CRMヘルプ

取引先の作成

Zoho CRMでは、次の方法で取引先を作成できます。

  • 取引先詳細フォームへのデータ入力:さまざまな外部経路から収集した取引先詳細を手動で入力できます。
  • 外部経路からの見込み客のインポート:さまざまな経路からデータを収集し、CSV、XLSファイルをZoho CRMにインポートできます。
  • 見込み客の取引先への変換:見込み客の変換時に、連絡先、取引先、商談を作成できます。
  • Microsoft Outlookの連絡先の同期:Microsoft Outlookの連絡先をZoho CRMと同期できます。特殊な問い合わせ:取引先はZoho CRMで作成され、[会社名]項目はMicrosoft Outlookで指定されます。

注:

  • 組織のビジネスプロセスによっては、一部の標準項目を表示または編集できない場合があります。 
  • 項目を追加または変更する場合、または項目の使用方法の詳細を確認する場合は、システム管理者にお問い合わせください。

[取引先]でのZoho定義の標準項目については、ここをクリックしてください。

取引先の個別作成

取引先は次の方法で個別に作成できます。

  • 取引先作成フォームに詳細を入力する。
  • 既存の取引先の詳細をいくつか変更して、取引先を複製する。

利用条件

必要な権限:作成権限が有効になっていて、[取引先]タブへのアクセス権がある必要があります。

機能無料スタンダードプロフェッショナルエンタープライズ
取引先

取引先を個別に作成するには

  1. [取引先]タブで、([追加]ボタンを)クリックして新しい取引先を追加してください。
  2. [取引先の作成]ページで、取引先の詳細を入力してください。(標準項目参照)。
  3. [保存]をクリックしてください。

取引先を複製するには

  1. [取引先]タブで、複製する特定の取引先をクリックしてください。
  2. 取引先の詳細ページで、([詳細]ボタン)をクリックし、リストから[複製]を選択してください。
  3. [取引先の複製]ページで、必要な詳細を変更してください。(標準項目参照)。
  4. [保存]をクリックしてください。

取引先詳細ページの操作

取引先を作成したら、データの詳細ページで取引先の詳細を表示できます。取引先の詳細ページには、取引先に関連する情報が表示されます。たとえば、その取引先や活動、メモ、予定、メールなどに関連する商談や連絡先が1か所に表示されます。

取引先詳細ページを表示するには

  1. [取引先]タブをクリックしてください。
  2. 取引先一覧表示から目的の取引先をクリックしてください。
  3. 取引先の詳細ページが表示されます。

取引先詳細ページをかんたんに説明してください。

  1. [情報]ビューと[履歴]ビューを切り替えます。
    • [情報] - 取引先に関連付けられている関連リストとリンクを表示します。
    • [履歴] - 取引先の詳細ページで(過去6か月間に)実行された処理の履歴を表示します。 
  2. 概要表示:取引先に関連する上位5つの項目が表示されます。取引先の概要表示はカスタマイズできます。
  3. [編集] - データを編集できます。
  4. [詳細]アイコン - 取引先に対して実行できるその他のオプションが表示されます。
  5. 取引先に関連付けられた商談や連絡先など、関連する詳細が表示されます。
  6. [関連リスト]セクション - このセクションから目的の関連リストに移動してください。新しい関連リストを追加したり、このセクションの既存の関連リストに新しいエントリーを追加したりできます。

  7. カスタムリンク - 取引先に関連付けられたカスタムリンクが表示されます。
  8. [メモ] - 取引先に関連付けられたメモが表示されます。これには、モバイルアプリで作成されたチェックインと、プロジェクトのタスクで行われたコメントが含まれます。
  9. 関連リスト - 取引先に関連付けられている関連リストをすべて表示するには、下にスクロールしてください。

取引先の他のデータとの関連付け

取引先について、連絡先、商談、トラブル問い合わせ、活動、添付ファイル、メモなど、関連する詳細のすべてを1つのビューで表示できます。

取引先の詳細ページでは、次の項目を更新できます。

  • [商談]:商談を追加できます。
  • [連絡先]:連絡先を追加できます。
  • [未完了の活動]:タスクと予定(会議と通話)を追加できます。
  • [完了できます。した活動]:完了した活動を表示
  • [商品]:商品を追加できます。
  • [見積書]:見積書を追加できます。
  • [受注書]:受注書を追加できます。
  • [請求書]:請求書を追加できます。
  • [添付とメモ]:文書とメモを添付できます。
  • [関連する取引先]:親取引先に他の部門や子会社を追加できます。
  • [問い合わせ]:問い合わせを作成できます。

関連する取引先の追加

関連する取引先は、既存の親取引先に追加される二次取引先です。これにより、親組織内に異なる部門を持つ個別の取引先を作成し、個々の取引先と親取引先に関連する取引先をまとめて表示することができます。

関連する取引先を追加するには

  1. 取引先の詳細ページには、既存の関連する取引先の詳細(存在する場合)が表示されます。
    • [取引先名][電話番号][Weサイト][取引先の種類][業界]、または[年間売上]のリンクをクリックして、データの表示順序を並べ替えられます。
    • 関連する取引先をそれぞれ変更または削除するには、該当する[編集]または[削除]リンクをクリックしてください。
  2. [新規]をクリックしてください。
  3. 関連する取引先の詳細を入力してください。
  4. [保存]をクリックしてください。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com