組織のメールボックスの管理も、迷惑メールポリシーや制限の設定も、ユーザー情報のカスタマイズも、

コントロールパネルで実行

ダッシュボードとドメインの詳細

ドメイン関連の設定も組織の一般的な設定もすべてダッシュボードで管理できます。

  • 2段階認証

    2段階認証を使って、アカウントに新たなセキュリティレイヤーを追加しましょう。Zohoが生成するOTPを自身のパスワードと組み合わせて、アカウントを確実に保護できます。

  • ドメインの詳細

    希望に応じた新たなドメインの購入、複数ドメインの設定、メールホスティング状態のモニタリング、ドメインエイリアスの追加など、ドメインすべての管理を単一のウィンドウで行えます。

 
 
  • カスタムのサインインURLとロゴ

    サインインURLをカスタマイズし、ユーザーがmail.yourdomain.comにサインインできるようにします。また、サインイン画面やコントロールパネル上の会社のロゴをカスタマイズできます。

ユーザー管理

全ユーザーアカウントの管理とユーザー関連データの設定を、[ユーザー詳細]セクションから行えます。

 
 
  • ユーザーのインポート/追加

    今まで使っていたメールプロバイダからZoho Mailへのユーザーの移行は、単純に.csvファイルをインポートするか、かんたんな数ステップの手作業で追加できます。

  • パスワードのリセット

    もうパスワードを忘れることを恐れる必要はありません。リクエストに応じて、管理者またはスーパー管理者がパスワードをリセットできます。

  • ユーザーエイリアスの追加

    メールエイリアスを設定することで、各ユーザーに対して複数のメールアドレスを作成できます。

  • メール転送

    組織内または組織外のメールアドレスへメールを転送することで、メールの委任やバックアップができます。

  • 休暇時の返信

    待ちに待った休暇。でも、クライアントからの依頼を逃すことにならないか心配ではありませんか?休暇時の返信をユーザーごとに設定しておけば、不在時でもクライアントとの関係を維持できます。

  • パスワードポリシー

    パスワードポリシーとパスワードの有効期限を設定することで、ユーザーによる安全なパスワード作成を保証できます。

グループ管理

サポート、営業、マーケティングなどの特定のチャネルに対して、関連するポリシーと権限をもつグループメールアドレスを作成できます。

 
 
  • グループタイプ

    Zoho Mailには4つのグループタイプがあります。公開グループ、組織グループ、個人グループ、管理者介在グループです。チャネルの要件に応じて最適なグループを選べます。

  • グループモデレーターの設定

    グループごとに必要な数のモデレーターを選定し、各ユーザーにカスタムメンバーの役割を割り当てます。

  • 高度な設定

    グループ宛てメール送信の権限設定、グループ通知のカスタマイズ、グループレベルでの迷惑メールの管理など、高度なグループ設定を管理できます。

  • 通知メール

    コントロールパネルを使って、グループのメンバーやモデレーターに送信する通知メールや警告メールをカスタマイズできます。

  • メールの内容に対するモデレーターの介在

    モデレーターの介在が必要なグループメールの内容はすべてコントロールパネルに保存されるので、検証やその後の処理がかんたんになります。

  • Zoho Mailのグループに関する詳細はこちらをご覧ください。

迷惑メールポリシー

Zoho Mailの迷惑メールポリシー機能により、迷惑メールを排除し、正当なメールをメールボックスに送信できるようになります。

  • メールの認証

    SPFやDKIMなどの検証プロトコルにより、メールの認証が問題になることはなくなります。

  • 検疫

    SPFまたはDKIMプロトコルによる検証に合格しなかったメールは検疫が行われ、それらのメールをユーザーアカウントに配信すべきかを決定できます。

 
 
  • ホワイトリストとブラックリスト

    迷惑メールと正当なメールを、メールのブラックリストとホワイトリストに追加することで、常に分類できます。

  • 迷惑メールレポート

    迷惑メール分類レポートをモニタリングすることで、バウンスされたメールと、それらを却下した迷惑メールカテゴリーを把握できます。

管理者権限

Zoho Mailのポリシー機能により、管理者が組織のアカウントをすべて管理できるようになります。

 
 
  • メールポリシー

    メールポリシーを使って、メールの送受信を行うドメインの管理、POP/IMAPクライアントからのメールボックスへのアクセス制限の設定、全送信メールのバックアップなど、さまざまなことが行えます。

  • ユーザーアカウントの管理

    すべてのユーザーアカウントをコントロールパネルで管理できます。メール送受信の無効化から、パスワードを忘れた場合のリセットまで、すべてをコントロールパネルで管理できます。

  • 役割と権限の設定

    ユーザーごとにユーザーの役割または管理者の役割を割り当てることで、さまざまなレベルの権限を割り当てられます。

  • IPの制限

    信頼できるIPアドレスを追加することで、これらのIPアドレスの範囲外からのアクセスを防げます。

  • 監査ログのモニタリング

    詳細な監査ログをモニタリングすることで、管理者の活動を追跡できます。監査ログは、カテゴリーや実行した操作、実行期間、または実行した管理者でソートできます。

  • 組織の設定

    ドメイン全体に適用する免責条項の設定や、汎用アドレスの設定、組織全体に帯する通知用アドレスを設定できます。

  • アカウントデータのエクスポート

    アカウント全体または設定した日付範囲に該当するメールのデータをバックアップできます。

移行

POP/IMAP移行ウィザードやExchange移行ウィザードを使って、すべてのデータを以前使用していたサービスプロバイダからZohoメールへ移行できます。

Exchange移行ウィザードのダウンロードはこちらから。

 
 

Zoho Mail管理アプリで、外出先からコントロールパネルにアクセス