のフォーラムを活用し、アイデアについて相談したり、トピックを投稿したり、重要な情報を一元的に保存したりできます。詳細はこちら

  •  

    ドキュメント

    プロジェクトファイルをかんたんに作成、保存、整理し、チームと共有できます。また、バージョン管理システムにより、誰もが最新バージョンのファイルにアクセスできます。詳細はこちら

  •  

    メールエイリアス

    受信トレイから直接プロジェクトを管理できます。メールプラットフォームから、メモを追加したり、ドキュメントをタスクに関連付けたり、コメントを投稿したり、ファイルをフォーラムに添付したり、課題を整理したりなど、さまざまな作業が行えます。詳細はこちら

自動化

  •  

    ブループリント

    タスクプロセスの自動化や日常業務の簡易化を目的とした、ワークフローを設計できます。適切な担当者を指名してタスクステータスを変更したり、タスク項目を自動更新したり、ステータスの変更をチームに通知したりできます。詳細はこちら

  •  

    SLA

    エスカレーション手順を設定することで、課題を迅速に修正できます。課題のエスカレーション基準を設定し、必要な担当者に通知できます。詳細はこちら

  •  

    ビジネスルール

    課題の重大度の変更やユーザーへの割り当てなど、特定のアクションを実行する一連のルールを作成し、これをトリガーするタイミングを定義できます。詳細はこちら

  •  

    Webhook

    独自のHTTP URLを設定して、これを特定のビジネスルールに関連付けることで、Zoho Projectsからサードパーティアプリケーションへの通知を自動化できます。詳細はこちら

  •  

    通知

    課題やタスクのステータス変更時に、担当者や顧客、特定のユーザーに通知を自動送信できます。詳細はこちら

時間管理

  •  

    タイマー

    タスクタイマーを作業開始時に有効にし、作業完了時に終了すると、作業時間が新規のタイムシートエントリーとして自動記録されます。詳細はこちら

  •  

    タイムシート

    手動または自動タイマーで、タスクや課題に費やされた時間を記録し追跡できます。管理者は、従業員のタイムシートエントリーを承認または拒否したり、エントリーを基に、給与支払や顧客への請求を行ったりできます。詳細はこちら

  •  

    請求書作成

    Zoho BooksやZoho Invoiceと連携させることで、時間記録に基づく請求やプロジェクトコストの記録が可能となります。連携機能により、見積書の作成や顧客への送信がこれまで以上にかんたんに行えます。詳細はこちら

  •  

    予算編成

    プロジェクト予算の計画と管理を通じて、コスト管理を改善し、予算超過を削減できます。詳細な予算ステータスレポートにより、予定コストと実績コストをリアルタイムで確認できます。

  •  

    カレンダー

    プロジェクト活動をすべて一元的に表示でき、会議やイベントのスケジューリングもかんたんです。一週間の予定を把握して、スムーズにこなすことができます。詳細はこちら

チャートとレポート

  •  

    タスクレポート

    ステータスや完了率、責任者、優先度に基づき、プロジェクト内のすべてのタスクに関する基本レポート、または詳細レポートを表示できます。Projectsなら、全プロジェクトに関するグローバルレポートも表示できます。

  •  

    課題レポート

    課題に関する基本レポートや詳細レポートから、バグや課題のステータスに関するより深い洞察を取得できます。

  •  

    タイムシートレポート

    チームの生産性向上に寄与します。作業時間の全体的な割り当てや、最も時間を要するタスクを確認し、それに応じて日常業務を割り振りできます。

  •  

    プロジェクトダッシュボード

    ダッシュボードからは、プロジェクト予算やタスクと課題のステータス、期限切れの作業項目、チームステータスに関するさまざまレポートを基に、プロジェクトの進捗状況を確認できます。詳細はこちら

  •  

    予算予測

    予定コストや実績コストと現状の完了率を基に、プロジェクトの推定総コストを予測できます。詳細はこちら

  •  

    予定コストと実績コスト

    コスト計画を立て、予算超過を回避しましょう。Projectsなら、時間あたりコストや具体的なユーザーコストを基に、各プロジェクトの予定コストと実績コストを計算できます。詳細はこちら

