CRMを自由にカスタマイズ

公開日:

2021年11月25日

この記事は3分で読めます

執筆者 菊池 紗矢香

CRMを自由にカスタマイズ

Zoho はこのたび、CRM業界初の新機能 「キャンバス」 をリリースいたしました。

キャンバスとは、Zoho CRM のUI(ユーザーインターフェース)を簡単にカスタマイズできる「デザインスタジオ」のことです。

ビジネス形態は業界や企業によって異なります。Zoho CRM は、組織内の営業やマーケティング、サポートなど、複数部署で使用されるケースが多いです。その場合、利用部署によって見たい指標や使用する項目、要件が異なります。どうしたら 1つのCRMで、全員のニーズを満たすことができるのでしょうか。

「理想的なCRM」とはどんなものか、考えたことがありますか。
使っていて楽しい・わかりやすい。
そんな夢のCRMを、現実にしませんか?

業界の常識を覆すパワフルなCRMが誕生!

Zoho は、自分だけのために用意されたと感じられるようなパーソナライズされたユーザー体験を提供するために、CRMのデザインを改善する方法を模索した結果、「キャンバス」にたどり着きました。
ユーザー自身が自分の好みに合わせたカスタムデザインを作成でき、「自分にベストなCRM」とすべてのユーザーが感じる、それを叶えるのが、Zoho が独自に生み出したキャンバス機能です。

キャンバス機能の特徴をご紹介します。

Zoho CRM キャンバス機能の特徴

ドラッグ&ドロップでかんたんカスタマイズ:

開発やデザインスキルは一切不要。ドラッグ&ドロップ操作で誰でもかんたんにカスタマイズできます。
デザインテンプレートも豊富にご用意。

デザインテンプレートの例

細部までカスタマイズ可能 :

文字色や余白の調整、タブ表示など、ユーザーの好みに合わせてカスタマイズできる豊富な機能を搭載。

ひと目で情報を把握できるUIを作成:

必要な情報を厳選して表示させることで、情報を探し出す手間を大幅に削減。効率的な業務環境を実現。

blog-canvas-products
h2>あらゆる業種・業態に対応blog-canvas-health-care

Zoho CRMの新機能「キャンバス」をぜひお試しください。

キャンバス機能は、Zoho CRM のすべての有料プランで利用可能。
Zoho CRM Plus 、Zoho One でもご利用できます。
利用範囲や上限などの詳細情報はこちらをご覧ください。キャンバスの設定に役立つヘルプ情報もご用意しています。

Webサイトはこちら: www.zoho.com/jp/canvas

皆様からのフィードバックをお待ちしております。

Akilan S

Akilan は、コンテンツマーケティングを専門とする、Zoho CRMのプロダクトマーケティング担当です。彼は情熱的なクリエーターで、テクノロジー愛好家、スモールビジネスを支持。ゲームと犬が大好き。そして、いつもコーヒーを飲んでいます。

関連記事

Zoho CRM - 2023年秋のアップデート

記事を見る

Zoho CRM - 2023年秋のアップデート

2023年秋、Zoho CRM に新たに加わった数々の新機能の中から注目の機能をピックアップしてご紹介します。

オフィスを完全ペーパーレス化へ! OCR×Zoho CRM連携ならここまでできる。

記事を見る

オフィスを完全ペーパーレス化へ!
OCR×Zoho CRM連携ならここまでできる。

OCRとZoho CRM の連携に得られるメリットとは?OCRとZoho CRM の連携方法について徹底解説します。

2023年Zoho CRM の新機能:ビジネス成長をリードする活用術

記事を見る

2023年Zoho CRM の新機能:ビジネス成長をリードする活用術

AI「Zia(ジア)」への機能追加や営業業務の全般を改善する機能強化など、SFA関連の新機能が多数行われました。2023年にかけてZoho CRM に実装された新機能をご紹介します。

0円から始める会議の日程調整DX化

記事を見る

0円から始める会議の日程調整DX化

日程調整ツールとZoho CRM の連携方法について徹底解説。0円から始めるオンライン会議の日程調整DXについて紹介します。

2022年秋に追加されたZoho CRM の新機能まとめ

記事を見る

2022年秋に追加されたZoho CRM の新機能まとめ

2022年秋、Zoho CRM に新たに加わった数々の新機能の中から注目の機能をピックアップしてご紹介します。

クラウドPBXとは?導入すべき理由と利用メリットを解説

記事を見る

クラウドPBXとは?導入すべき理由と利用メリットを解説

近年、急速に普及しつつあるのがWebチャットやSNSを用いたオンライン接客。それでもなお、顧客から選ばれ続けるコミュニケーション手段の一つに「電話」があります。