かんたんにトラブルシューティング。慌てたり、混乱する必要はありません

Webベースのオンデマンドリモートサポートセッションを介して遠隔地の顧客を迅速にサポート。無人リモートアクセスをセットアップし、リモートコンピューターをかんたんに管理できます。完全にセキュアで信頼できます。

無料登録

リモートサポート

オンデマンドまたは瞬時のリモートサポートセッションは、遠隔地の顧客が有人セッションを好む場合や、異なるネットワーク間で定期的に顧客をサポートする場合に不可欠です。詳細はこちら

 

ファイル転送

さまざまなネットワーク経由で接続されたPCと自分のPCとの間で最大2GBのファイルを送受信できます。

 

インスタントチャット

サポートセッション中にリアルタイムチャットを開始することで、顧客にパーソナライズされたサポートを提供できます。

 

セッションの予約

顧客の都合の良いときにリモートサポートセッションを予約できます。さまざまなタイムゾーンを対象にサポートセッションを計画できます。

 

マルチモニターナビゲーション

複数のモニターを使用してかんたんに作業できます。手間をかけずにリモートコンピューターの複数のモニター間を移動できます。 

 

リモート印刷

リモートコンピューターからローカルコンピューターに接続されたプリンターへ、ファイルを安全に印刷できます。

 

再起動と再接続

セッション中にいつでもコンピューターをリモートで再起動し、実行中のセッションを終了することなく自動的に再接続できます。

無人リモートアクセス

無人アクセスまたは無人リモートアクセスによって、遠隔地の顧客がアクセス先に存在していない場合でも、あらゆる場所のコンピューターを管理することができます。WindowsとMacの両方で動作し、複数の展開オプションがあります。詳細はこちら

 

一括展開

無人アクセスインストーラーを一度に複数のリモートシステムに展開でき、作業時間が短縮されます。

 

Wake on LAN

コンピューターが休止状態やスリープ状態、あるいは完全に電源オフの状態でも、ワンクリックでコンピューターの電源をリモートでオンにすることができます。詳細はこちら

Learn more
 

リモート電源オプション

リモートアクセスセッションを開始する必要なく、シャットダウン、再起動、ログオフ、ロック、休止、スタンバイなどの電源操作を実行できます。

 

コンピューターのグループ化

場所、機能、アクセス権限など、お好みの基準に従ってコンピューターを編成できます。

 

セッションの確認

コンピューターで無人アクセスセッションを開始する前にリモートエンドに表示するセッション確認プロンプトを設定できます。

 

セッション記録

セッション中に実行された活動記録をセッション記録に保持し、内部監査、トレーニングセッションなどに活用できます。

Learn more

画面共有

オンラインミーティング、デモ、またはトレーニングのために、顧客とリアルタイムにオンラインでコラボレーションできます。Zoho Assistでは、さまざまなデバイスやオペレーティングシステム間で瞬時に画面を共有できます。詳細はこちら

 

セッションの予約

顧客の都合の良いときに画面共有セッションを予約できます。さまざまなタイムゾーンを対象にサポートセッションを計画できます。

 

画面の切り替え

いずれかの参加者にプレゼンテーターの役割を委任すれば、この参加者はすぐに自分の画面を配信できるようになります。

 

注釈 

描画、テキストの追加、図形の挿入により、リモートデスクトップ画面の特定の領域を強調できます。

 

モバイルサポート

AndroidやiOSの端末に対応するZoho Assistモバイルアプリを使用すれば、ワンタップで端末の画面全体を共有できます。

セキュリティ

Zoho Assistは完全にWebベースなので、どの端末でも事前インストールを必要としません。ローカルネットワークの内外にある任意のコンピューターに接続できます。主要なWebプロキシーやファイアウォールをトラバースでき、業界標準のセキュリティによって保護されています。詳細はこちら

 

2要素認証

SMS、タイムベースOTPなどの追加の検証プロセスでセキュリティレベルを高めることで、アカウントを保護します。

 

Webベースのソリューション

安全なWebベースのソリューション。何かをインストールする必要も、ソフトウェアをダウンロードする必要も、アップグレードについて心配る必要もありません。

 

アクションログビューアー

組織内の予定を追跡。ログをエクスポートし、監査や管理のために保存できます。

 

ファイアウォールに対応

どこからでもすばやくかんたんにリモートPC、タブレット、端末にアクセスでき、特別なファイアウォール設定は不要です。

 

SSLと256ビットAES暗号化

エンドツーエンドのSSLとAES 256ビット暗号化により、エンドユーザーとの通信を安全に暗号化します。

 

休止セッションのタイムアウト

休止セッションにタイムアウトを設定すれば、何も行われていないセッションが放置されません。あらかじめ設定した時間以上が経過すると、セッションは自動的に終了されます。

カスタマイズ

Zoho Assistでは、技術者をかんたんに追加・管理できます。アカウントのリブランディング、セッションの詳細レポートの取得、ブランドアイデンティティの維持もお安い御用です。Webサイトにカスタマーウィジェットを埋め込めば、顧客がセッションにかんたんに参加できるようになります。 詳細はこちら

 

ユーザー管理

管理者によるユーザー管理、ユーザーへの役割と権限の割り当て、組織の技術者への無人グループアクセスの提供を支援します。

 

リブランディング

ブランドロゴや会社名を挿入し、ポータルURLをカスタマイズすることで、Zoho Assistをリブランディングし、ブランドアイデンティティを維持できます。

 

カスタマーウィジェット

Webページにカスタマーウィジェットを埋め込めば、顧客がWebページから直接セッションに参加できます。

 

レポート

過去数か月のサポートセッションの詳細を表示、分析、ダウンロードできます。幅広いカスタム表示から選択し、リモートサポートの詳細を視覚的に分析できます。

 

メールテンプレート

リモートサポート、無人サポート、画面共有のセッション用に、組織の方向性に合わせて新しいテンプレートを作成することも、デフォルトのテンプレートを使用することもできます。

 

部門

組織内に複数の部門を作成します。各部門には、独自の技術者、メールテンプレート、メール設定、連絡先を設定できます。

連携

Zoho Assistは、Zoho Desk、Zendesk、G Suiteなど主要なヘルプデスクソフトウェアと連携します。これらの連携により、遠隔地の顧客にすばやく接続し、リモートトラブルシューティングを大幅に簡素化することができます。詳細はこちら

 

ITSMやサービスデスクソリューションとの連携

ServiceNow、Zendesk、Zoho Deskなどの主要なヘルプデスクソリューションとの連携機能が事前に組み込まれています。

 

APIドキュメント

カスタムアプリを開発することも、使用しているITSM、サービスデスク、ヘルプデスク、CRMソリューションにリモートサポート機能を埋め込むこともできます。

詳細はこちら
 

iOS/Android向けモバイルSDK

ZohoのモバイルSDKで、オンデマンドリモートサポート機能と無人アクセス機能をAndroidまたはiOSアプリに埋め込むことができます。

外出先でもあらゆるユーザーをリモートサポート

もはやワークステーションに拘束される必要はありません。携帯電話をタップして、遠隔地の顧客のサポートを開始し、いつでも無人コンピューターを管理できます。詳細はこちら

かんたんにトラブルシューティング。慌てたり、混乱する必要はありません

無料登録