DNS情報の更新 - GoDaddy DNSマネージャー

CNAMEの追加 - GoDaddy

ドメインのDNSマネージャーをGoDaddyでホストしている場合、以下の手順に従ってCNAMEを追加して、ドメインを認証することができます。

  1. GoDaddy DNSマネージャーにログインしてください。[マイアカウント]メニュー > [ドメイン]を選択してください。
  2. [ドメイン] > 認証したいドメインの[DNS管理]をクリックしてください。
  3. [DNSマネージャー]ページが開かれ、既存のDNSレコードに関する情報が表示されます。 
  4. [Records]セクションまでスクロールし、[Add]をクリックして、DNSレコードを追加してください。
  5. [Type]の選択メニューから[CNAME]を選択してください。
  6. Zoho Mailでドメイン用に生成された一意のzbcode(zb*******)を、[ホスト]項目に入力してください。 
  7. [Points to]項目にzmverify.zoho.comと入力してください。 
  8. [Save]をクリックしてください。
  9. mailadmin.zoho.comのページに戻り、[CNAMEによる認証]をクリックしてください。
  10. DNS情報が正しく入力されていれば、ドメインが認証されます。ユーザーアカウントの作成は、以下の手順です。 

注:

以上の手順で、CNAMEが正常に追加されます。通常、この更新内容が反映されるまで数分かかります。しばらく時間をおいてから、Zoho Mailセットアップウィザードの[CNAMEによる認証]をクリックし、ドメインの認証を進めてください。

MXレコードの設定 - GoDaddy

ドメインのDNSマネージャーをGoDaddyでホストしている場合、以下の手順に従って、ドメインのMXレコードを追加してください。 

  1. GoDaddy DNSマネージャーにログインしてください。[マイアカウント]メニュー > [ドメイン]を選択してください。
  2. [ドメイン] > 認証したいドメインの[DNS管理]をクリックしてください。
  3. [DNSマネージャー]ページが開かれ、既存のDNSレコードに関する情報が表示されます。 
  4. [Records]セクションまでスクロールし、[Add]をクリックして、DNSレコードを追加してください。
  5. [Type]の選択メニューから[CNAME]を選択してください。
  6. [Host]項目に、メール用デフォルトドメインであることを示す@を入力してください。
  7. [Points to]項目にmx.zoho.comと入力してください。
  8. [Priority]項目で10を選択してください。
  9. [Save]をクリックしてください。 
  10. 再度[Add]をクリックし、次のMXレコードを追加してください。[Points to ]mx2.zoho.com[Priority ]20に設定してください。
  11. 同じ手順を繰り返し、[Points to]をmx3.zoho.com[Priority]50に設定した3件目のMXレコードを追加してください。 

上記のMX値は、一般的な設定情報に基づいています。ドメイン固有の詳細な設定については、管理コントロールパネルのこのセクションを参照してください。

これで、GoDaddyでホストしているドメインのMXレコードを正常に追加しました。MXレコードは、外部サービス製ツールwww.mxtoolbox.comで確認できます。

重要なポイント:

  • 以前のメールプロバイダーに関連付けられているMXレコードはすべて削除してください。他に既存のMXレコードが存在すると、Zoho Mailと競合してメール配信に影響を与え、配信されたメールが完全に失われます。 
  • www.mxtoolbox.comにチェックインしたときに返されるMXレコードは、以下のようになります。 
    • mx.zoho.com
    • mx2.zoho.com 

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com