Zoho Mail - POP設定の詳細

Zoho Mail - POP設定の詳細

POPまたはPost Office Protocolを使用すると、あらゆるメールクライアントでメールにアクセスできます。POPは、一方向のメールの取得を実行し、メールクライアントとサーバー間で同期は行われません。POP/SMTPサーバー設定を提供する、標準POPメールクライアントで、Zoho Mailを設定できます。

メールクライアントでZoho Mailアカウントを設定する前に、アカウントのPOPアクセスを有効にする必要があります。次のリンクでは、一般的なメールクライアントでの設定手順を説明しています。 

Outlook | Thunderbird | Apple Mac Mail | Blackberry

POPと比較したIMAPの利点

POPの代わりに、IMAP(インターネットメッセージアクセスプロトコル)を使用することも可能です。IMAPとPOPはどちらも、Outlook、Thunderbirdなどの外部アプリケーションでメールを読むことを可能にする、メールプロトコルです。

Zoho Mailは、IMAPとPOPの両方をサポートしていますが、IMAPにはPOPよりも多くの利点があります。

POP

IMAP

POPの場合、1つのデバイスからのみメールにアクセスできます。

IMAPの場合、複数のデバイスからメールにアクセスできます。

一方向の通信:

  • サーバーとクライアントの間で同期を行わずに、メールをサーバーから取得します。
  • メールの既読/未読のステータスは、維持されません。
  • メールに対して実行されたアクション(削除、移動など)は、その特定のクライアントにのみ反映されます。

双方向の通信:

  • サーバーとさまざまなメールクライアントの間で、メールが常に双方向に同期されます。 
  • メールの既読/未読のステータスは、維持されます。
  • メールに対して実行されたアクション(削除、移動など)は、すべてのデバイスに反映されます。

[サーバーにコピーを保存する]オプションを指定しない限り、ダウンロードされたメールはサーバーから削除されます。

メールは常にサーバー上にあるため、必要なときにいつでもアクセスできます。

メールは、バックアップされません(手動でバックアップした場合を除く)。

メールは、後で取得できるように自動的にバックアップされます

POPの場合、メールはデバイスにダウンロードされるため、ローカルのストレージ容量を大量に消費します。

IMAPの場合、メールはリモートサーバーに保存されるため、ローカルのストレージ容量を大量に消費せずに済みます

IMAPの詳細については、ここをクリックしてください。

 POPアクセスを有効にする

他のPOPクライアントでアカウントへのアクセスを開始するには、Zoho MailアカウントのPOPアクセスを有効にする必要があります。POPアクセスは、最初から、または特定の日以降の、すべてのメールに対して有効にできます。 

  1. Zoho Mailにサインインしてください。
  2. [設定]を選択してください。
  3. [メールアカウント]>>[POPアクセス]に移動してください。 
  4. POPアクセスは、次の2つのモードで有効にできます。
    • すべてのメール - アカウント内のすべてのメールに対して、POPアクセスが有効になります。設定したPOPクライアントに、すべてのメールがダウンロードされます。
    • 今後受信するメール - ユーザーがPOPアクセスを有効にした時点以降に到着するメールに対して、POPアクセスが有効になります。設定したPOPクライアントには、新しいメールのみがダウンロードされます。

 Zoho MailのPOP設定

次に示すPOPの詳細を使用して、あらゆる標準的なPOPクライアントに、Zoho Mailアカウントを設定できます。完全なZohoアカウントのメールアドレスは、メールアドレス項目とユーザー名項目の両方に、正しく入力する必要があります。2段階認証が有効になっている場合は、メールクライアントでアプリケーション固有のパスワードを作成して使用してください。 

受信サーバー設定:(メールアドレスがusername@zoho.comの個人ユーザー)

受信サーバー名:pop.zoho.com
ポート:995
SSLの要否:必要
ユーザー名:username@zoho.com

受信サーバーの設定:(ドメインを使用したメールアドレスを持つ組織ユーザーyou@yourdomain.com

受信サーバー名:poppro.zoho.com
ポート:995
SSLの要否:必要
ユーザー名:you@yourdomain.com 

送信サーバーの設定: 

送信サーバー名:smtp.zoho.com
ポート:465、SSLまたは
ポート:587、TLS
認証の要否:必要

ユーザー名:完全なZoho Mailアカウントのメールアドレス。ドメインがZohoでホスト登録されている場合は、ここでyou@yourdomain.comと入力してください。

メールアドレス:完全なZoho Mailアカウントのメールアドレス。ドメインがZohoでホスト登録されている場合、you@yourdomain.comと入力してください。

パスワード:Zohoアカウントのパスワード

アカウントで2段階認証が有効になっている場合は、他のデバイスでアカウントを設定するためにアプリケーション固有のパスワードが必要になることがあります。 

注:

フェデレーションサインインユーザーの場合、アカウントに「Zoho」専用のパスワードがありません。accounts.zoho.comページの[パスワードを忘れた場合]リンクを使用して、Zohoのアカウント用のZoho固有のパスワードを作成してください。フェデレーションサインイン認証情報は、POP/IMAP/Active Syncアクセスでは機能しません。 

 POPダウンロードに、迷惑メッセージを含める

POP取得に、迷惑メッセージを含めることもできます。Zoho Mailでは、POP取得に迷惑メッセージを含めるか、迷惑メールのみを取得するかを選択できます。メールクライアントを完全に信頼していて、既知の連絡先から受信したメールの一部がさまざまな理由により迷惑メールとして分類される場合は、POP取得に迷惑メールを含めることができます。 

  1. Zoho Mailにサインインしてください。
  2. [設定]を選択してください。
  3. [メールアカウント]>>[POPアクセス]に移動してください。 
  4. POPアクセスを有効にした後、迷惑メッセージを含めるオプションを選択できます。
    • POPクライアントで迷惑メッセージを取得するには、[迷惑フォルダーを含める]をオンにしてください。
    • POPクライアントで迷惑メッセージを受信しないようにするには、[迷惑フォルダーを含める]をオフにしてください。

 Zoho MailのPOP削除設定

POP経由でダウンロードしたメールが削除に設定されている場合は、サーバーからメールを削除するか、サーバーにメッセージを残しておくかを選択できます。POPクライアントで「サーバーからのメールの削除」を選択すると、クライアントはそのメールをサーバーで削除対象として設定し、POPキューから削除します。ただし、Zoho Mailでは、クライアントがメールを削除対象として設定した場合でも、メールをサーバーに残すことを選択できます。  

  1. Zoho Mailにサインインしてください。
  2. [設定]を選択してください。
  3. [メールアカウント]>>[POPアクセス]に移動してください。 
  4. POPアクセスを有効にした後、POP削除の設定を選択できます。
    • POPクライアントがメールを取得した後にアカウントの元のメールを削除するには、[メールの自動削除]をオンにしてください。
    • POPクライアントがメールを取得してもアカウントの元のメールを削除しないようにするには、[メールの自動削除]をオフにしてください。

 POPアクセスの無効化

POP取得の停止を選択すると、いつでもアカウントのPOPアクセスを無効化できます。 

  1. Zoho Mailにサインインしてください。
  2. [設定]を選択してください。
  3. [メールアカウント]>>[POPアクセス]に移動してください。 
  4. [POPアクセス]セクションで[無効化]をクリックし、POPアクセスを無効にしてください。
注:

新しく登録したユーザー(無料プラン)の場合、POPアクセス機能は使用できません。詳細については、こちらを参照してください。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com