CRMヘルプ

Zoho CRMでのZoho セールスIQの利用

訪問者の追跡の設定

訪問者の追跡を有効にするには

  • 設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > 訪問者の追跡をクリックしてください。
  • 有効にするをクリックしてください。

有効にした後の手順は、Zoho セールスIQをすでに利用しているかどうかによって異なります。

Zoho セールスIQを初めて利用する場合

Zoho セールスIQを初めて利用する場合、有効にするリンクをクリックした後、以下の手順にしたがってください。

  1. セールスIQのポータルの作成の画面で、ポータル名を入力してください。
    連携を有効にすると、Zoho セールスIQのポータルが作成されます。
  2. チャットのチームのメンバーの選択の画面で、Zoho セールスIQに追加するZoho CRMのユーザーを選択してください。
  3. 設定の画面で、以下の内容を設定してください:
    • 訪問者のCRMへの追加 - 見込み客、または、連絡先から選択できます。Webページの新しい訪問者は、設定した内容に応じて見込み客か連絡先として追加されます。
    • 連絡先の割り当て - 新しい訪問者をZoho CRMのユーザーに割り当てる方法を選択できます。
      • チャットの対応者に割り当て - これは、Zoho セールスIQのユーザーをあらわします。チャットで訪問者に対応したユーザーのメールアドレスが、対応者の項目に表示されます。
      • ユーザーに割り当て - Zoho CRMのユーザーが一覧表示されます。いずれかのユーザーを選択できます。選択したユーザーのメールアドレスが、対応者の項目に表示されます。
    • Webサイトへの訪問があった際にポップアップで通知を受け取りたい場合、訪問者の通知を選択してください。
    • 保存をクリックしてください。
      設定が保存されます。

Zoho セールスIQをすでに利用している場合

Zoho セールスIQをすでに利用している場合、有効にするリンクをクリックした後、以下の手順にしたがってください。

  1. 以下の詳細を設定してください:
    1. 訪問者のCRMへの追加 - 見込み客、または、連絡先から選択できます。Webページの新しい訪問者は、設定した内容に応じて見込み客か連絡先として追加されます。
    2. 連絡先の割り当て - 新しい訪問者をZoho CRMのユーザーに割り当てる方法を選択できます。
      • チャットの対応者に割り当て - これは、Zoho セールスIQのユーザーをあらわします。チャットで訪問者に対応したユーザーのメールアドレスが、対応者の項目に表示されます。
      • ユーザーに割り当て - Zoho CRMのユーザーが一覧表示されます。いずれかのユーザーを選択できます。選択したユーザーのメールアドレスが、対応の項目に表示されます。
    3. Webサイトへの訪問があった際にポップアップで通知を受け取りたい場合、訪問者の通知を選択してください。
    4. 保存をクリックしてください。
      設定が保存され、コードが表示されます。このコードをWebサイトに組み込むと、訪問者を追跡できます。

連携を有効にすると、Zoho CRMのアカウントで以下の項目が追加されます。すべての訪問情報は、訪問タブに保存されます。

  • 見込み客/連絡先タブの新しい項目
  • 関連リスト(訪問 - Zoho セールスIQ)
  • Webサイトの訪問者に関するZoho CRMでの通知。

組み込みコードの作成

組み込みコードを作成するには

  1. 組み込みコードを作成するには、組み込みをクリックしてください。このコードをWebサイトに組み込むと、訪問者を追跡できます。
  2. チャットのアイコンを隠すチェックボックスを選択すると、チャットのアイコンが表示されなくなります。また、Webサイトの管理者に送信するリンクを利用して、コードをWebサイトの管理者に送信することもできます。

訪問タブの利用

Zoho CRMでは標準で訪問タブが利用できます。連携を有効にすると、訪問情報を取得する前に、訪問タブでは、無料設定&トレーニング(英語)Webサイトの管理者に送信のリンクが表示されます。必要に応じて選択できます。

訪問情報の取得が開始するとこれらのリンクは表示されなくなります。訪問タブの各データには、訪問者のIPアドレス、訪問ページ、滞在時間等の詳細情報が記録されます。これらの詳細はZoho セールスIQ連携により取得されたもので、ユーザーは編集できません。

他のタブと同様に、訪問タブも、権限に応じて表示するかどうかを設定できます。管理者は、タブの表示を制限したり、データの表示作成削除の権限を設定したりできます。参考:権限の管理

以下は訪問タブについての詳細です。

訪問タブのデータ

Webサイトへの訪問やチャットがあると、訪問者の情報が記録され訪問タブに保存されます。Webページの滞在時間、訪問ページ数、IPアドレス、訪問者名等の様々な項目に情報が保存されます。

行った操作の関連リストでは、訪問ページの詳細、該当のページで行った操作、滞在時間等の情報を確認できます。また、チャットの履歴が該当のデータに添付されます。メモも追加できます。

