Zoho CRM と他CRMツールとの比較について

CRMとは、主に見込み客、既存顧客などの顧客情報と、顧客とのやり取りを一元管理し、商談を受注に導くためのツールです。 一部のCRMを除き、CRMは営業活動を効率的に行うための機能を備えています。CRMツールを導入するにあたり、自社に適したCRMをどのように選定したら良いのでしょうか。

CRMを選定する上で重要な3つのポイント

 

操作性

CRMは、ベンダーによって画面の構成やカスタマイズ方法が大きく異なります。画面が分かりやすく、かつ操作しやすいかどうかを、事前に確認しましょう。また、カスタマイズがしやすく、自社のビジネスプロセスをCRM上で簡単に再現できるかどうかも重要なポイントとなります。営業プロセスは、目標や戦略に応じて頻繁に変更される可能性があります。そうした変化に柔軟な対応ができるかどうかも、CRMを比較する際に併せて確認しておきましょう。

 

機能性/拡張性

CRMには、顧客管理機能の他に、Webフォームや一括メール配信などのマーケティング機能や、ワークフローなどの自動化機能、AI(人工知能)などさまざまな機能があります。CRMを選定する際は、自社の要件を洗い出した上で、「いま必要な機能」と「これから必要になる機能」を想定し、企業の成長や市場のトレンドに合わせて柔軟に利用できるかどうかを確認する必要があります。また、CRM単体に止まらず、マーケティングや会計など、他ツールとも柔軟に連携することで、業務効率を向上できるかどうかも重要なポイントの一つです。 ツールによって機能や拡張性は大きく異なるので、自社の要件と照らし合わせながら機能の比較を行いましょう。

 

導入費用/ランニングコスト

CRMは、月間ないし年間の利用料金を支払うサブスクライブ型で提供されるツールが多く存在します。月間のランニングコストに加えて、初期費用やオプション費用、さらにはサポート費用が必要なCRMもあります。CRMを比較する際は、ライセンス料金の他にどのような費用が発生するのかも、必ず確認しましょう。また、カスタマイズの難易度が高く技術リソースを必要とするCRMの場合には、別途、開発費用が発生する場合もあります。

Zoho CRMが選ばれる理由

  • わかりやすい操作性

    営業プロセスや活動内容は、企業によって異なります。そのため、CRMに入力するデータ項目やそれらを分類するタブは、自社のビジネスに合わせて柔軟にカスタマイズできる必要があります。 Zoho CRMは、こうしたカスタマイズをドラッグアンドドロップ操作で直感的に行い、素早く本番環境に適用することが可能です。また、CRMの設定は、いつでもかんたんに変更できます。

  • 豊富な機能と頻繁なアップデート

    Zoho CRMは、CRMの主要機能はもとより、AIやレポート機能など、主要CRMツールでは別途費用が必要となることの多い機能を通常のライセンス料の中で提供しています。また、年に数回、機能の追加やアップデートを実施しており、常に最新の機能を、追加費用なしでご利用いただけます。

  • 圧倒的な導入コスト / ランニングコストの低さ

    Zoho CRMは導入時の初期費用が無料であると同時に、主要 CRMベンダーの中でも特にランニングコストの低いサービスです。 主要CRMベンダーとの利用料金の比較は、以下をご参照ください。

 

Zoho CRMエンタープライズプラン ¥4,200/ユーザー/月(年間契約の場合)

月間ユーザーライセンスコストライセンスコスト差分コスト削減率
 ¥18,000¥13,80077%
 ¥14,400¥10,20071%
 ¥6,000¥1,80030%
CRM比較 - コストパフォーマンスが高い理由

Zoho CRMのコストパフォーマンスが高い理由

Zoho CRMは、豊富な機能を圧倒的な低コストで提供しています。他社CRMツールと比較し、なぜこのような低コストでの提供を実現できるのかというご質問がよく寄せられますが、その答えはZohoの経営方針にあります。

Zohoは開発に重きを置くITベンダーであり、CRMをはじめとした45以上のビジネスアプリケーションを提供し、日々新しい機能・サービスの開発に努めています。お客さまにお支払いいただいたお金を広告宣伝費用ではなく、サービスの開発費用に投資することで、お客さまに還元し、ご満足いただけるサービスを提供し続けています。これにより、必要な機能をしっかりと揃えたCRMを、大手企業だけでなく中小企業にも手の届く価格帯で提供するというビジネスモデルを実現しました。

「Zoho CRM 料金プラン」の詳細はこちら