メール配信設定 – MXレコードの更新

メール配信設定 – MXレコードの更新

ドメインを認証してユーザーを作成すると、ドメインベースのアカウントからメールを送信できるようになります。ただし、ドメインのMXレコードを設定するまではメールを受信できません。このヘルプガイドでは、MXレコードがメール操作で果たす役割を理解し、設定プロセスを詳しく説明します。 

MXレコードとは

MXエントリは、ドメインの受信メールサーバーを指定する、特別なDNSサーバーレコードです。MXレコードは、ドメインのDNS内のリソースエントリです。このエントリは、メールサーバー情報をWeb上の他のDNSサーバーに伝達し、ドメインにメールを送信します。Zohoですべてのユーザーアカウントとメールアドレスを作成した後は、MXレコードを変更できます。

最初は、すべてのメールアドレスを一時的にキャッチするよう設定し、メールが失われないようにすることをお勧めします。全アカウントの作成を認証したら、ドメインのMXレコードを変更できます。

このページでは、特定のドメインプロバイダーのMXレコードを追加する詳細な手順を説明します。リストからドメインプロバイダーを選択するか、MXレコード変更ガイドラインを示す一般的な手順に従ってください。それでもDNS設定について不明な点がある場合は、DNSプロバイダーのサポートポータルにお問い合わせください。彼らと連絡を取り、ZohoのMXレコードの詳細(このページのURL)を伝え、自分に代わってドメイン用に更新するよう依頼します。

MXレコードを変更する一般的な手順

ドメインのMXレコードを変更するには、以下の手順に従ってください。ここで使われている用語は一般的な用語であるため、プロバイダーによって異なる場合があります。

  1. ドメイン登録業者のWebポータルにログインしてください。
  2. 登録したすべてのドメインが表示される、アカウントのDNSマネージャー/ドメイン管理ページ/DNSコントロールパネルを起動します。
  3. MXレコード/メールサーバー/メール設定オプションを見つけます(ヘルプについては、プロバイダーのヘルプページを参照するか、登録業者からサポートを受けてください)。
  4. 既存のエントリがあれば削除します。
  5. [レコード追加]オプションを選択してください。
  6. [名前/ホスト]項目の値を、@または空白のままにします。
  7. 最初のレコードの値をmx.zoho.comと指定します。
  8. 登録業者のサポート内容に応じて、Priorityを10以下に設定します。
  9. 同じ手順に従い、別のMXレコードをドメインに追加します。
  10. ドメインにメールが正しく配信されるようにするには、以下のMXレコードのみを提供する必要があります。

    ホスト/ドメイン

    アドレス/メールサーバー/MXエントリ/値

    優先度

    @/空白/ドメイン名

    mx.zoho.com.

    10

    @/空白/ドメイン名

    mx2.zoho.com.

    20

    @/空白/ドメイン名

    mx3.zoho.com.

    50

    上の表のMX値は、一般的な設定情報に基づいています。ドメイン固有の詳細な設定については、管理コントロールパネルのこのセクションを参照してください。

    注:

    MXレコードの末尾にあるピリオド(.)は省略可能です。これは、DNSプロバイダーによって異なります。MXエントリを追加する厳密な方法については、DNSプロバイダーのサポートマニュアルを参照することをお勧めします。

  11. TTLが編集可能な場合は、できるだけ早く変更を有効にするため、可能な限り小さい値を指定します。
  12. ゾーンファイルの保存/保存/レコードの追加を選択し、変更を保存します。

注:

MXレコードを追加したら、外部サービス製ツールwww.mxtoolbox.comを使用してMXレコードを認証できます。外部アカウントからテストメールを送信して、メールを受信できるかどうかやMXレコードが適切に追加されているかどうかを確認できます。

複数のMXレコード - なぜ、どのように機能するのか

MXレコードを複数作成しても、複数のサーバーにメールは配信されません。設定したレコードの数に関係なく、ドメインのDNSサーバーから返される優先度が最も低いMXレコードに、メールは配信されます。最も低い優先度がオフラインの場合やメールを受け付けていない場合は、次のサーバーのみが使用されます。

追加のMXサーバーは、MXレコードをバックアップするための冗長性、またはサービス管理者がアーキテクチャや設定を変更するための冗長性を実現するために使用します。

メール配信のトラブルシューティング

MXレコード変更後もメールを受信できない:

MXレコードが正しく設定されている場合のみ、メールの受信は開始されます。MXレコードを追加してもメールを受信できない場合は、以下をチェックしてください。

  • ドメインのMXレコードをwww.mxtoolbox.comでチェックしてください。
  • 以下のようなMXレコードが返されます。
    • 10 mx.zoho.com
    • 20 mx2.zoho.com
    • 50 mx3.zoho.com

データセンター(アメリカ/イギリス/中国)に基づき、MXレコードの値はドメインによって変わります。ドメイン固有の正しいMXレコードが、コントロールパネルのこのセクションに表示されます。 

  • より優先度の低いMXエントリ(例:0または5)が他にある場合、メールはZoho Mailに配信されません。
  • 以前のメールプロバイダーに関連付けられている、その他のMXレコードはすべて削除してください。
  • WebホストとDNSホストの設定で「ローカルメール配信」がオフになっていることを確認してください。
  • DNSプロバイダーでサーバーの優先度を指定できない場合は、mx.zoho.comのレコードの優先度がより低いことを確認し、エラーなくメールを受信する必要があります。

特定のメールを受信できない:

特定のメールを受信できない場合は、メールを送信するメールサーバーがZoho Mailにリレーしているかどうか、ドメインアカウントにのみリレーしていないかを確認してください。以前のホストでローカルメール配信設定を設定している場合、以前のメールサーバーから送信されたメールは内部で配信され、Zoho Mailアカウントに配信されない場合があります。

以前のメールサービスプロバイダーから切り替える場合は、推奨されるZohoサーバー名とポートを使って、Outlook/Thunderbird/iPhone/Androidモバイル端末などのメールクライアントの受信/送信メールサーバー設定を更新する必要があります。

Webサイトの連絡フォームからのメールを受信できない:

Webサイトでお問い合わせフォームやWebフォームを使用する場合、通常は送信オプションを使用してメールを送信します。これらのメールは、Webサイトのホスティングプロバイダー(Webホスト)からトリガーされます。ほとんどの場合、Webサイトのドメイン名は、送信元メールアドレスのドメイン名と一致します。例:www.yourdomain.com/contact.htmlページから、詳細情報がcontact@yourdomain.comに送信されます。 

この場合、ドメイン名が同じであるため、メールをトリガーするWebホストやメールサーバーは、メールはローカルに配信されるものと誤って想定します。これを修正するには、WebHost設定を開き、このようなメールが外部に配信されるようリモートメールサーバーオプションを選択してください。ローカルのメール配信構成をチェックし、WebHostのローカル設定をオフにする必要があります。これにより、Webフォームから送られたメールがZoho Mailサーバーに届き、正しいメールアカウントに配信されます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com