Event series

2018

1月

評価におけるコンピテンシーと比重

評価タブの機能が強化されました。目標や評価項目(KRA)と同様に、「コンピテンシー」を評価対象として設定できるようになりました。評価サイクルを設定する際に、各コンピテンシーに対する比重も設定できます。

詳細はこちら

工数表の操作履歴

工数表の操作履歴機能により、工数表に関する詳細をより強固に管理できます。これにより、作成から承認まで、工数表に関するあらゆる変更履歴を把握できます。

詳細はこちら

半月や隔週での給与期間の設定

給与期間の設定機能が強化されました。給与期間を、毎月、毎週だけでなく、半月、隔週でも設定できるようになりました。 組織のニーズに合わせた運用が可能です。

詳細はこちら

モバイルからの打刻(出退勤の記録)の制限

モバイルからの打刻(出退勤の記録)を制限できるようになりました。組織の就業規則に沿った運用が可能です。

詳細はこちら

振替休日の期間

振替休日を申請できる期間を選択できるようになりました。4分の1、半日、全日から選択できます。

詳細はこちら

2月

重複チェック項目

項目ごとに「重複なし」設定をするのではなく、いくつかの項目をグループ化して重複なしの一意データとする設定が可能です。これにより、設定した項目グループへ重複データが追加されることを回避できます。さらに、フォームに複数のデータを一括インポートする際にも、重複チェックが有効なため大変便利です。

詳細はこちら

新しい従業員への業務/プロジェクトの自動割り当て

工数管理の新機能では、あらかじめ業務やプロジェクトを部署に割り当てておくことで、部署に新たに参加した従業員に対して、業務やプロジェクトを自動で割り当てられます。さらに、他の部署の従業員にも同じ業務やプロジェクトを割り当てられます。

詳細はこちら

3月

出退勤の一括修正

修正の申請フォームで、複数の記録を追加することが容易になりました。週や月、指定の期間での修正申請を一度に申請できます。

詳細はこちら

場所ごとの管理者

組織の場所ごとに管理者を配置して、タブやフォームのデータにアクセスする権限を付与できます。

詳細はこちら

4月

データの安全性を向上

アカウント内のフォームのパスワード保護が可能になりました。データのエクスポート時にはパスワード入力が必要となり、安全性を強化できます。

詳細はこちら

休暇のリマインダー(備忘通知)

休日の追加時に、リマインダーを設定できるようになりました。日の近づいてきた休日を事前に従業員に知らせることができます。

詳細はこちら

場所のインポート

場所のインポート機能が向上しました。場所のリストが記載されたファイルをアップロードすることで設定できます。

詳細はこちら

複数の役職/場所/カテゴリに対するファイルの追加

ファイル管理機能が強化されました。複数の役職/場所/カテゴリに関連付けて、ファイルを一度で追加できます。

詳細はこちら

不要な通知の解除

メール通知やフィードでの通知から開放されます。組織設定時に、組織の通知を無効化できます。

詳細はこちら

個人情報をより安全に管理

人事部では大量の個人情報を扱いますが、従業員のあらゆる個人情報は保護方針や基準に従って安全に管理されることが非常に重要です。従業員の個人情報の項目を暗号化し、データの安全性を強化できます。

詳細はこちら

5月

Zoho Books、Zoho Invoiceとの連携

Zoho People が、Zoho Books、Zoho Invoice と連携できるようになりました。この連携により、承認済みの工数実績をZoho Books / Zoho Invoice に自動的に転送できます。

詳細はこちら

Zoho Projects との連携

Zoho Projects で管理するプロジェクト一覧をインポートし、Zoho People で工数管理できます。承認済みの工数実績は Zoho Projectsに転送できます。

詳細はこちら