ユーザー管理

  •  

    プロファイル

    ポータルユーザーと顧客ユーザーの双方に、カスタムプロファイルを作成して、社内での役割に基づくアクセス許可を設定できます。詳細はこちら

  •  

    役割

    組織内でのユーザーの役職を特定できる、役割について定義します。タスクやフィードへのステータスやコメントの追加時に、「@役割名」でメンションできます。詳細はこちら

  •  

    顧客ユーザー

    顧客をプロジェクトにユーザーとして追加して、タスクや課題の最新状況を把握し、作業の進捗状況を確認できます。詳細はこちら

  •  

    人材管理

    メンバーの過不足に合わせて作業を再割り当てし、チームに作業を均等に配分できます。また、タスクの割り当て時にユーザーごとの作業配分を確認できますので、最適な割り当てが行えます。詳細はこちら

  •  

    予定時間と実績時間

    予定作業時間と実績作業時間との差異を追跡することで、割り当てタスクに対する、各ユーザーの進捗状況を確認できます。詳細はこちら

Zoho連携

  •  

    Sprints

    アジャイルプロジェクト管理ツールであるZoho Sprintsと連携させることで、ハイブリッドなプロジェクトもかんたんに処理できます。プロジェクトやタスクの同期、時間やユーザーの記録、スプリントボードの作成と表示、スプリントレポートの取得など、そのすべてがZoho Projectsから行えます。詳細はこちら

  •  

    Analytics

    レポート作成・BIツールにより、プロジェクトデータに関するより適切な洞察を取得できます。50以上もの既製レポートとダッシュボードに加えて、カスタムレポートの作成も可能です。詳細はこちら

  •  

    CRM

    Zoho CRMと同期させれば、CRMダッシュボードから直接プロジェクトに関する作業が行えます。CRMでのタスクの作成やタスク項目の更新、タスクへのコメントの追加がProjectsに反映されます。詳細はこちら

  •  

    Desk

    Zoho Desk連携により、課題を効率的に処理できます。課題としてサポート問い合わせを送信して、バグを体系的に処理できます。詳細はこちら

  •  

    BooksとInvoice

    会計アプリケーション連携により、プロジェクト予算を効率的に管理できます。時間記録からの請求書の作成や、プロジェクトコストの記録が可能です。詳細はこちら

  •  

    Cliq

    個人やグループのチャットを介してチームとかんたんにコラボレーションし、タスクや課題を直接追加できます。チャットチャンネルにプロジェクトをマッピングし、チームやタスク、課題に関する最新情報を取得できます。詳細はこちら

  •  

    Mail

    受信トレイから直接プロジェクトを管理できます。Zoho Mailを介してプロジェクトタスクを表示、追加、管理したり、Projectsのタスクやバグとしてメールをかんたんに追加したりできます。詳細はこちら

  •  

    Meeting

    対面での会議を手配する手間を省いて、オンラインでの会議を開催できます。即時会議の開催や、重要な話し合いに向けたスケジュール調整、チームとの情報交換が可能です。詳細はこちら

  •  

    People

    タスクや課題の割り当てに先立ち、特定の日にリソースが利用可能か確認できます。従業員が休暇を申請して承認された場合は、その情報がProjectsに自動的に反映されます。詳細はこちら

  •  

    Flow

    Zoho Flow連携により、Projectsを300以上ものクラウドアプリと接続することで、ワークフローを円滑化できます。詳細はこちら

連携とアドオン

  •  

    Googleカレンダー

    Googleカレンダーと同期させれば、プロジェクトやマイルストーン、タスクをどこからでもかんたんに追跡できます。詳細はこちら

  •  

    Googleタスク

    Googleタスクと同期させれば、作成したタスクをどちらのアプリケーションからでも管理できます。詳細はこちら

  •  

    Googleスプレッドシート

    スプレッドシートで作成したプロジェクトやタスクを、Zoho Projectsに追加できます。スプレッドシートでの作業中も、チームとかんたんにコラボレーションできます。詳細はこちら

  •  

    Googleドライブ

    GoogleドライブやGoogleチームドライブのアカウントにアクセスして、ファイルをドキュメントとしてアップロードしたり、Projectsのタスクや課題と関連付けたりできます。詳細はこちら

  •  

    G Suiteマーケットプレイス

    G Suite連携により、効果的なコミュニケーションやコラボレーションが可能です。シングルサインインで、ビジネスに不可欠な一連のGoogleアプリにアクセスできます。詳細はこちら

