名刺の束を捨てて、電話に直接保存

名刺データを連絡先データにかんたんに取り込み

名刺やQRコードをスキャンすると、該当するフィールドが自動的に入力されます。電話に連絡先として登録するか、またはZoho CRMにリード/連絡先として登録するかを選択できます。

iOSAndroid

ただちにフォローアップ

お礼のメールを送信するのを、デスクに戻るまで待つ必要はありません。フォローアップの時間をスケジュール、または事前に作成されているテンプレートを使ってすぐに連絡できます。メモを追加して、詳細を思い出せるようにしておきましょう。

連絡先管理の自動化

Zoho CRMでカスタムのワークフローをトリガーして、新しい連絡先を営業プロセスに自動的に統合しましょう。データベースの増大に従って重複データをマージし、レコードをクリーンで最新なものに保ちます。

お気に入りの製品と連携

連絡先情報を、Books、Invoice、Contant Manager、Mail、CRMなどの各種Zohoアプリや、他社のクラウドアプリ(SalesforceやGoogle連絡先など)にエクスポートすることも可能です。

複数の言語で名刺をスキャン

カードスキャナは、世界17の主要言語の名刺を読み取り、迅速に言語間で切り替えできます。