標準項目

訪問タブの標準項目の一覧です:Zoho セールスIQ連携により、これらのデータは自動で表示されます。これらの項目の値は編集できません。

項目名 詳細
IPアドレス ページを訪問したユーザーのIPアドレスです。
訪問者 ページを訪問した見込み客や連絡先の名前です。Zoho セールスIQの連携の設定に応じて、新しい訪問者は見込み客か連絡先として追加されます。
訪問したページ 訪問者が訪問したページです。
滞在時間(分) 訪問者が1回の訪問でページに滞在した時間(分)です。
参照元 Webサイトへの訪問経路です。これは、訪問者が該当のWebページを表示する前に表示していたURLです。
ユーザーエージェント 訪問者が利用しているブラウザー、OS等の詳細です。
対応者 チャットに対応したユーザーの名前です。
訪問したページのURL 訪問したページのURLです。
ブラウザー Webページにアクセスした際に利用していたブラウザーです。
訪問者の種類 訪問者は以下に分類されます:顧客、商談、見込み客、連絡先、不明
売上 該当の顧客からのこれまでの売上です。
訪問時間 訪問の日付と時刻です。
検索キーワード 訪問者がWebページを訪問した際に使用した検索キーワードです。
検索エンジン キーワードを検索する際に使用した検索エンジンの名前です。
OS 訪問者のコンピューター/端末のOSです。

カスタム項目

Zoho セールスIQで追加の情報を取得したい場合、Zoho CRMでカスタム項目を作成することで実現できます。これらカスタム項目は、Zoho セールスIQでも同じ名前である必要があります。その場合のみ、これらの項目にデータが反映されます。その他の項目と同じように、訪問タブのカスタム項目は編集できません。参考:カスタム項目の作成

Zoho セールスIQの項目を確認するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho セールスIQにサインインしてください。
  2. 訪問者の履歴をクリックしてください。
  3. チャットの履歴の一覧から、訪問者の履歴のページで名前をクリックしてください。
    訪問者の詳細の取得に使用した項目が一覧で表示されます。Zoho CRMの訪問タブでも同様の項目を作成できます。

データの一覧

訪問タブには標準で利用できるデータの一覧が用意されています。一覧の内容は以下です:

  • すべての訪問
  • 今日の訪問
  • 上位の訪問
  • 今日の上位の訪問
  • 見込み客の訪問
  • 連絡先の訪問

訪問タブのCRM表示

訪問タブでは、通常の一覧だけでなく、訪問データに関連するCRMのデータの種類に応じて表示できます。データは3つに分類されます:

  • 顧客 - これまでに商談を受注したことのある連絡先の訪問情報が表示されます。
  • 商談中の顧客 - 進行中の商談がある連絡先の訪問情報が表示されます。
  • 見込み客/連絡先 - 上記の2つのカテゴリー以外の訪問者で見込み客や連絡先として登録されている人の訪問情報が表示されます。

CRM表示を利用すると、訪問者の情報を営業上の重要度によって分けて表示できます。CRMに登録されている詳細情報(チャットの履歴、訪問の詳細、メールのやりとり、商談の概要、活動やメモ等)の情報を確認できます。

ページ、訪問、チャットの履歴、訪問の履歴

情報、やりとり、履歴

関連リスト

訪問タブの各データにメモを追加したりドキュメントを添付したりできます。チャットの履歴も訪問に添付できます。また、行った操作という別の関連リストも表示されます。1回の訪問で訪問者が閲覧したページや行った操作の詳細がこちらに表示されます。以下の詳細が表示されます:

  • 行った操作 - アクセス、移動、チャットのいずれかです。
  • 操作 - ページのタイトルです。
  • 滞在時間 - 訪問者が1回の訪問でページに滞在した分数です。
  • 操作日時 - Webページで該当の操作を行った日時です。

見込み客/連絡先の新しい項目の確認

連携を有効にすると、見込み客や連絡先のタブで新しい項目が追加されます(Zoho セールスIQの連携の設定に応じて)見込み客/連絡先に自動で追加される項目は次のとおりです:

  • 訪問日数 - 見込み客/連絡先がWebサイトを訪問した日数です。
  • チャット数 - 見込み客/連絡先と行ったチャットの数です。
  • 平均滞在時間(分) - Webサイトのすべての滞在時間の合計を訪問日数で割った値です。
  • 最後の訪問日時 - 見込み客/連絡先が最後にWebサイトを訪問した日時です。日付と時刻が表示されます。
  • 最初の訪問日時 - 見込み客/連絡先が最初にWebサイトを訪問した日時です。日付と時刻が表示されます。
  • 最初の訪問URL - 見込み客/連絡先が最初に訪問したURLです。
  • 参照元(リファラー) - Webサイトへの訪問経路となったURLです。これは、訪問者が該当のWebページを表示する前に表示していたURLです。
  • 訪問スコア - Zoho セールスIQから取得した訪問スコアです。

見込み客/連絡先の関連リストの確認

見込み客/連絡先では、訪問 - Zoho セールスIQという新しい関連リストが追加され、IPアドレス、訪問ページ、滞在時間(分)、参照元、検索エンジン等の情報が記録されます。

訪問発生時の処理の自動化

訪問が発生した時に自動で行う処理を設定できます。例えば、訪問が発生したらすぐに、該当の見込み客に自動でメールを送信したいとします。このような場合、訪問タブのワークフローのルールを設定することで実現できます。

