メモをカードに

タイプが違うメモは、扱い方も変える必要があります。メモのタイプに合わせて、ノートカードのタイプをご用意しました。

  • テキスト
  • チェックリスト
  • 音声
  • 写真
  • ファイル
  • スケッチ
  • スマート
メモをカードに

テキスト

覚えておくべきことは、メモ、リスト、録音、スケッチ、撮影によってテキストカードに残しましょう。詳細はこちら

チェックリスト

専用のチェックリストカードで、やるべきことを把握しましょう。詳細はこちら

チェックリストカード

音声

会議、講義、会話を専用の音声カードで録音しましょう。詳細はこちら

音声カード

写真

写真カードを使って決定的瞬間の撮影、文書のスキャン、画像の保存を行い、あとで利用しましょう。詳細はこちら

写真カード

ファイル

専用のファイルカードで、PDF、Word文書、スプレッドシートなどを追加しましょう。詳細はこちら

ファイルカード

スケッチ

専用のスケッチカードを使って、手書きメモを残したり、視覚的アイデアをスケッチしたりしましょう。詳細はこちら

スケッチカード

スマート

コンテンツをNotebookに保存します。その後、スマートカードを確認し、インテリジェントに体裁を整えて、美しいノートカードを作りましょう。詳細はこちら

スマートカード

覚えておくべきことは、メモ、リスト、録音、スケッチ、撮影によってテキストカードに残しましょう。詳細はこちら

専用のチェックリストカードで、やるべきことを把握しましょう。詳細はこちら

会議、講義、会話を専用の音声カードで録音しましょう。詳細はこちら

写真カードを使って決定的瞬間の撮影、文書のスキャン、画像の保存を行い、あとで利用しましょう。詳細はこちら

専用のファイルカードで、PDF、Word文書、スプレッドシートなどを追加しましょう。詳細はこちら

専用のスケッチカードを使って、手書きメモを残したり、視覚的アイデアをスケッチしたりしましょう。詳細はこちら

コンテンツをNotebookに保存します。その後、スマートカードを確認し、インテリジェントに体裁を整えて、美しいノートカードを作りましょう。詳細はこちら

同期された自分だけのデータ

Notebookはクラウドや他のデバイスと同期するので、消えることはありません。常にバックアップが取られ、最新の状態になっています。

同期された自分だけのデータ

Notebookは無料で利用でき、広告もなし

Zohoが利用者情報を転売することも、広告を表示することもありません。Zohoはビジネスモデルで、お客さまのデータを安全に保存しながらお客さまを最優先に考えて行動することを明言しています。

Linux属性