Webサイト経由の問い合わせを一元管理
Webフォーム・チャットウィジェット機能

15日間の無料お試し登録

Zoho Desk では、Webサイトから直接、問い合わせが送信できるよう、Webフォームとチャットウィジェット*を構築できます。
送信された問い合わせは、メールなどの問い合わせチケットと同様に、Zoho Desk に登録され、担当者を自動で割り当てることも可能です。

*Zoho Desk のチャットウィジェットのご利用に際して

Zoho Desk のチャットウィジェットは、Web接客ツール「Zoho SalesIQ 」によって提供されています。
基本機能はZoho Desk のライセンスのみ(エンタープライズ以上)でご利用いただけますが、ボットによる自動応答や画面共有への切り替えなどの拡張機能を利用する際は、Zoho SalesIQ の有料プランを別途契約いただく必要があります。
詳細はお問い合わせ窓口までお問い合わせください。

Zoho Desk でWebからの
問い合わせ対応を行うメリット

  • プログラミングなどの専門知識は不要
  • メールや電話など、他のチャネルを経由した問い合わせも集約して管理
  • 問い合わせチャネルの幅が広がり、顧客の希望に沿ったサポート環境を提供できる
  • チャットでは、メールのやり取りが多くなりがちな状況確認がスピーディーになる
  • かんたん設定

    Webフォームやチャットに設置する項目やデザインは、ドラック&ドロップ操作でかんたんにカスタマイズすることができます。
    また、フォームの表示はもとより、データ送信後の処理やチャットボットによる自動応答などの高度なカスタマイズも可能です。
    Zoho Desk は、作成したフォームの埋め込み用コードを発行し、それをWebサイトのソースコードに貼り付けるだけですぐに利用を開始できます。

  • 問い合わせ情報を集約して一元管理

    あらゆるチャネルを経由して送信された問い合わせ情報は、すべて自動的にZoho Desk に登録されて一元管理できます。これにより、顧客軸での対応履歴の把握が容易になり、過去の経緯も踏まえたスムーズな顧客対応を行えます。

  • ナレッジベースの同時提供

    Webフォームやチャットウィジェット上で、よくある質問等のナレッジベースの表示と検索ができます。これにより、顧客は自身で知りたい内容を検索することができるので、問い合わせ数の削減や顧客のセルフサービスに役立ちます。

  • 担当者の自動割り当て

    問い合わせを受信した際に、都度内容を精査し担当者に振り分ける必要はありません。
    問い合わせ種別やチャネルなど、特定の条件に応じて担当者を自動で割り当てます。