集客

より多くの見込み客を獲得し、Webチャットを通じてその関心を維持できます。

 

サポート

お客さまがニーズに応じた不動産を探し出せるよう、サポートを提供できます。

 

定着

お客さまを維持し、別のお客さまにも推薦してもらえるよう、日常的なサポートを提供できます。

Zoho SalesIQで不動産業における地位を確保

リードスコアリングに基づいて見込み客を優先順位付け

サイト滞在時間、アクセスされたページ、クリック数、行った操作などを分析することで、サイト訪問者を評価し、有望な見込み客やきわめて有望な見込み客を特定できます。重要度の高い見込み客とつながることで、取引が成立する可能性が高まります。

リードスコアリングに基づいて見込み客を優先順位付け
リードスコアリングに基づいて見込み客を優先順位付け
リードスコアリングに基づいて見込み客を優先順位付け
  

見込み客とのやり取りを自動化

チャットが自動的に表示されるよう設定しておけば、見込み客に対して要件や嗜好に合わせた情報を提供できます。物件が市場に出たタイミングに合わせて、地域情報と適切な物件リストを共有できます。

見込み客とのやり取りを自動化  

お客さまと販売業者とのギャップを埋める

Zoho SalesIQのWebチャットを使用すれば、物件リスト、物件の詳細、契約条件などに関するお客さまの質問に、どんな段階でも迅速に回答できます。専門的な意見を提供したり、ファイルを共有したりもできます。チャットでのやり取りでは不十分な場合も、音声通話にかんたんに切り替えられます。

お客さまと販売業者とのギャップを埋める
お客さまと販売業者とのギャップを埋める
 

アプリユーザーも利用可能

不動産モバイルアプリのユーザーが、閲覧中の物件に関して問い合わせたい場合もあります。ZohoのモバイルSDK「Mobilisten」を使用して、モバイルアプリにWebチャットボタンを追加すると、ボタンをタップするだけで問い合わせ可能になります。Mobilistenなら、iOSやAndroidアプリはもちろん、React Nativeで構築されたアプリでも使用できます。

モバイルアプリで顧客エンゲージメントを高める
モバイルアプリで顧客エンゲージメントを高める

仮想の不動産業者でお客さまをサポート

Zohoのコードレスボットビルダーなら、チャットボットの導入もかんたん。物件のタイプ、ロケーション、学校や病院、市場までの距離、全体の予算などに基づき、見込み客に物件を提案できます。チャットボットは、現地見学のスケジュール設定にも役立ちます。AI駆動の回答ボットが基本的な質問を把握し、リソースタブを参照してこれに回答します。

仮想の不動産業者でお客さまをサポート  

お客さま自ら回答を検索

仲介条件や仲介料、目に見えない費用、賃貸や購入、販売に必要な書類についてなど、よくある質問や話題に関するライブラリーを追加しましょう。問い合わせに先立ち、お客さまがチャットウィンドウから直接ライブラリーにアクセスしたり、回答ボットがこれを参照し、お客さまに回答したりできます。

お客さま自ら回答を検索  

適切な担当者にチャットを直接振り分け

担当者間での煩わしい転送を減らし、解決までの時間を短縮することで、顧客体験を改善できます。ユーザーの側で問い合わせ先を選択できるようにするか、スマートなチャットルーティングルールを設定して、お客さまを適切な担当者に即座に振り分けましょう。

適切な担当者にチャットを直接振り分け  

入力プレビューと定型文の回答で時間を節約

お客さまが送信ボタンを押す前に、いち早く入力内容を確認し、回答を用意できます。あいさつ、一般的な回答、質問などを定型文の回答として保存すれば、チャット中もショートカットでこれを呼び出すことができます。

入力プレビューと定型文の回答で時間を節約
入力プレビューと定型文の回答で時間を節約
  

海外のお客さまをその母国語でサポート

新しい国で家を探すお客さまがターゲット層に含まれる場合は、そのお客さまの言語でやり取りすることがきわめて重要となります。自動チャット翻訳機能を使用し、お客さまの母国語で応答することで、あらゆるお客さまに満足していただけるようになります。

海外のお客さまをその母国語でサポート
海外のお客さまをその母国語でサポート
 

顧客データを一元的に表示し管理

見込み客や顧客、アクセスされたページ、予約、チャット履歴やこれまでのやり取りなどに関する最新情報をすべて、ソフトウェアを切り替えることなく確認できます。データをCRMにプッシュしたり、サポートチケットを更新したり、見学スケジュールの設定や変更を行ったりも可能です。

顧客データを一元的に表示し管理  

メールキャンペーンで見込み客をリターゲティング

物件を確認してくれるお客さまもいれば、確認もせず反応すらないお客さまもいます。Zoho CampaignsアカウントとZoho SalesIQを連携させて、見込み客を適切なメーリングリストに追加するルールを設定できます。特定のメールキャンペーンからWebサイトにアクセスする訪問者を追跡し、状況に応じて、育成することも可能です。

メールキャンペーンで見込み客をリターゲティング  

お客さまからフィードバックを収集しサービスを改善

現在のお客さまを含む既存のお客さまは、時として熱心な支持者となったり、見込み客を創出するきっかけとなったりしてくれます。お客さまとのやり取りごとにフィードバックを収集しましょう。それを参考に良い印象を持ってもらえれば、そのお客さまを維持できるばかりか、ソーシャルネットワークを通じて他の人に勧めてもらえる可能性もあります。

お客さまからフィードバックを収集しサービスを改善  

移動中もやり取りが可能

内覧先から内覧先へと移動を繰り返すことは、不動産業者にとって典型的な日常です。AndroidとiOS向けのZoho SalesIQアプリをダウンロードすれば、外出先でも携帯電話でチャット通知を受信したり、お客さまにサポートを提供したりできます。

移動中もやり取りが可能        

見込み客を創出し、不動産を巡る動向や需要を把握するとともに、質の高いサポートを実現

ユーザー登録