メールとCRMの連携・すべてのメール問題に対応

登録する

  • ZOHO CRM
  • SALESFORCE CRM

パイプライン・受信トレイ

販売パイプラインや商談の現在の段階に応じて営業活動を整理して優先順位を付けるという作業を、すでに行われているかもしれません。それと同じ方法でメールを整理できたら最高だと思いませんか?SalesInboxなら、これを自動的に実行できます。列、フォルダー、フィルターは販売の優先順位を反映しているため、優先度の低いものではなく最も重要な商談を把握して、それに対処することができます。

メールの優先順位付けCRMの条件に基づくフィルター

メールを整理

これからは、絶え間なく届く通知や無関係なメールを仕分ける必要はありません。不要なメールは受信トレイから遮断されます。SalesInboxは、CRMがどのように設定されているかに従って、インテリジェントにメールを整理します。たとえば、商談中の取引、リード、連絡先、同僚をまとめることができます。

探しているものがすぐに見つかる

すべてのリードが同じではありません。展示会で初めて会った見込み客より紹介された見込み客の方が、顧客になる可能性は高いはずです。商談の規模や決算日など、CRMの条件を必要なだけ適用してリードをフィルターできます。メールにラベルを適用すれば、よりきめ細かい検索が可能になります。

  

単なるつながりを超えて

顧客について詳しく知っている場合でも、最後にいつ話したか思い出せない場合でも、適切なメッセージを作るために必要なコンテキスト情報をSalesInboxが提供します。メッセージを送信する前に、個別のサポートチケットや最近のソーシャルメディア投稿など、あらゆる履歴を参照できます。

コンテキスト情報タイムライン表示

詳細を把握

連絡先にメールするたびに、これまでの販売サイクルの推移を詳しく確認でき、前回の連絡以降に加えられたタスク、メモ、過去のメッセージなどを見直せます。それぞれの顧客がどれほど大切で、次の商談がいつ完了するのかを把握しましょう。

知識は大きな力

SalesInboxをチームのメモリとして活用しましょう。新入社員でも、タイムラインに表示されるコンテキスト情報によって、状況を十分に把握できます。従業員の入れ替わりや役割の変更があっても、販売プロセスが中断されることはありません。

  

ドラッグ・ドロップ・商談

受信トレイから直接CRM活動を行えます。リードを顧客に変えるプロセスを自動化します。ルールを設定するか、メールをドラッグ&ドロップするだけで、リード、連絡先、商談を作成できます。

リードの自動作成コンバージョンと作成自動提案

手入力にさよなら

顧客からメールで連絡がきたら、受信トレイからCRMにこの顧客を直接追加しましょう。新着メッセージをリードとしてすばやく分類するトリガーを設定することで、時間を節約できます。

メールとCRMをいつでも同期

[取引]列にメールをドラッグ&ドロップするだけで、有望な見込み客が成立した販売に変わります。価格を設定して、決済日を決め、フォローアップタスクを作成して、常に整理された状態を保つことができます。

メールアドレスを探す必要を解消

リードにメールするときは、SalesInboxがCRMからアドレスを自動的に提案し、必要に応じて自動入力します。

  

フォローアップ

「やるべきこと」がたくさんある場合、何をすべきか思い出すのは大変です。ましてや、他の人からの応答待ちを覚えておくのは一苦労です。SalesInboxにお任せください。フォローアップ活動について注意を促し、重要な会話について通知します。

フローアップタスクResponseWatchリマインダー通知

リアルタイムで販売

有望なリードについて、常に最新情報を把握する必要がありますか?特定の顧客から連絡があったときに通知するように設定しておけば、リアルタイムで商談を確定できます。フォローアップの電話とイベントが自動的にスケジュールされるので、二度とチャンスを逃すことはありません。

他の人からの応答待ちも忘れない

一般的なメールクライアントでは、自分がやるべきことについてリマインダー通知を設定できますが、他の人からの応答待ちも思い出させてくれるのはSalesInboxだけです。ResponseWatchは、顧客からの応答を待つ時間を設定するための機能です。ResponseWatchは受信トレイ内をモニタリングし、期限までに応答がない場合には通知してくれるため、忘れずにフォローアップできます。メールを未回答のまま放置しません。

すばやく対応

重要な商談にすばやく対応できます。指定した期限までに特定の顧客からのメールに返信しなかった場合のために、自動通知を作成できます。

  

より適切なメールを送信

分析によってメールを調整し、魅力的な宣伝文句を作成します。メールに関する洞察を参考に、相手の心に響くメッセージ、響かないメッセージを把握することができます。

個人用テンプレートテンプレートのパフォーマンスチームのパフォーマンス

心に響くメールを把握

ダッシュボードレポートと分析を通じて、開封率の高いテンプレートやクリックされなかったテンプレートについて把握できます。また、テンプレートに大小の変更を加えることで、パフォーマンスにどのような影響があるのかも確認できます。

聞かれたことと、答えたこと

顧客からの質問の中には、何度も繰り返し聞かれるものがあります。誰でもすぐに回答できるように、事前に答えを作成しておき、チームで共有しましょう。販売の問い合わせがあるたびに一から答えを考える必要はありません。

支え合って改善

自分が送信したメールとテンプレートについての洞察に加え、チーム内の誰が最適なメールを送信し、最も多く応答を得ているのかも把握できます。ヒントやメールのベストプラクティスをチームで共有し、各メンバーの改善状況を確認しましょう。

  

