見込み客とは

見込み客とは、今すぐ売り上げにつながらないがこれから売り上げにつながる見込みのある顧客を指します。
広告やセミナー、展示会などのさまざまな施策を経て見込み客を獲得し、商談化、受注に向けたアプローチを実施することで、
企業は売り上げを維持、拡大することができます。競合争いが進む昨今において、こうした見込み客の獲得とアプローチを継続的に実施することは企業の命運を左右することでしょう。

Zoho CRMでは、見込み客を管理しながらアプローチを効率的に実施できる環境を提供することで、商談化、受注の獲得をサポートします。

見込み客情報をCRMで
管理するメリット

  •  

    見込み客を獲得した瞬間からアプローチを開始する

  •  

    複数チャネルを通じた多角的アプローチを提供する

  •  

    反応から質の高い見込み客を見極める

  •  

    効率的にナーチャリング(育成)を実施できる

  • 見込み客の獲得

    Webフォーム経由で見込み客を自動登録する

    カタログなどの資料ダウンロードや問い合わせなど、企業のWebサイトにはさまざまなWebフォームが設置されています。Zoho CRMでは、こうした問い合わせを送信するWebフォームを作成できます。

    名前や電話番号、問い合わせ商品など、フォームに設置したい項目は、ドラッグ&ドロップ操作で簡単に設置できます。 Webページに設置されたフォームから送信されたデータは、見込み客タブに自動的に登録されます。登録された際には、指定された担当者にメール通知を送信します。

    CRM 見込み客管理 見込み客管理:Webフォームの作成画面

    名刺スキャン

    名刺交換によって獲得した見込み客情報をZohoの無料名刺スキャンアプリ「Zoho Card Scaner」で撮影し、CRMにさっと登録できます。スキャンされた顧客情報は姓・名、住所、メールアドレスなど各項目に分類してCRMに登録されます。

    詳細はこちら

    動画:スマートフォンアプリで名刺を取り込む様子

    SNSからの見込み客

    SNSの普及によりTwitter、Facebook、 Instagramなどを利用したアプローチが年々重要視されています。Zoho CRMではSNSから直接見込み客を獲得し、CRMに登録できるようになっています。SNS上で接点のあった見込み客をCRMに登録し、アプローチを実施することで、売り上げにつなげましょう。

    詳細はこちら

    CRM 見込み客管理:ソーシャルメディア上の情報を瞬時に把握できる一覧画面
  • 見込み客の分類

    スコアリング

    さまざまな経路から獲得した見込み客に対し、一人ひとりのニーズや興味関心レベルに応じて適切なアプローチを実施する必要があります。Zoho CRMでは獲得経路、企業規模などのCRMに登録された情報やメール開封などのアクションに応じて見込み客をスコアリングし、対応の優先度付けなどアプローチ活動を効果的に実現できるよう支援します。

    詳細はこちら

    CRM 見込み客管理:見込み客のスコアリングルールの設定画面

    担当者の自動割り当て

    CRMに見込み客が登録されると、各担当者に見込み客を自動で割り当てるように設定できます。割り当てられる担当者を商品やエリアなどに応じてルールづけることはもちろん、各担当者を順繰りに割り当てるなどの定義を設定することが可能です。

    詳細はこちら

    CRM 見込み客管理:担当者の割り当てルールの作成画面
  • 見込み客の育成

    メールの自動送信

    ワークフロー機能を利用し、商品やフォームの種類、担当者など、条件に応じて自動的にメールを送信することが可能です。これにより、アプローチを効率化できます。送信されたメールに対する反応をレポート作成し、自動アプローチの改善を実施することも可能です。

    詳細はこちら

    CRM 見込み客管理:ワークフローによるメール自動送信の設定画面

    一括メール送信

    自動送信プロセスとして設定していない場合でも、特定のターゲットメールに対し一括でメールを送信できます。例えば東京エリア限定のキャンペーンの案内なども簡単に送れます。

    CRM 見込み客管理:ターゲットメールの配信先リストの抽出画面
  • コンバージョン(商談化)

    見込み客データの自動変換

    見込み客から商談を獲得した場合には、本格的な営業アプローチが開始されます。

    見込み客を営業に引き継ぐ場合、見込み客情報として登録されている情報を引き継いで商談を作成できます。

    CRM 見込み客管理:見込み客の変換画面
  • 分析

    広告・キャンペーンからのリード分析

    Zoho CRM はGoogle 広告 と連携することでインプレッションから費用、予算収益、ROIまで一元的に管理することができます。この機能によって、商談化が進みやすいある一連のキーワードを見つけ出せるようになります。さらに、感度の高いリードがどの広告から獲得できているのかも確認できます。

    CRM 見込み客管理:Google 広告で獲得した見込み客の分析画面

    分析機能のカスタマイズ

    さまざまな経路で獲得した見込み客のデータから、どの経路の見込み客が一番商談や購入につながっているのかを分析できます。見込み客の獲得経路だけでなく、ステージ軸など複合指標で分析することも可能です。

    CRM 見込み客管理:見込み客のデータ元別の販売ファネル分析画面
×

CRMで顧客管理改革!
アナログから移行すべき理由とは

フォームを送信すると、資料のダウンロードを開始します。

フォーム送信完了

資料をダウンロードいただき
ありがとうございます

閉じる