Zoho Sprintsの機能紹介

作業の計画、進捗状況の把握、お客さまのニーズに合った商品を提供しましょう。

計画:優先付けと反復設定

単一の場所から、ドラッグ&ドロップでスプリント計画とバックログ項目を作成。見積り指標、優先順位リスト、ユーザー割り当てから、各ユーザーストーリーの分析・整理ができます。また、期間ごとの通知設定で、各スプリング完了後の商品リリースを簡単にしましょう。

ボード:各タスクの状況を把握

スクラムボードで、すべてのスプリントの作業を視覚化。誰でも各タスクの進行状況を確認できます。作業項目、ストーリー、バグ・課題など、ドラッグ&ドロップを使って作業ステージ間で移動できます。作業状況をカスタマイズし、ボードをパーソナライズ。ボードの効率性が、アジャイル開発をスムーズにします。

詳細はこちら

工数表:工数の追跡

すべてのユーザーが工数表で、作業項目に対しての請求可能/不可能時間を記録できます。特定のタスクの工数を把握して、次のスプリントを正確に予測。ワンクリック承認と、透明性の高いユーザー工数表を活用しましょう。商品のリリースまでがスムーズになります。

詳細はこちら

ダッシュボード:プロジェクト概要を把握

ダッシュボードを使用して完了ステータスを表示。完了/進行中の作業項目の上位5ユーザーを確認したり、包括的なスプリント活動グラフなどを取得できます。スプリントの主な指標を、すべて目の前に。毎日のスタンドアップ(朝会)に備えましょう。

詳細はこちら

レポート:分析して業務改善

レポート機能では、ベロシティチャート、バーンダウンレポート、累積フローなどが自動的に作成されます。効率性の高い場所を、チームが確認できます。ボトルネックの特定、進捗状況の見積もりなど、実用的な分析を取得。さらに、完了した各スプリント、アクティビティチャート、ユーザーの概要を活用して、効果的にスプリングを振り返ることができます。

詳細はこちら

ミーティング:効果的な議論を

便利なミーティングモジュールを活用しましょう。スプリントのレビューと振り返りを予約したり、毎日の通知を自動化することが可能です。

詳細はこちら

フィード:SNS型交流で、開発をスムーズに

フィードにステータスとコメントを投稿して、オンライン議論を開始しましょう。好きな時間で交流ができ、離れたチームメンバー間の連携を強化できます。

詳細はこちら