無人リモートアクセス

無人リモートアクセスでは、管理するリモートコンピュータやサーバーに、軽いエージェントソフトを事前インストールします。リモートソフトがインストールされると、いつでもそれらのコンピューターに接続して、トラブル管理や解決を行えます。ITの専門家や社内技術者にとっては、無人アクセスは欠かせない存在です。

コンピューターをグループで管理

企業アカウントで設定したコンピューターを、簡単に管理できます。それらをグループ化して、名前を付けることができます。遠隔のコンピューターを整理して、業務効率を改善しましょう。

追加履歴を管理

アカウントに複数の技術担当者がいるとき、コンピューターを追加したユーザーと日付を知ることが重要です。技術担当者が一人であっても、追加日時を把握するのは必要になるでしょう。クリックだけでこれらの情報を取得できます。

グループ権限の定義&アクセス認証

複数の技術担当者と多数のコンピューターを管理するために、コンピューターグループのアクセス権限を定義する必要があります。そうすることで、業務プロセスを明確に割り当てられます。Zoho Assistでは、各技術担当者がアクセスできるコンピュータグループを簡単に設定できます。.

エージェントソフトの展開を簡単に

エージェントソフトをすばやく展開して、ネットワーク上のコンピューターをすばやく構成できます。ワークグループやActive Directoryが有効な場合は、Windows GPOで、コマンドプロンプトや起動スクリプトを使用すると、簡単に展開できます。

セッションの確認

セッションの確認機能を利用して、コンピュータに無人アクセスしようとすると、リモートのお客さまから同意を確認できます。リモート地の環境が、HIPAAの基準に従っている場合は、特に役立つでしょう。

注:インスタント・リモート・サポートに記載されている、ファイル転送、マルチモニター・ナビゲーション、再起動&再接続、送信、Ctrl+Alt+Del、セッション・ノート、UAC互換性、クリップボード共有は、リモート・サポートと無人アクセスの両方に共通しています。