Zoho Sprintsの機能

作業計画の作成と進捗状況の管理を行い、顧客に本当に必要な製品を出荷しましょう。

計画:優先順位付けと反復

ドラッグ&ドロップで構築する流動的なプランニングセンターで、新しいスプリントとバックログ項目を作成しましょう。エピック、予測ポイント、優先順位リスト、ユーザー割り当てから、ユーザーストーリーを分析できます。期間設定や適時のリマインダー通知は、スプリント完了後のリリースを容易にします。

ボード:各タスクの状況を把握

スクラムボードでは、スプリントの作業をすべて可視化できるため、誰でもタスクの進捗状況を確認できます。項目、ストーリー、バグを別のステージにかんたんにドラッグ&ドロップできます。作業ステータスをカスタマイズして、ボードをパーソナライズしましょう。アジャイルなボードなので、作業も同じようにアジャイルです。

詳細はこちら

各タスクの状況を把握
優先順位ボード

エピック:スプリントの整理

エピックは、共通の目的を持つ複数のスプリントの作業項目を整理します。エピック内のスプリント間で作業項目をドラッグ&ドロップし、全スプリントの進捗状況をスプリントに準じて管理できます。

詳細はこちら

タイムシート:作業時間の管理

すべてのユーザーがタイムシートを使用して各作業の請求可能な時間と請求不可の時間を記録できます。特定のタスクの所要時間を追跡することで、次のスプリントを正確に予測できるようになります。ワンクリック承認や透明性の高いユーザータイムシートにより、形式的な手続きを省略できます。

詳細はこちら

ダッシュボード:プロジェクトの概要を把握

ダッシュボードを使用して、完了ステータスの表示、完了/進行中の作業項目における上位5名のユーザーの確認、包括的なスプリント活動チャートの取得などを実行できます。スプリントの主要指標を指先ひとつで確認して、毎日の朝礼に備えましょう。

詳細はこちら

プロジェクトの概要を把握
プロジェクトの概要を把握
プロジェクトの概要を把握

レポート:分析に基づく継続的な改善

レポートを使用して、ベロシティチャート、バーンダウンレポート、累積フローダイアグラムを自動生成し、効率の改善余地がある点をチームに提示できます。原因の特定、進捗の予測、生データから実用的な洞察への転換が可能になります。活動チャートやユーザー概要を活用して、完了スプリントから多くの学びを得ることができます。

詳細はこちら

分析に基づく継続的な改善
分析に基づく継続的な改善
分析に基づく継続的な改善
分析に基づく継続的な改善
分析に基づく継続的な改善

ミーティング:交流を促進

包括的なミーティングモジュールを使用して、スプリントレビューや振り返りのスケジュール調整と、毎日の朝礼の自動リマインダー通知を行うことができます。

詳細はこちら

フィード:SNS型交流でアジリティを実現

フィードにステータスやコメントを投稿し、オンラインでディスカッションを行います。都合のいい時間に発言でき、分散されたチームの親近感を高めることができます。

詳細はこちら

SNS型交流でアジリティを実現
SNS型交流でアジリティを実現