Zoho MailでのZoho Finance Plus連携

Zoho MailでのZoho Finance Plus連携

Zoho Books

Zoho Booksは、効率的な財務管理のための企業向けの会計ソフトウェアです。eWidgetのZoho Books連携を使用すると、顧客や仕入先からのメールを読む際に、その取引情報にアクセスして表示できるため、連絡先の請求先住所と送付先住所、取引の通貨、請求書や見積書の概要を確認できます。eWidgetから請求書を作成して、Zoho Booksアカウントと同期することもできます。

eWidgetでのZoho Books拡張機能の使用:

  1. Zoho Mailアカウントにサインインしてください。
  2. [eWidget]アイコン >>[Zoho Books]をクリックしてください。
  3. [組織]を選択してください。
  4. [連絡先一覧の表示]一覧から連絡先を選択し、その連絡先の金融取引の概要を表示してください。

[概要]には、請求先住所と送付先住所、取引の通貨と担当者が表示されます。[コメント]セクションには、連絡先と組織との取引の進捗状況が表示されます。Zoho Booksで追加された自動コメントに加えて、このセクションにコメントを追加できます。[見積書]セクションには、特定の連絡先の請求書と見積書が表示されます。これらが利用できない場合は、オプションで追加できます。

連絡先の追加:

  1. eWidgetのアプリメニューから[Zoho Books]を選択してください。
  2. [組織]を選択してください。
  3. [連絡先に追加]オプションをクリックしてください。
  4. 必要な詳細情報を入力し、[保存]をクリックしてください。

Zoho Inventory

Zoho Inventoryは、企業向けの在庫管理、注文管理、倉庫管理ソフトウェアです。eWidgetはZoho Inventory連携をサポートしており、特定の連絡先、顧客、仕入先の在庫の詳細をすばやく表示し、自動でのコメントに加えて、必要に応じて取引にコメントできます。

eWidgetでのZoho Inventoryの使用

  1. Zoho Mailアカウントにサインインしてください。
  2. [eWidget]アイコン >>[Zoho Inventory]に移動してください。
  3. [組織]を選択してください。
  4. [連絡先に追加]オプションを使用するか、[連絡先一覧の表示]オプションから既存の連絡先を選択してください。

連絡先との間の取引がeWidgetに表示されます。これには、特定の連絡先に関連する送付先住所と請求先住所、通貨、請求書、見積書が含まれます。ヘッダーメニューの[追加]アイコンを使用すると、新しい連絡先を追加できます。参照用のコメントは[コメント]セクションに追加できます。

Zoho Invoice

Zoho Invoiceは、請求書の作成と支払いのリマインダー通知の自動送信が可能なオンライン請求ソフトウェアで、オンライン決済オプションもサポートしています。eWidgetはZoho Invoice連携をサポートしており、連絡先の請求書の作成、編集、コメント作成が可能です。

eWidgetでのZoho Invoiceの使用:

  1. Zoho Mailアカウントにサインインしてください。
  2. [eWidget]アイコン >>[Zoho Invoice]に移動してください。
  3. [組織]を選択してください。
  4. [連絡先一覧の表示]オプションをクリックしてください。
  5. 連絡先を選択して、その連絡先との取引を表示してください。

特定の顧客との取引の情報がeWidgetに表示され、すぐに参照できます。ヘッダーメニューの[追加]アイコンを使用すると、連絡先を作成できます。[追加]アイコンには、新しい請求書と見積りを作成するオプションもあり、クリックするとZoho Invoiceアカウントに移動します。

Zoho Subscriptions

Zoho Subscriptionsは、請求処理の自動化、顧客情報の確認、ビジネスの分析のためのオンラインのサブスクリプション請求ソフトウェアです。この連携はeWidgetでサポートされており、メールボックス内の特定の連絡先の登録の詳細を表示できます。 

eWidgetでのZoho Subscriptionsの使用:

  1. Zoho Mailアカウントにサインインしてください。
  2. [eWidget]アイコン >>[Zoho Subscriptions]に移動してください。
  3. [組織]を選択してください。
  4. [連絡先一覧の表示]オプションを選択してください。
  5. 連絡先を選択して、登録の詳細を表示またはコメントを追加してください。

連絡先の登録の詳細は、請求書と見積書の概要として表示されます。 

Zoho Expense

Zoho Expenseは、経費報告の自動化、承認の効率化、迅速な精算のための経費管理ソフトウェアです。eWidgetのZoho Expense連携では、特定の連絡先との取引を追跡できます。管理者のみが、ユーザーが追加した経費を承認する権限を持っています。

eWidgetでのZoho Expenseの使用:

  1. Zoho Mailアカウントにサインインしてください。
  2. eWidgetのアプリメニューから[Zoho Expense]を選択してください。
  3. [組織]を選択してください。
  4. レポートが表示されます。[自分のレポート]が初期設定で表示されます。
  5. ヘッダーメニューの右上隅にある[その他のオプション]メニューをクリックして、レポートと承認の一覧にアクセスできます。

eWidgetを使用した経費の作成:

eWidgetのZoho Expense連携を使用して、メールから経費を作成できます。

  1. [eWidget]>>[Zoho Expense]に移動してください。
  2. 経費として追加するメールを開いてください。
  3. [経費の作成]をクリックすると、メールの内容がPDFに変換され、費用が自動的に生成されます。
  4. メールは、Zoho Expenseの[領収書の受信トレイ]セクションに経費として表示されます。

 メールに添付ファイルがある場合は、これらの添付ファイルを経費として保存することもできます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com