参考: ワークフローのルールの設定

メモ

  • 訪問タブでワークフローのルールを設定する際は、作成という値のみ表示されます。編集特定項目の更新などは、訪問タブでは設定できません。
  • ワークフローの処理訪問の作成時に設定されている場合、これらの処理は、訪問自体ではなく訪問に関連付けられた見込み客/連絡先に対して実行されます。例えば、訪問に対してメールの通知が設定されている場合、メールは訪問に関連付けられた見込み客/連絡先に送信されます。同様に、訪問の作成時に作成したタスクは、関連付けられた見込み客/連絡先のデータ担当者に割り当てられます。

訪問の通知の確認

設定時に、管理者は訪問者の通知を有効にし、Webページへの訪問が発生したことをユーザーにポップアップで通知することができます。これは、Zoho セールスIQの設定 > 連携 > Zoho CRM > CRM 設定から設定できます。

訪問者の追跡用コードがWebサイトに追加されると、すべての訪問者の情報が記録され、Zoho CRMで通知を確認できるようになります。実際には、すべての訪問の情報の詳細を確認することは現実的ではありませんが、割り当てルールを設定することで必要な情報だけを確認できます。

割り当てルールを設定すると、どのような訪問者をどの営業担当者に割り当てるかを設定できます。営業担当者は、自分が担当する訪問者がWebサイトを訪問した際に通知を受け取ります。

割り当てルールを追加するには

  1. Zoho CRMで、設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > 訪問者の追跡をクリックしてください。
  2. 訪問者の追跡のページで、設定 > 割り当てルールとクリックしてください。
    割り当てルールを設定するための新しいタブが表示されます。
  3. ルールの欄で以下を行ってください。
    • 訪問者を割り当てるためのルールを入力してください。
    • 営業担当者への通知の内容を選択してください。
    • 実施する処理を選択してください。
  4. 必要に応じて、残りの訪問者をすべての担当者に割り当てるように選択してください。
  5. さらにルールを追加するには追加をクリックしてください。

様々な通知

  • 顧客がオンラインになったことの通知
  • 見込み客/連絡先がオンラインになったことの通知
  • 商談に関する訪問者がオンラインになったことの通知
  • 不明の訪問者がオンラインになったことの通知
  • 複数の通知

割り当てルールの他に、必要に応じて自動でチャットの返信を表示することもできます。訪問者がWebサイト上で行った操作に応じた条件を設定し、訪問者からの返信を促せます。

自動実行条件を追加するには

  1. Zoho CRMで、設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > 訪問者の追跡をクリックしてください。
  2. 訪問者の追跡のページで、設定 > 自動実行条件をクリックしてください。
    自動実行条件を追加するための新しいタブが表示されます。
  3. ルールの欄で以下を行ってください。
    • チャットの自動実行条件を設定してください。
    • 条件に合致したときに実行する処理を設定してください。
  4. さらにルールを追加するには追加をクリックしてください。

Google AdWords情報の表示

Google AdWordsとZoho セールスIQの連携を有効にすると、訪問タブでGoogle AdWordsに関する情報を表示できます。新しい訪問者がGoogle AdWordsのキャンペーンでのクリックを通じてWebサイトを訪れ、フォームを送信した場合、Zoho CRMで以下の処理が行われます:

  1. 見込み客のデータが作成されます。見込み客の詳細ページに、訪問の情報とあわせてGoogle AdWordsの情報が表示されます。
  2. 上記に加え、訪問タブの見込み客/連絡先の欄に該当の見込み客の情報が表示されます。同じGoogle AdWordsの情報が、訪問の詳細ページのマーケティング情報の欄にも表示されます。

これらの情報は、Google AdWords連携を行ったWebサイトのURLに付加されるGCLIDの値を通じて取得されます。参考: Zoho CRMでのGCLIDの関連付けの概要

訪問の詳細ページでGoogle AdWordsの情報を確認するには

  1. 訪問タブをクリックしてください。
  2. 対象の訪問データをクリックしてください。
  3. 訪問の詳細ページで、マーケティング情報の欄に移動してください。
    関連するGoogle AdWordsの情報が表示されます。

Zoho セールスIQ連携の無効化

Zoho セールスIQ連携を無効にすると、訪問タブは動作しなくなります。また、以下の情報も利用できなくなります。

  • 見込み客や連絡先でこの連携に関して作成された項目や関連リスト。
  • 訪問タブのレポート。

Zoho セールスIQ連携を無効にするには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho セールスIQにサインインしてください。
  2. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > 訪問者の追跡をクリックしてください。
  3. 無効にするをクリックしてください。

よくある質問

1.CRMで訪問に関する通知を確認できないのはなぜですか?

2.訪問タブを表示できないのはなぜですか?

3.表示されている訪問タブにデータがありません。なぜですか?

4.担当者がチャットに対応できなかった場合はどうなりますか?

5. 顧客と見込み客/連絡先の両方の欄に同じ訪問が重複して表示されるのはなぜですか?

上へ