ユーザー管理:アクセス制御を管理してデータセキュリティーを最大限保証

Zoho Creatorのユーザー管理ツールで、ユーザーのアクセス、ID、権限を定義して管理できます。ユーザーデータを常に保護し、組織のポリシーに準拠させます。

無料お試し登録
ユーザー管理
  • ID管理
  • 役割別アクセス管理
  • 統合ユーザーディレクトリー

アプリケーションへのアクセスとセキュリティー制御を管理

役割や階層、組織のニーズに基づきアプリケーションへのアクセスを効果的に管理する機能を、ユーザー管理と呼びます。

よりシンプルに表現すると、アプリケーションに誰がアクセスできるか、そのうちどれくらいがアクセスできるか、さらにはアクセスしたときにどの操作を実行できるかを制御することです。

Zoho Creatorのユーザー管理制御により、アプリケーション全体のライフサイクルを通じて、組織が1クリックでユーザーアクセスを追跡、監視、認証し、かんたんに制限できます。これにより、アプリケーションとそのデータを保護し、アプリの変更に対する透明性を高め、シームレスなユーザー体験を提供できます。

ユーザー管理のニーズを統合

Zoho Creatorのユーザー管理ツールにより、ストレスのないサインイン体験や、役割に基づいたユーザーリソースへの即時アクセスを提供できます。また、すべてのユーザーIDを安全に一元化して同期するなど、組織のユーザーデータを常に保護するための対応をとることができます。

ユーザー管理のニーズを統合

各手順でアクセスを制御してデジタル資産の安全を維持

役割ベースのアクセス管理(RBAC)

組織階層の役割に基づいて誰がアクセスできるかを判断します。ユーザーごとに役割を作成し、フォームやレポート、さらにはレコードレベルの読み取り、書き込み、編集権限を定義できます。

役割ベースのアクセス管理(RBAC)

セキュリティーポリシー

Zoho Directoryにより、各部門や組織のセキュリティーポリシーに基づきユーザーデータを保護します。それにより、パスワードの強度、IPアドレスの制限、多要素認証、セッションのタイムアウトなどのルールを定義でき、組織や部門、グループ、個人の機密データ保護を支援します。

セキュリティーポリシー
Security policies

一度に複数のアプリにサインイン

シングルサインオン(SSO)で、ユーザーにシームレスなサインイン体験を提供します。これにより、同じサインインページと認証資格情報を使用して、ユーザーが別のサービスにアクセスできるようになり、パスワードを複数管理するリスクを軽減できます。CreatorはシングルサインオンのSAMLにも対応しているため、LDAPやADFSなどの企業のIDプロバイダーとの連携も簡素化できます。さらには、ADSyncツールにより1か所ですべてのユーザーIDを管理できるため、ユーザーとグループを手動で管理するための時間を削減できます。

一度に複数のアプリにサインイン

ユーザーデータのセキュリティーを最大限強化

無料お試し登録

よくある質問

RBACはポータルユーザーに適用されますか?

はい、ベンダーや担当者などのポータルユーザーの論理的グループに基づき、役割ベールのアクセス制御を、アプリケーションのコンポーネントやレコードに適用できます。

アプリケーション開発者にカスタムアクセス制御を定義することは可能ですか?

はい、アプリ開発者は、ユーザーセクションで定義されたポリシーに基づきアクセスし、アプリケーションの開発、展開、テストができます。開発者の役割に基づき、すべての環境、もしくは特定の環境へのアクセスを提供できます。例えば、開発責任者はプロダクションへのアプリ公開にアクセスできます。

階層ポリシーを特定のフォームでオフにできますか?

はい、組織の階層ポリシーはあらゆるフォームでオン/オフにできます。コンテンツを拡大

複数のセキュリティーポリシーがある場合は、どのように優先順位を制御するのですか?

このドキュメントで紹介しているように、ポリシーの優先順位を並べ替えられます。コンテンツを拡大

Zohoはシングルサインオンに関して、どのIDプロバイダーに対応していますか?

Zohoは、ADFS、Okta、OneLogin、Azure、Google、Auth0、JumpCloudなど、SAMLに対応するすべてのプロバイダーに対応しています。詳細はこちら