データのインポート

Zoho Analyticsでは、幅広いデータソースからデータをかんたんにインポート・同期し、レポートを作成・分析できます。データソースとして使用できるのは、ファイル、フィード、クラウドドライブ、データベース(ローカルとクラウド)、NoSQL、一般的なビジネスアプリケーション、独自開発のアプリケーションなどです。
データコネクタの機能の詳細はこちら

下のスクリーンショットは、ローカルドライブからCSVファイルのデータをインポートするときの画面です。

作成するデータベースの名前を入力します。説明の入力は任意です。ローカルドライブから直接ファイルをブラウズして読み込むか、[貼り付けられたデータ]オプションを使用してデータをコピー&ペーストできます。[Web]オプションを使用して、WebのURLフィードから直接データをインポートすることも可能です。

Zoho Analyticsにデータをインポートする方法は、ヘルプページをご覧ください。デモを見る

インポートのオプション

データはテーブルと呼ばれる場所に保存されます。Zoho Analyticsにデータをインポートするときは、テーブル名を指定する必要があります。

また、必要に応じて[最初の行を列名にする]設定を変更することもできます。インポートしたデータに日時の値が含まれている場合、Zoho Analyticsは自動的に日付の形式を識別します。独自の日付形式を設定することもできます。

CSVファイルのインポートでは、カスタマイズオプションを使用して、列の区切り文字を変更したり、最初の任意の行数をスキップしたり、コメントの文字を設定したりできます。

以下に示すように、Zoho Analyticsはインポートされたファイルの最初の行の値を自動的に取得し、列名として一覧表示します(この例ではDate、Region、Product Category、Productなど)。また、ファイルの最初の4行がプレビューとして表示されます。

Zoho Analyticsにインポートされたデータの概要が表示されます。

 

 

 

下のスクリーンショットは、Zoho Analyticsのスプレッドシートタイプのインターフェイスにインポートされたデータを示しています。

 

 

あらゆるデータソースに接続

フラットファイル、フィード、データベース、クラウドストレージサービス、オンライン/オフラインアプリケーションなどに散在しているビジネスデータをZoho Analyticsに同期し、レポートを作成・分析できます。データの同期は、定期的なスケジュールの指定により自動実行されます。詳細はこちら

 

 

Zoho Analyticsについての詳細やご質問は、