アプリケーション開発とは

アプリケーション開発とは、ビジネスが求めるさまざまなタスクを実行するためのコンピュータープログラムやプログラムセットを作成するプロセスです。月次経費の計算から営業レポートの予約まで、アプリケーションはビジネスのプロセスの自動化と効率化を支援します。すべてのアプリ構築プロセスは、要件を収集し、プロトタイプを設計し、テストし、実装し、連携するという同じ手順に従います。

名前は違っても目的は同じ

カスタムアプリケーション開発

既製のソフトウェアでは特定のビジネス要件を満たせない場合、最善の選択肢はカスタマイズすることです。アプリを構築する開発者を採用するか、自身でさまざまなことができるツールを使用して自身で構築します。

詳細はこちら

高速アプリケーション開発

RAD(高速アプリケーション開発)モデルは、インクリメンタルアプローチに従います。アプリケーションの個別のタブを同時に開発することで、最終製品をより迅速に提供できます。

詳細はこちら

ローコードアプリケーション開発

ローコードプラットフォームには直感的で視覚的なインターフェイスが含まれ、プログラマーでなくても、かんたんにアプリの構築と立ち上げができます。自動化されたワークフローを設計するため、コードのスニペットをドラッグ&ドロップして、ビジネスロジックに基づき修正できます。

詳細はこちら

モバイルアプリケーション開発

モバイルアプリケーション開発は、モバイルプラットフォーム(AndroidとiOS)で動作するアプリを作成するプロセスです。必要なことすべてを指先だけで実行でき、スマートフォンで在庫の管理や即時更新ができます。

詳細はこちら

データベースアプリケーション開発

データベースアプリケーションは、情報を効率的に収集、整理、管理できるよう設計されています。条件によってデータを並べ替え、計算を実行し、レポートを作成し、チームメンバーと情報を共有できます。

詳細はこちら

エンタープライズアプリケーション開発

エンタープライズアプリケーション開発は、大規模組織に合わせて開発されたソフトウェアの種類です。大量のデータストレージや複雑なビジネスプロセスの自動化など、エンタープライズレベルの機能をサポートします。

詳細はこちら

Webアプリケーション開発

Webアプリケーション開発は、Webサーバー上でホストされるという特定の目的で開発されたソフトウェアです。携帯電話やラップトップ、デスクトップなどのインターネット対応端末を使用してアクセスできます。Webアプリケーションの例として、オンラインバンキングサイトやeコマースWebサイト、ソーシャルネットワークが挙げられます。

詳細はこちら

Zoho Creatorとは

各ビジネスチームにはプロセスを管理する固有の方法があり、それに完全に合ったパッケージソフトウェアアプリケーションはありません。だからこそ、Zoho Creatorなどのプラットフォームが役に立ちます。Zoho Creatorを使用することで、最低限のプログラミング知識をもつ人なら誰でも、自身でアプリを作成して立ち上げることができます。

Zoho Creatorで独自のWebアプリとモバイルアプリを構築

ユーザー登録