バグ管理を自動化

BugTrackerの設定には、管理者が更新情報やメール通知をトリガーし、事前に設定されたルールが満たされた場合にサードパーティアプリケーションを呼び出すオプションが用意されています。バグ追跡ソフトウェアを一貫して使用するのが、優れたソフトウェア開発チームの特長です。

詳細はこちら

バグビュー

効果的なカスタムビューを使ってバグを体系化・管理することで、重要なタスクに注力し、顧客に最高の製品を提供することができます。すべてのバグを表示する統合ビューを使用して、レポートやマイルストーンでチームの進捗を追跡しましょう。

詳細はこちら

ファイル共有

さまざまなファイルタイプのファイルを1か所で作成・アップロード・保存し、チームとして連携しましょう。すべてのドラフトバージョンを単一のファイルとして管理することで、作業がかんたんになります。BugTrackerでは、Zoho DocsやGoogleドキュメントのファイルを添付することもできます。

詳細はこちら

バグのダッシュボード

BugTrackerが提供するコラボレーティブなダッシュボードでは、プロジェクトの進捗についての最新情報を確認し、チームの現状を把握することができます。タスクやバグに関するレポート、今後のイベントやマイルストーン、タイムシートの概要が一目瞭然です。

詳細はこちら

インタラクティブなフォーラム

インタラクティブなディスカッションフォーラムで議論を開始し、アイデアを共有して、意見交換を続けることで、コミュニティを構築しましょう。開発チームとの情報交換を通じて大きなアイデアを実現させることができます。

詳細はこちら

GitHub連携

Gitは非常に非常に高速で効率的な分散型バージョン管理システムであり、コラボレーションによるソフトウェア開発に最適です。プルリクエストを送信し、すべての公開/非公開リポジトリを管理することで、他者とコラボレーションを行うことができます。

詳細はこちら

Bitbucket連携

ソースコードをホストし、オンラインでバグを管理・修正する必要がある場合、このソリューションが最適です。Bithucketとの新たな連携により、GitとMercurialのリポジトリのホストや管理、ソースのコミットの確認、コード変更をZoho BugTrackerで行うことができます。

詳細はこちら

ユーザー管理

モジュールの作成、ユーザーの役割の割り当て、権限の設定を行うための独自のスペースをすべての開発チームに提供しましょう。Zoho BugTrackerでは管理者が完全に主導権を握り、プロジェクトを詳細に把握することができます。

詳細はこちら

SLAの自動化

サービス内容合意書(SLA)を使用して、顧客の適切な期待を設定し、それを上回る成果を上げることができます。目指す目標を定義し、エスカレーションの相手とタイミングを指定して、保証内容を必ず守るようにしましょう。

詳細はこちら