ログイン・集中・実行!

作業モードで、問い合わせ対応の生産性を向上。時間の管理をかんたんに。

作業モードを選択

カウントダウンハンドシェイクステータスLIFO
  

カスタマーサービスは、受け取った順に対応することが正しいとは限りません。カウントダウンモードでは、問い合わせを期限に基づいて表示して優先度を決定できます。問い合わせは適切な列に自動で移動されるため、担当者は更新ボタンを押さなくても最新情報を確認できます。

長年の顧客からの問い合わせには、新規顧客とは少し異なる対応が必要です。エージェントはハンドシェイクモードで追加の背景情報を取得でき、誰に対応しているのかを正確に知ることができます。

エージェントの目標は、その日の終わりまでに「未対応」の問い合わせを「対応完了」にし、その過程で優れたカスタマーサービスを提供することです。そのためにステータスモードがあります。問い合わせを次のステータスに進めたいエージェントは、このモードを使用して問い合わせをステータス別に並べることができます。

従来の方法を好むエージェントにはLIFOモードがあります。名前が示すとおり、LIFOモードでは最新の問い合わせから時系列に表示されます。

詳細を把握

新しく導入された作業モードでは、各問い合わせについて「いつ、誰が、何を、どこで、どのように」に関する情報を把握できます。

背景情報を活用

問い合わせ対応時に、Zoho CRMの詳しい顧客情報を確認できます。背景情報を理解した上で会話できるため、どのように対応すべきかを正確に判断できます。Zoho Deskの高度な返答エディターを使用して、豊富な情報に基づくカスタマーサービスを実現しましょう。

文章を作成

パスワードのリセット方法を入力するのはもううんざり。製品に電源が入らない理由をもっと手早くお客さまに伝える方法があればいいのに。そう考えたことはありませんか?Zoho Deskを使用すれば、ヘルプから解決策を自動的に提案するため、このような問い合わせへの対応が数秒で完了します。ワンクリックで回答に解決策を挿入しましょう。

重複の管理

複数の担当者が知らずに同じ問い合わせに対応することほど無駄なことはありません。Zoho Deskには、そのような混乱を回避できる担当者の重複検出機能があります。お客さまや対応中の担当者が問い合わせを変更すると、もう一方の担当者に通知が届きます。

問い合わせのタグ付け

今後も参照できるよう、タグを使用して問い合わせをカテゴリーに分類しましょう。「FAQに追加」タグでヘルプを更新したり、やる気が欲しいときのために「当たり!」のようなかんたんなタグを作ってもよいかもしれません。

何についての問い合わせか?いつまでに対応を完了すべきか?誰からの問い合わせか?チャネルは?対応の有無は?問い合わせにペースト問い合わせ内でリンクを共有

余裕を持って問い合わせ対応

Zoho Deskのエンタープライズプランを無料でお試しください。

無料お試し登録

クレジットカードは不要。ソフトウェアのダウンロードも必要ありません。