  •  

    Microsoft Excel

    Excelスプレッドシートから直接タスクやバグを作成して、Zoho Projectsに追加できます。Excelでの作業中も、チームとかんたんにコラボレーションできます。

  •  

    OneDrive

    OneDriveアカウントにアクセスして、Zoho Projectsにファイルをかんたんにアップロードできます。ドキュメントとして保存することも、タスクや課題と関連付けることも可能です。詳細はこちら

  •  

    Microsoft Outlookカレンダー

    Outlookカレンダーと同期させれば、タスクやイベントをどこからでも追跡できます。詳細はこちら

  •  

    Microsoft Office 365

    Office 365ユーザーをZoho Projectsポータルや特定のプロジェクトにインポートして、コラボレーションを開始できます。ProjectsからOffice 365アカウントにタスクやイベントを追加することも可能です。詳細はこちら

  •  

    Microsoft Teams

    Zoho ProjectsタブをMicrosoft Teamsアカウントに追加し、Teamsのワークスペースから直接プロジェクトの作業を開始できます。詳細はこちら

  •  

    Dropbox

    DropboxとProjects間で重要なファイルやフォルダーをかんたんに共有し、作業を円滑化できます。詳細はこちら

  •  

    Box

    Box連携により、ファイルをBoxからProjectsに追加したり、Projectsのタスクや課題と関連付けたりできます。詳細はこちら

  •  

    Github

    リポジトリーをホストして、ソースコミットを参照したり、コードを変更したりできます。また、実施されたすべての変更をZoho Projectsで確認できます。詳細はこちら

  •  

    Gitea

    リポジトリーをホストして、ソースコミットを参照したり、コードを変更したりできます。また、実施されたすべての変更をZoho Projectsで確認できます。詳細はこちら

  •  

    Gitlab

    リポジトリーをホストして、ソースコミットを参照したり、コードを変更したりできます。また、実施されたすべての変更をZoho Projectsで確認できます。詳細はこちら

  •  

    Bitbucket

    Bitbucketのリポジトリーをホストしたり、コードをコミットしたりできます。また、Zoho Projectsでチェンジセットを確認できます。詳細はこちら

  •  

    iCal

    iCalと同期させれば、タスクや課題、イベントをどこからでも確認できます。詳細はこちら

  •  

    Slack

    作業の簡易化:Projectsの更新内容をSlackのフィードに送信したり、プロジェクトの活動や相談内容をSlackで整理したりできます。詳細はこちら

  •  

    Zapier

    Zapier連携により、Zoho Projectsを2,000以上ものアプリに接続することで、作業の自動化や生産性の向上が図れます。詳細はこちら

  •  

    Zendesk

    問い合わせを課題やタスクに変換したり、既存のタスクや課題に関連付けたり、顧客のニーズに基づいて追跡し、優先順位付けしたりできます。詳細はこちら

  •  

    ServiceNow

    リクエストやインシデントをタスクや課題として管理し、必要に応じて優先順位付けして、追跡し処理できます。詳細はこちら

  •  

    Google Chrome拡張機能

    プロジェクトとポータルをすべて一元的に表示し、他のユーザーとコラボレーションしたり、プロジェクトやタスクを追加したり、プロジェクト通知を確認したりできます。詳細はこちら

  •  

    Gmail

    Gmailの受信トレイから直接プロジェクトを管理し、メールをタスクや課題としてZoho Projectsアカウントに直接追加できます。詳細はこちら

インポート

  •  

    Microsoft Projectからのインポート

    Microsoft Projectからデータをかんたんにインポートして、チームとコラボレーションし、作業を迅速に開始できます。詳細はこちら

  •  

    JIRAからのインポート

    JIRAクラウドからデータをかんたんにインポートして、ユーザーをプロジェクトに追加し、作業の効率化を図れます。詳細はこちら

  •  

    Basecampからのインポート

    わずか数回のクリックで、Basecampからデータを移行できます。高度なタスク管理、簡易なコラボレーション、優れた連携をご体験ください。詳細はこちら

アプリと端末

  •  

    Web

    お使いのブラウザーから作業の中断なく、プロジェクトをスムーズに処理できます。必要なのはインターネット接続だけです。

  •  

    モバイル

    iOSアプリやAndroidアプリを使用して、外出先でもかんたんに作業を行えます。いつでもどこでもプロジェクトを管理できます。詳細はこちら