モバイル対応・移動中もメールにアクセス

SalesInboxはモバイル端末上で動作するため、外出中でも見込み客に連絡を取ることができます。

モバイル対応・移動中もメールにアクセス

SalesInboxは既存のメールクライアントと連携

お気に入りのモバイルメールクライアントを使ったまま、メールの送信者やそのアカウント、関連する商談について重要な情報を受け取ることができます。

探しているメールがかんたんに見つかる

SalesInboxは「今月締め」、「顧客」、「取引」などのフォルダーを動的に作成し、メールサーバー上の既存のフォルダーと並べて表示できます。これらのフォルダーでは関連するメールが自動的に更新されます。

パイプライン・受信トレイ

販売パイプラインや商談の現在の段階に応じて営業活動を整理して優先順位を付けるという作業を、すでに行われているかもしれません。それと同じ方法でメールを整理できたら最高だと思いませんか?SalesInboxなら、これを自動的に実行できます。列、フォルダー、フィルターは販売の優先順位を反映しているため、優先度の低いものではなく最も重要な商談を把握して、それに対処することができます。

メールの優先順位付けCRMの条件に基づくフィルター

メールを整理

これからは、絶え間なく届く通知や無関係なメールを仕分ける必要はありません。不要なメールは受信トレイから遮断されます。SalesInboxは、CRMがどのように設定されているかに従って、インテリジェントにメールを整理します。たとえば、販売機会、リード、連絡先、同僚などです。

探しているものがすぐに見つかる

すべてのリードが同じではありません。展示会で初めて会った見込み客より紹介された見込み客の方が、顧客になる可能性は高いはずです。商談の規模や決算日など、CRMの条件を必要なだけ適用してリードをフィルターできます。メールにラベルを適用すれば、よりきめ細かい検索が可能になります。

  

単なるつながりを超えて

顧客について詳しく知っている場合でも、最後にいつ話したか思い出せない場合でも、適切なメッセージを作るために必要なコンテキスト情報をSalesInboxが提供します。メッセージを送信する前に、個別のサポートチケットや最近のソーシャルメディア投稿など、あらゆる履歴を参照できます。

コンテキスト情報タイムライン表示

詳細を把握

連絡先にメールするたびに、これまでの販売サイクルの推移を詳しく確認でき、前回の連絡以降に加えられたタスク、メモ、過去のメッセージなどを見直せます。それぞれの顧客がどれほど大切で、次の商談がいつ完了するのかを把握しましょう。

知識は大きな力

SalesInboxをチームのメモリとして活用しましょう。新入社員でも、タイムラインに表示されるコンテキスト情報によって、状況を十分に把握できます。従業員の入れ替わりや役割の変更があっても、販売プロセスが中断されることはありません。

  

ドラッグ・ドロップ・商談

受信トレイから直接CRM活動を行えます。リードを顧客に変えるプロセスを自動化します。ルールを設定するか、メールをドラッグ&ドロップするだけで、リード、連絡先、販売機会を作成できます。

リードの自動作成コンバージョンと作成自動提案

手入力にさよなら

顧客からメールで連絡がきたら、受信トレイからCRMにこの顧客を直接追加しましょう。新着メッセージをリードとしてすばやく分類するトリガーを設定することで、時間を節約できます。

メールとCRMをいつでも同期

[機会]列にメールをドラッグ&ドロップするだけで、有望な見込み客が成立した販売に変わります。価格を設定して、決済日を決め、フォローアップタスクを作成して、常に整理された状態を保つことができます。

メールアドレスを探す必要を解消

リードにメールするときは、SalesInboxがCRMからアドレスを自動的に提案し、必要に応じて自動入力します。

  

フォローアップ

「やるべきこと」がたくさんある場合、何をすべきか思い出すのは大変です。ましてや、他の人からの応答待ちを覚えておくのは一苦労です。SalesInboxにお任せください。フォローアップ活動について注意を促し、重要な会話について通知します。

フローアップタスクResponseWatchリマインダー通知

リアルタイムで販売

有望なリードについて、常に最新情報を把握する必要がありますか?特定の顧客から連絡があったときに通知するように設定しておけば、リアルタイムで商談を確定できます。フォローアップの電話とイベントが自動的にスケジュールされるので、二度とチャンスを逃すことはありません。

他の人からの応答待ちも忘れない

一般的なメールクライアントでは、自分がやるべきことについてリマインダー通知を設定できますが、他の人からの応答待ちも思い出させてくれるのはSalesInboxだけです。ResponseWatchは、顧客からの応答を待つ時間を設定するための機能です。ResponseWatchは受信トレイ内をモニタリングし、期限までに応答がない場合には通知してくれるため、忘れずにフォローアップできます。メールを未回答のまま放置しません。

すばやく対応

重要な商談にすばやく対応できます。指定した期限までに特定の顧客からのメールに返信しなかった場合のために、自動通知を作成できます。

  

より適切なメールを送信

分析によってメールを調整し、魅力的な宣伝文句を作成します。メールに関する洞察を参考に、相手の心に響くメッセージ、響かないメッセージを把握することができます。

個人用テンプレートテンプレートのパフォーマンスチームのパフォーマンス

心に響くメールを把握

ダッシュボードレポートと分析を通じて、開封率の高いテンプレートやクリックされなかったテンプレートについて把握できます。また、テンプレートに大小の変更を加えることで、パフォーマンスにどのような影響があるのかも確認できます。

聞かれたことと、答えたこと

顧客からの質問の中には、何度も繰り返し聞かれるものがあります。誰でもすぐに回答できるように、事前に答えを作成しておき、チームで共有しましょう。販売の問い合わせがあるたびに一から答えを考える必要はありません。

支え合って改善

自分が送信したメールとテンプレートについての洞察に加え、チーム内の誰が最適なメールを送信し、最も多く応答を得ているのかも把握できます。ヒントやメールのベストプラクティスをチームで共有し、各メンバーの改善状況を確認しましょう。

  

Zoho SalesInboxを試す

登録する