アイデアをコンセプトの段階から短期間で市場に投入

どのような製品もアプリもサービスも、オーディエンスの感じ方次第です。マーケティングチームがターゲット顧客にコンタクトしようとする際、Zoho Projectsがそのプロセスをよりかんたんに、より楽しいものにしてくれます。創造的なプロジェクトのタイムラインを明確に設定し、確かな計画を立てて実行することで、結果に大きな違いが生まれます。

無料登録

マーケティングに必要なこと

 
アイデアについてよく話し合う

マーケティングを行うべき次の大きなアイデアは、世の中にあふれていて、発見されるのを待っています。マーケティングに必要なのは、ブレインストーミングを行い、さまざまなアイデアを検討し、よく練り上げられた計画について合意に達することです。貢献することを奨励するチームは、メンバーの満足度が高くなります。

 
創造力を妨げない

確かなマーケティング計画が策定されたら、それに深く関わる必要があります。文書の作成はマーケティングの主要な部分であり、創造的な作業と同様、集中するための空間と細部への注意が必要です。

 
スケジュールを明確に

予期しない緊急の作業が発生することはあり得ますが、それを普通のことと考えてはいけません。次の四半期、あるいは最低でも翌月のスケジュールを明確にすることは、事前に計画を立てて、一歩先を行くうえで不可欠です。

 
タイムリーに通知

繁忙期中や立ち上げの時期が近いときは、期日の追跡が難しくなることがあります。期日に間に合わないと、個人もチームも大きな代償を払うことになります。期日を守り、緊急性の高い作業と低い作業を常に把握しておくことが重要です。

マーケティングにZoho Projectsを利用するべき理由

  • 計画と目標の明確化
  • チーム満足度の向上
  • 豊富な文書化機能
  • 深い洞察
  • シンプルなプロセス
  • デスクワークから解放

目標の定義が明確でないと、よく練られた計画であっても完了には苦労を伴います。キャンペーンをマイルストーン、タスクリスト、タスク、サブタスクに細分化して、それぞれの目標に期日と優先度を設定し、作業項目のそれぞれに説明とコメントを付けることで、重要な進展の過程を把握できます。カレンダービューは自身に関連した事項を視覚化し、予定を事前に計画できるよう支援します。

チームの満足度が高いと、より良い結果が生まれます。やりがいのある仕事を適量割り当てることで、従業員の高い満足度を維持します。リソース使用率チャートを使用して、仕事量が多すぎる従業員と少なすぎる従業員を特定し、必要に応じて配分を変更します。プロジェクトに関する話し合いをオンラインで行うことで、メンバー全員が自由にアイデアを共有できるよう促します。プロジェクトをゲーム形式にして、結果に応じて報酬を提供することもできます。

Zoho Projectsは、Zoho Docsと効果的に連携できます。ライター向けのさまざまなモードを利用して、洗練された文章を作成できます。作業が完了したら、ピアレビューもできます。メールのスレッドで何度もやり取りする必要はありません。レビュアーは文書に直接コメントを入力でき、作成者と共同で作業できます。スプレッドシートデータの保存、クライアントにアイデアを売り込むためのプレゼンテーションの作成など、すべてをZoho Docsで行えます。

時間とリソースを最大限に活用するには、進捗状況とボトルネックを追跡することが重要です。予算の確認、重要タスクの管理、プロジェクト全体の進捗状況をダッシュボードに表示し、計画と実際の対比チャートで進捗を分析し、他にも各種タスクを選択して、貴重な洞察を得られるレポートを作成できます。

繰り返しのタスクフローを毎回手動で設定しなければならないと、時間の浪費とエネルギーの消耗につながります。同じようなプロセスのタスクは、ブループリントを設定することで、時間を大幅に節約できます。また、同じようなキャンペーンが連続している場合は、テンプレートを作成することで、毎回最初から作成せずにすみます。固有のニーズがあるプロジェクトの場合、カスタマイズした項目やステータスを作成することで、最も効果的に把握できます。

