メールマーケティングソフトウェアとは? 

メールマーケティングソフトウェアは、特に連絡先、コンテンツ、デザイン、法令順守の管理を目的として設計されたデジタルソリューションです。このソフトウェアにはメールの配信、開封率とコンバージョン率の向上を支援するコンポーネントを備えています。 

メールマーケティングソフトウェアが必要な理由

メールマーケティングには、細心の注意が求められる複数のプロセスがあります。しかし、メールマーケティングソフトウェアを使えば、各プロセスをきわめて正確に、高速に処理できます。オーディエンスの区分化、メールマガジンのデザイン、自動メール送信、キャンペーンの追跡など、メールマーケティングツールは各段階で役立ちます。 

ビジネスにメールマーケティングソフトウェアが必要な指標

 

カスタマイズされたつながり 

デジタル化が進んだ現代では、カスタマイズされたつながりが、優れた顧客体験の実現に重要な役割を果たします。メールマーケティングソフトウェアを使えば、メーリングリストの全員に、それぞれの行動に基づいて、関連性の高い独自のメッセージを送信できます。クリックやメールの開封がきっかけとなって、適切な対処ができます。自動化機能により、効率がさらに高まります。 

 

短時間で商談成立 

見込み客が営業ファネルのどの位置にいるかを営業担当者が明確に把握していなければ、すべてが無駄な努力となります。とはいえ、見込み客をつながりの強さと変換の確率に応じて分類するのも、大変な作業です。そこで、メールマーケティングソフトウェアの出番です。メールキャンペーンを通じてオーディエンスをよりよく理解できるため、その結果を中心に営業プロセスが展開することもあります。 

 

安定した投資利益率 

企業が直面する最も切実な課題は、最低限の営業予算と限られた時間で営業活動を推進することです。メールマーケティングは、そうした課題をかんたんに克服できます。お客さまに関する十分なデータと、最新のメールマーケティングアプリケーションがあれば、準備は完了です。少額の投資で、最高の投資利益率を達成します。

 

一貫して柔軟なお客さまとのつながり

多くの企業が競合する環境で、良好な売上を維持するには、オーディエンスの心に残ることがきわめて重要です。これと同時に、表面的なメッセージではお客さまの心をつかめません。これには、メールマーケティングを使うと、あらゆる面でうまくいきます。キャンペーン、クーポン、アンケートなどを通じて、幅広いオーディエンスにかんたんに接触できます。 

メールマーケティングソフトウェアを使うメリット 

法令順守
高い柔軟性
時間短縮
カスタマイズされたつながり 
個別のコミュニケーション
低コスト 
許可に基づく 
投資利益率を測定可能 
効率的な自動化 
詳細な測定基準

メールマーケティングソフトウェアの主な機能

  • 連絡先管理 
  • メールマガジン 
  • 自動化 
  • リアルタイム分析
  • モバイルエディション 

連絡先管理 

メールデータベースをかんたんに整理、拡張できます。Excel、Zoho CRM、Eventbrite、G Suite、SurveyMonkeyなどの各種アプリケーションから連絡先情報をインポートできます。人口統計情報、地理情報、行動などに基づいて、オーディエンスを自動的に区分化できるので、適切なコンテンツを適切なオーディエンスに送信できます。

コンテンツ管理

メールマガジン 

理想的なコンテンツの作成と、美しい見た目で配信することは別問題です。メールマーケティングソフトウェアに付属する返信用HTMLテンプレートとカスタマイズ可能なレイアウトなら、この2つを両立できます。コンテンツを作成し、テンプレートを選び、その2つを組み合わせればメールマガジンが完成します。メールがさまざまなプラットフォームや端末でどのように表示されるのかをプレビューして、必要に応じて変更できます。 

メールマガジン

自動化

自動化が手作業の削減とメッセージの一括送信のソリューションとしてしかみなされない時代はもはや過去のことです。現在のメールマーケティングソフトウェアが備える自動化機能では、さらに多くのことができます。時間を決めてメールを連続送信する、オーディエンスが最も都合の良い時間にメールを送信する、別々のプロセスを1つにまとめて一連の行動として自動化するなどが可能です。メールマーケティングソフトウェアを使って、ニーズに応じて自動化を活用できます。

自動化

リアルタイム分析

当て推量をせずに、データに裏付けられた意思決定をすると、お客さまとのつながりで驚異的な効果が実現します。これこそがメールマーケティングソフトウェアのメリットです。開封数、クリック数、未開封数、ユニーク開封数など、さまざまな測定基準を使うと、今後のキャンペーンやお客さまとのつながりに関連する全般的な戦略に貴重な洞察が得られます。メーリングリストとキャンペーンに関する定期レポートを確認して、利益を拡大して、コースを修正できます。  

分析

モバイルエディション 

外出が多く、データやキャンペーン情報にすばやく、かんたんにアクセスしたいユーザーには、モバイルアプリが必要です。うれしいことに、ほとんどのメールマーケティングソフトウェアソリューションにはモバイルアプリが付属しています。モバイルアプリを利用すると、リストの管理、キャンペーン情報の送信、レポートの表示ができます。さらに、このすべてをオフラインで実行できます。

モバイルエディション
連絡先

初めてメールキャンペーンを送信する際のクイックガイド

  • 1. オーディエンスのメールアドレスを収集します
  • 2. 嗜好、ニーズ、基本情報に基づいて、オーディエンスを区分化します
  • 3. メールを作成します。メッセージをきれいに作成して、イメージテンプレートに組み込みます。最後に適切な件名を付けます
  • 4. メーリングリストを選び、キャンペーン情報を立ち上げます

メールマーケティングの実行 - ベストプラクティス 

メールマーケティングの詳細とソフトウェアソリューションがどれほど有効かがわかったところで、目標の達成に役立つベストプラクティスをいくつかご紹介します。 

連絡先の重視 

  • 同意を表明した連絡先にのみメールを送信します。ダブルオプトインプロセスを使用します。 
  • メーリングリストを定期的に整理して、休眠中または無効な連絡先を削除します。このような連絡先は、利益の損失につながります。 
  • さまざまなカテゴリーをもとにメーリングリストを区分化して、連絡先に関連性が高い、ユニークなキャンペーン情報を送信します。 

コンテンツの作り込み 

  • 件名は明快で簡潔にします。件名を補うよう、必ずプレヘッダーを付けます。
  • 受信者がわかりやすい送信者名を使います。 
  • 派手なものや文字ばかりで冗長なメールマガジンは避けます。画像とテキストを適度な割合に維持します。 
  • リンクが多過ぎてもいけません。さらに、リンクは行動喚起(CTA)ボタンとして埋め込みます。 
  • 登録解除リンクを用意しておくと、連絡先がメーリングリストからの登録解除を選択できます。 

規格順守 

  • 独自のドメインを使ってキャンペーン情報を送ると、連絡先の信頼を獲得できます。
  • SPFやDKIMレコードでドメイン認証を実施します。DMARCポリシー遵守もメリットがあります。 
  • ドメインの評判に注意します。 

次を知りたいですか?Zohoでメールマーケティングの導入を始めてください

Zoho Campaignsは、メールキャンペーン情報の作成、送信、追跡用のメールマーケティングプラットフォームで、あらゆる規模の企業に対応します。Zoho Campaignsは中核的なビジネスアプリケーションとも緊密に連携するので、メールマーケティングの機能をフルに活用できます。区分化、デザイン済みテンプレート、自動返信機能、ワークフローなど、さまざまな機能を備えるため、メールマーケティングをかんたんに、効果的に実施できます。 

無料登録