バグをより最適に管理

重大度や期限などの詳細情報とともにバグをすばやく記録し、ユーザーに割り当て、フォロワーを追加する、これらがすべて1つの画面でできます。すべてのバグを表示する統合ビューを使用して、レポートやマイルストーンでチームの進捗を追跡しましょう。

詳細はこちら
Kanban view of bugs

バグを自動管理

BugTrackerの設定には、管理者が更新情報やメール通知をトリガーし、事前に設定されたルールが満たされた場合にサードパーティアプリケーションを呼び出すオプションが用意されています。また、取引の条件を確実に満たせるように、SLAを自動化できます。

詳細はこちら

カスタマイズ機能

バグのステータスや項目をカスタマイズすることで、BugTrackerのUIをカスタマイズしましょう。固有のプロジェクト実行方法を反映できるよう、バグに関連するワークフローとリンクを設定できます。また、同僚へ送信する自動メールに一工夫加えたり、テンプレート作成時に自身で下書きしてプレースホルダーを挿入したりできます。

詳細はこちら

会話を絶やさない

インタラクティブフォーラムやニュースフィードなどのコラボレーションツールセットを使って話し合いを始めたり、アイデアを共有したりすることで、コラボレーティブなプロジェクトを実現しましょう。

詳細はこちら

作業履歴から請求書を作成

請求書作成や経費計算のために作業を中断する必要はもうありません。タイムシート機能により、すべてのチームメンバーが支払い請求可能な時間と請求不可能な時間の両方を記録できます。BugTrackerに組み込まれたZoho Invoiceとの統合機能により、請求書生成プロセスや経費報告書作成プロセスを自動化できます。

詳細はこちら

すべてのファイルを一元的に管理

さまざまなファイルタイプの作成、アップロード、保存を一元的に行うことで、チームとしてより効率的に業務を進められます。またすべてのドラフトを1つのファイルとして保存することで、業務を効率化できます。

詳細はこちら

ユーザーの効率的な管理

モジュールの作成、ユーザーの役割の割り当て、権限の設定を行うための独自のスペースをすべての開発チームに提供しましょう。Zoho BugTrackerでは管理者が完全に主導権を握り、プロジェクトを詳細に把握することができます。

詳細はこちら