課題・バグ管理の自動化

管理者はBugTracker の設定により、バグ修正のアップデートやメール通知のプロセスを自動化できます。また、Webhookにより、サードパーティサービスと連携することもできます。

詳細

課題ビュー

カスタムビューを作成して、バグや課題を整理して一覧表示できます。重要なタスクに集中することで、商品・サービスの質の向上につながります。すべての課題を表示できる一覧ビューや、レポート、マイルストーンでプロジェクトの進捗状況を常に把握できます。

詳細

ファイル共有

さまざまな種類のファイルを単一の場所から作成、アップロード、保存して、チームと共有しましょう。すべてのバージョンを保持しながら、1つのファイルとして管理できます。Zoho Docs やGoogle ドキュメントからファイルを直接添付することもできます。

詳細

ダッシュボード

ダッシュボードで、プロジェクトの進捗状況、チームの最新状況などを把握できます。タスクや課題、今後のイベントやマイルストーン、工数表の要約などを確認できます。

詳細

フォーラム

フォーラムでは、トピックを投稿したり、アイデアを議論したりできます。

詳細

GitHub連携

Git はソフトウェアの共同開発にておいて威力を発揮する効率的なバージョン管理システムです。Zoho Bugtracker はGitHubと連携します。

詳細

Bitbucket連携

Bithucketとの連携により、ソースコードをホストし、オンラインでバグを管理、修正が可能です。GitとMercurialのリポジトリの管理が可能です。

詳細

ユーザー管理

管理者は、ユーザーの追加と役割の割り当て、権限の設定を行うことができます。

詳細

SLAの自動化

SLA(Service Level Agreement)機能により、お客さまに期待以上の品質とサービスを提供しましょう。目標とエスカレーションルールを設定し、サービスの品質保証を徹底できます。

詳細