アイデアは、時間や場所に関係なく浮かんでくるものです。Zoho Projectsは、すべてオンラインに対応しているので、一日中デスクにいる必要はなく、生産性の向上に役立ちます。Apple端末とAndroid端末向けネイティブアプリは、端末を切り替えてもシームレスに使用できるように構築されています。

  • 計画と目標の明確化

    目標の定義が明確でないと、よく練られた計画であっても完了には苦労を伴います。キャンペーンをマイルストーン、タスクリスト、タスク、サブタスクに細分化して、それぞれの目標に期日と優先度を設定し、作業項目のそれぞれに説明とコメントを付けることで、重要な進展の過程を把握できます。カレンダービューは自身に関連した事項を視覚化し、予定を事前に計画できるよう支援します。

  • チーム満足度の向上

    チームの満足度が高いと、より良い結果が生まれます。やりがいのある仕事を適量割り当てることで、従業員の高い満足度を維持します。リソース使用率チャートを使用して、仕事量が多すぎる従業員と少なすぎる従業員を特定し、必要に応じて配分を変更します。プロジェクトに関する話し合いをオンラインで行うことで、メンバー全員が自由にアイデアを共有できるよう促します。プロジェクトをゲーム形式にして、結果に応じて報酬を提供することもできます。

  • 豊富な文書化機能

    Zoho Projectsは、Zoho Docsと効果的に連携できます。ライター向けのさまざまなモードを利用して、洗練された文章を作成できます。作業が完了したら、ピアレビューもできます。メールのスレッドで何度もやり取りする必要はありません。レビュアーは文書に直接コメントを入力でき、作成者と共同で作業できます。スプレッドシートデータの保存、クライアントにアイデアを売り込むためのプレゼンテーションの作成など、すべてをZoho Docsで行えます。

  • 深い洞察

    時間とリソースを最大限に活用するには、進捗状況とボトルネックを追跡することが重要です。予算の確認、重要タスクの管理、プロジェクト全体の進捗状況をダッシュボードに表示し、計画と実際の対比チャートで進捗を分析し、他にも各種タスクを選択して、貴重な洞察を得られるレポートを作成できます。

  • シンプルなプロセス

    繰り返しのタスクフローを毎回手動で設定しなければならないと、時間の浪費とエネルギーの消耗につながります。同じようなプロセスのタスクは、ブループリントを設定することで、時間を大幅に節約できます。また、同じようなキャンペーンが連続している場合は、テンプレートを作成することで、毎回最初から作成せずにすみます。固有のニーズがあるプロジェクトの場合、カスタマイズした項目やステータスを作成することで、最も効果的に把握できます。

  • デスクワークから解放

    アイデアは、時間や場所に関係なく浮かんでくるものです。Zoho Projectsは、すべてオンラインに対応しているので、一日中デスクにいる必要はなく、生産性の向上に役立ちます。Apple端末とAndroid端末向けネイティブアプリは、端末を切り替えてもシームレスに使用できるように構築されています。

Zoho Projectsでさらに成果を上げる

フィードを通じて即座にフィードバックを得られます。ブレインストーミングを始めましょう。
文書の作成、レビュー、修正、仕上げのすべてがZoho Docsでできます。
計画の表示と編集、ミーティングの予約、いつ何をすべきかの確認ができます。
タスクのリマインダーを設定すれば、期日に遅れることはありません。
ブループリントを設計して、タスクワークフローを自動化できます。
リソース使用率チャートを使って、チームメンバーの空き状況を把握できます。
包括的なダッシュボードをモニタリングして、プロジェクトの概要を把握できます。
遊びながら仕事をし、仕事しながら遊びませんか。プロジェクトをゲーム形式にできます。

連携

各種Zohoアプリやその他の外部サービスアプリで、さらなるメリットを得られます。

  • Zoho Docs
  • Zoho CRM
  • Zoho Analytics
  • Zoho Meeting
  • Zoho Projects
  • Googleカレンダー
  • Dropbox
  • Googleドライブ
  • Slack
その他の連携

For our creative agency it really transcends what a project management tool is by allowing us to be completely efficient, organized, and flexible.

Jon AndersonAnderson Creative, Creative design and strategy

計画を開始し、競争に打ち勝つ

ユーザー登録