無人リモートアクセス

無人リモートアクセスでは、管理するリモートコンピューターやサーバーに軽量なエージェントをインストールしておく必要があります。リモートエージェントがインストールされると、これらのコンピューターにいつでも接続して作業できます。MSPまたはカスタマーサポート担当者の場合、無人リモートアクセスソフトウェアは不可欠です。

無料登録

一括展開がかんたんにできる

Zoho Assistの一括展開プロセスを使用して、大規模な端末グループの無人リモートアクセスを設定します。DistributorやStart-upスクリプトを使用して、リモート端末に無人リモートエージェントをインストールできます。詳細はこちら。 

診断ツール

タスクマネージャーを使用してアクティブなタスクを確認する、コマンドプロンプトを開く、各コンピューターに関連付けられているグループ、ハードウェア、プリンター、サービス、ソフトウェア、ユーザーのステータスを分析するなど、ネイティブシステム診断処理を実行します。

セッション確認での同意ベースアクセス

ユーザーのプライバシーを保護することは、HIPAAに準拠するための重要な要素です。セッションの確認で、顧客が無人のリモートサポートセッションを開始することに同意できるようにします。タイムアウト制限と確認メッセージをカスタマイズすることもできます。

Session Confirmation

Wake on LAN

オフライン状態のコンピューターへのアクセスにお困りですか?Wake on LANを使えば、スリープ状態や電源オフ状態のコンピューターをワンクリックでオンにできます。Wake on LAN機能は、他の方法ではアクセスできないコンピューターへのアクセスに大いに役立ちます。詳細はこちら

Wake on LAN

リモートでのシャットダウン・再起動など

リモートデスクトップをオフにする場合は、セッションを毎回開始する必要がありますか?リモート電源オプションを使用すれば、無人アクセスデスクトップにアクセスすることなく、シャットダウン、再起動、ログオフ、ロック、休止、スタンバイなどの電源操作を実行できます。

 Remote reboot
Computer grouping

コンピューターをグループ化して整理しておく

物事を整理しておくのは、良い習慣です。組織のアカウントで設定されたコンピューターは、グループ化、並べ替え、名前付けなどのかんたんな方法で整理できます。

グループの権限を定義して、アクセスを許可

複数の技術者と大量のコンピューターを管理することは、混乱を招きます。グループの権限を使用して、各技術者にアクセスを許可しているコンピューターグループを定義することで混乱を軽減します。

Group permissions

かんたんにトラブルシューティング、慌てたり、混乱する必要はありません

無料登録