役割と権限 - Zoho Mailコントロールパネル

役割と権限

Zoho Mailで使用できる役割は、特権管理者、管理者、ユーザーです。組織のメンバーは、要件に基づいてZoho Mail内でさまざまな役割を担うことができます。 

特権管理者は、Zoho Mailでドメインを登録して設定するユーザーです。ユーザーはエンドユーザーであり、メールにアクセスするだけで、ユーザーの追加などの管理機能は必要ありません。管理者は、特権管理者に加えて、組織内のユーザーを管理する必要があるユーザーに提供される役割です。

特権管理者は、他のユーザーに管理者権限を付与したり、組織の特権管理者を組織内の別の管理者に変更したりできます。

 ユーザーから管理者への役割変更

  1. 特権管理者としてhttps://mailadmin.zoho.comにサインインし、[コントロールパネル]にアクセスしてください。
  2. [ユーザーの詳細]をクリックしてください。 
  3. 管理者に役割を変更するユーザーを選択してください。
  4. [役割の変更]>>[管理者]をクリックしてください。 

 管理者からユーザーへの役割の変更

  1. 特権管理者としてhttps://mailadmin.zoho.comにサインインし、[コントロールパネル]にアクセスしてください。
  2. [ユーザーの詳細]をクリックしてください。 
  3. ユーザーとして設定するユーザーを選択してください。
  4. [役割の変更]>>[ユーザー]をクリックしてください。 
     

 特権管理者の変更

特権管理者の役割は、特権管理者のみが割り当てることができます。新しい特権管理者を作成するメンバーには、組織内で管理者役割を有する必要があります。 

  1. 特権管理者としてhttps://mailadmin.zoho.comにサインインし、[コントロールパネル]にアクセスしてください。
  2. [ダッシュボード]で[組織の詳細]を探してください。
  3. [ダッシュボード]の[特権管理者名]の横にある[編集]アイコンをクリックしてください。
  4. 他の管理者がドロップダウンに表示されます。 
  5. ドロップダウンから、特権管理者の権限を付与する管理者を選択してください。
  6. 探しているメンバーがリストに表示されていない場合は、そのユーザーを特権管理者にする前に、その役割を管理者に変更する必要があります。 
  7. 別の管理者を選択すると、特権管理者は管理者に変更されます。 

 役割と特権

初期設定では、最初に登録して組織を作成するユーザーが特権管理者になります。特権管理者は、組織全体で最大限の権限を持ちます。

次の権限は、特権管理者のみに適用されます。

  • ユーザーの役割を管理者に変更する。また、その逆を行う。
  • 既存の管理者を特権管理者に変更する。
  • 組織の購入詳細を表示、管理、変更する。

特権管理者は組織全体で1人だけ選任できます。他の管理者はユーザー、グループを作成して管理できます。特権管理者は、ユーザーの役割変更や購入詳細の管理を除きすべての処理を実行できます。 

管理者と特権管理者の両方が次の作業を実行できます。

  • ユーザー/グループの作成
  • ユーザーパスワードのリセット
  • メールのポリシーの作成と割り当て
  • IP制限の追加
  • グループへのメンバーの追加/グループからのメンバーの削除
  • ユーザーの管理 
  • ユーザーに対してPOP、IMAPなどのサービスを有効化/無効化
  • パスワードのポリシーの更新
  • メールの承認など

特権管理者と管理者のみが、組織を管理するためのコントロールパネルにアクセスできます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com